FACY 1タップで 出会える 話せる

FASHION

トレンド感があって可愛い「ゆったりニット」まとめ

毎年寒くなると着たくなるニットトップス。しっかり暖かいのにおしゃれで可愛い、大人レディの定番アイテムです。今季はいつもよりゆったりとしたシルエットがトレンド。着るだけでトレンド感を演出できる、ゆったりニットトップスを集めました!

人気アイテムが続々入荷!FACYでアイテム購入はこちらから

裾ほつれのデザインがインパクト大!

normal_98593943-1

EZUMi – デストロイニットプルオーバー ¥35,640(税込)

裾にわざとほつれ加工を施した存在感のあるニットトップス。個性的なデザインだけど、計算された美しいシルエットで品良く着こなせます。強縮加工を施しているから耐久性も◎ 周りと差がつく一着です。

切り替えがユニークなプルオーバー

normal_98593943-1

sneeuw – ニットパネルプルオーバー ¥34,560(税込)

ウエストの切り替えがユニークなニットトップス。でも、ナチュラルな風合いとソフトなカラーがコーデになじみやすく、さらっと着ることができます。ゆったりとしたシルエットで、どんなボトムスとも相性抜群。

大人っぽく着こなせるきれいめニット

normal_98593943-1

Spick and Span – カシミヤウール Vプルオーバー ¥16,200(税込)

身頃や袖にゆとりを持たせたデザインと、大きく開いたVネックラインで女性らしく着こなせるニットトップス。コーデにメリハリをプラスするサイドスリットもポイントです。ふっくらと保温性に優れた生地で着心地も快適!

コーデの主役になるレトロキュートな一着

normal_98593943-1

EAUSEENON – ウェーブニットトップス ¥36,720(税込)

タイルのようなレトロな柄に、モコモコと立体的な生地感がキュートなニットトップス。ゆったりとした肩周りのデザインで気になる部分をカバーしながら、キュッとした袖元でメリハリのある着こなしが叶います。抜群の存在感で「それどこの?」と聞かれること間違いなし!

丸みのあるフォルムがキュート!

normal_98593943-1

FRAMeWORK – 5Gアゼワイドプルオーバー ¥15,120(税込)

長めの袖と丸みのあるフォルムで、大人可愛く着こなせるニットトップス。ホールガーメントで作られた立体的なシルエットで、着るだけでおしゃれな雰囲気に。カジュアルからキレイめまで、どんなコーデとも合わせやすい一着です。

ボリューミーな袖が愛らしい一着

normal_98593943-1

Plage – ソフトリリヤーン ボートネック プルオーバー ¥34,560(税込)

女性らしいボートネックに、ボリューミーな袖のバランスが絶妙なニットトップス。しっかりと厚みがあるのにとても軽く、ボートネックのおかげでスッキリと着こなせます。凹凸のある編地の豊かな表情もオシャレ!

しっかり防寒できるのに、トレンド感があって可愛いゆったりニットトップスは今季のマストアイテム。どんなボトムスともバランス良く着こなせるから、一着あると重宝するはず。寒さの本番を迎える前に、ワードローブにプラスして!

MORE FOR YOU

マイカ&ディールが提案する「大人のTシャツ」5枚
毎日着ても飽きのこないデイリースタイルを提案する「MICA & DEAL」が掲載スタート!
コーディネートを上品に魅せる!小さめレザーバッグ
大人が着ても“アリ”な「ドッグT」見つかりました!

WHAT'S NEW

マイカ&ディールが提案する「大人のTシャツ」5枚
毎日着ても飽きのこないデイリースタイルを提案する「MICA & DEAL」が掲載スタート!
コーディネートを上品に魅せる!小さめレザーバッグ
大人が着ても“アリ”な「ドッグT」見つかりました!
ポップな配色がかわいい!〈バトルレイク〉のウエストポーチ
梅雨前に欲しい!マスク専用のアロマスプレー「マスクメイト」
即戦力として使える!今ほしいボーダーT3枚
ニールズヤード レメディーズに聞く「UVケア」のこと。おすすめの方法やアイテムは?

RANKING

  1. ネックレス、隠れがち。クルーネックTシャツに合うネックレスを教えて!
  2. 毎日着ても飽きのこないデイリースタイルを提案する「MICA & DEAL」が掲載スタート!
  3. 【夏の羽織り】今年はカーデよりも断然シャツ!イチ押しコーデ5選
  4. 大人の不調をリセット。マルチに使えるCBDクリームの美容パワーがすごい!
  5. 解放され仕事を手にした女性たちと20世紀前半のファッション《連載:ファッションオタクのサーバエンジニアが見る女性とファッション・スタイルの文化史(2)》