FACY 1タップで 出会える 話せる

FASHION

脚あったか。冬の“可愛い”はウールスカートでつくる!

寒さが本格化するこの季節、女の大敵とも呼ばれる「冷え」を防ぎつつファッションを楽しむなら、ほんわか温かく着心地も良いウール素材にこだわって選ぶのがおすすめ。

今回は足元からの冷え対策! ウール混のスカートを厳選してお届けします。

人気アイテムが続々入荷!FACYでアイテム購入はこちらから

自然なフレアが大人っぽい

normal_98593943-1

Plage – メルトン セミフレアスカート ¥17,280(税込)

昨年大ヒットしているタイトスカートが、今年は一層厚みをもたせたしなやかな素材感で登場。温もりのある女性らしい印象を引き立ててくれます。

裾がフレアに広がるラインで足さばきも◎ レトロな大きめポケットも今年気分にぴったりです。

ニットスカートで今年顔

normal_98593943-1

ADAM ET ROPE’ FEMME – ウールスリットニットスカート ¥17,280(税込)

膝下までの上品な着丈が今っぽいタイトスカート。デイリースタイルにも着こなしやすいスリット入りというのが嬉しいポイントです。

スニーカーと合わせてカジュアルシーンを楽しむのはもちろん、同素材で出ているカーディガンとセットアップにしてドレスアップするのもおすすめ。すっきりとしたIラインシルエットはシックな雰囲気を演出してくれますよ。

長年使えるものを選びたい

normal_98593943-1

Plage – スーパーファインウールミラノリブロングスカート ¥23,760(税込)

カシミヤ混でより保温性のあるロングスカート。上品な長め丈にざっくりと入ったスリットで、モード感をぐっと引き上げてくれるバランスはシーンレスでおすすめ。

タイトなトップスはもちろん、厚みのあるニットとの外しスタイリングも今年らしく決まりますよ。シンプルでクラシックな雰囲気は、長年愛用できること間違いありません!

とことんクラシカルに決めるなら

normal_98593943-1

FRAMeWORK – BUTTON スカート2 ¥16,200(税込)

追加生産されるほどの人気(!)のあるボタンスカート。サイドの大きいボタン使いが、どこかクラシカルなパリジェンヌを彷彿とさせます。

すっきりとしたIラインでもフィットしすぎないので、腰回りが気になる方でも大丈夫! シンプルなトップスを合わせるだけで今年らしく、どこかきちんとした印象に仕上がります。

ウールスカートで取り入れるチェック柄


normal_98593943-1

URBAN RESEARCH – 台形ミニスカート ¥11,880(税込)

ベーシックな台形シルエットで定番化したミニスカート。見た目の可愛さだけでなく、さりげなくヒップラインや太ももラインをカバーしてくれる優秀アイテムです。

バンツで取り入れるのが主流なチェック柄を、ウール素材の柔らかい雰囲気とともにミニスカートに落とし込んでみてはいかが? ケーブルニットなどと合わせてとことんゆったりシルエットを楽しむのもおすすめ!

「おしゃれが楽しい冬」はしっかり寒さを凌いでこそ! 身体を大切に今年らしいスタイルを楽しめるウール素材にこだわって、お気に入りの一点をみるけてみてはいかがですか?

iOS/Android

MORE FOR YOU

ベーシックでやや癖ありなシャツが新鮮! 秋におすすめのシャツ。
キャラメルバーをイメージ?VASICの新作バッグがかわいい!
この秋デニムはブラックが新鮮! オーストラリア発の〈ローラス〉の一本はいかが?
楽におしゃれが叶う、ヨーロッパ生まれのリブパンツ。

WHAT'S NEW

ベーシックでやや癖ありなシャツが新鮮! 秋におすすめのシャツ。
キャラメルバーをイメージ?VASICの新作バッグがかわいい!
この秋デニムはブラックが新鮮! オーストラリア発の〈ローラス〉の一本はいかが?
楽におしゃれが叶う、ヨーロッパ生まれのリブパンツ。
秋の羽織りにちょうどいい!アダム エ ロペのシャツカーディガンが気になる
このボーダー柄なら着こなせる! 秋を待たずに着たい〈ルミノア〉の別注カットソー
大人気のバッグブランド〈マラント〉。新入荷のミニポシェットも必見です!
大胆スポーティなタイトスカート。季節の変わり目に新鮮な一本はいかがでしょう?

RANKING

  1. カラー別!ダサ見えしない大人の旬パーカーコーデ25選
  2. 黒髪だからこそ似合う!「垢抜け黒髪スタイル」を叶えるピアス
  3. 旬をおさえた「黒ロングスカート」おすすめ秋コーデ23選
  4. ぬいぐるみってどう作るの?スヌーピーミュージアム「ぬいぐるみワークショップ」を体験!第2弾の開催も決定!
  5. やっぱり女は守られたい?それとも自立したい?ディオールとシャネルの関係 で見る20世紀半ばのファッション《連載:ファッションオタクのサーバエンジニアが見る女性とファッション・スタイルの文化史(3)》