FACY 1タップで 出会える 話せる

FASHION

2つの顔を持つ『RPKO』 プリーツスカートで、大人の足元を演出

クラシカルなムードに仕上がるプリーツスカートはすっかり秋冬の定番アイテムですが、周りと被りがち。シンプルだけどちょっと一癖あるデザインを選べば、気分も上がるスタイルの完成です!『RPKO(ルプコ)』2018年秋冬コレクションからご紹介するのは、見た目の美しさだけでなくその実用性にも注目の一着!

2WAYで楽しむプリーツスカート

normal_98593943-1

RPKO – プリーツスカート ¥29,160(税込)

ストレートなラインが大人っぽいプリーツスカートは、揺れ感とさりげない透け感が人目を惹く一着ですが、実はこれプリーツ部分を外してインナーとそれぞれ単独でも使えるんです! 前後のプリーツも太さが違うので、回すだけでも雰囲気チェンジ。

秋はそのまま透け感を楽しんで、冬はタイツと合わせて足元から表情を変えるのもシースルーの楽しみ方。

インナー部分のウエストにはギャザーがよっていてタックインした時のポイントになります。ゴムで調節できるのも嬉しいところですよね。

透け感のあるプリーツ部分は、他のスカートとの相性も抜群。ワードローブにある他のボトムスと合わせて、普段のスタイリングに新しい風を吹かせてみて。

カラーはボルドーとブラックの2色展開。華やかな差し色にはボルドーを、オフィスシーンでも活躍させるならブラックがおすすめです!

着回し自由なプリーツスカート。パーティーシーンも増えるこれからの季節は、さらに活躍してくれそう。“Bright steps”をテーマにする『RPKO(ルプコ)』のアイテムを着て、いつもより明るく輝く自分をファッションから作ってみてはいかがですか?

RPKO 2018年秋冬コレクション

「Grandma’s Old Dresser」をテーマに、おばあちゃんのクローゼットの中をモダンに蘇らせたような、レトロで鮮やかな色彩のウェアが並ぶコレクション。

RPKO 2018AW ルックはこちら

**RPKO(ルプコ)**
デザイナーは中川美智子。ブランド名はロシア語で “明るみ” “鮮烈”という意味を持つЯPKOをローマ字のまま発音し、文字のインスピレーションを素直に表現した造語。ブランドコンセプトは“Bright steps”。着る人の背中を少しだけ押し、光に導いてくれるようなスタイルを作り出す。

 

サイズや生地の風合いなど、アイテムの気になるところは直接ショップスタッフに聞いてみましょう。FACYならチャットで会話をしながら買物を楽しむことができます。

MORE FOR YOU

春にむけた足元はビルケンシュトック(BIRKENSTOCK)で
おしゃれ女子の足元はクラークス(CLARKS)
メンズライクの腕元にはセイコー(SEIKO)がおすすめ
大人女子のためのコンバース オールスーター(CONVERSE ALLSTAR)再入門

WHAT'S NEW

春にむけた足元はビルケンシュトック(BIRKENSTOCK)で
おしゃれ女子の足元はクラークス(CLARKS)
メンズライクの腕元にはセイコー(SEIKO)がおすすめ
大人女子のためのコンバース オールスーター(CONVERSE ALLSTAR)再入門
アーペーセー(A.P.C)で学ぶデニムのユニセックスコーディネート
キャンプ女子のための冬の寒さ必勝法ナンガ(NANGA)
ザ ノースフェイス(THE NORTH FACE)のダウンジャケットで楽しむゴープコア
釣りガール注目のダウンジャケット ダイワピア39(DAIWA PIER39)

RANKING

  1. おしゃれ女子の足元はクラークス(CLARKS)
  2. メンズライクの腕元にはセイコー(SEIKO)がおすすめ
  3. 大人女子のためのコンバース オールスーター(CONVERSE ALLSTAR)再入門
  4. アーペーセー(A.P.C)で学ぶデニムのユニセックスコーディネート
  5. ザ ノースフェイス(THE NORTH FACE)のダウンジャケットで楽しむゴープコア