FACY 1タップで 出会える 話せる

FASHION

カラフルに足元を飾って。春を呼び込む「カラーシューズ」特集

春の足もとはカラフルに、遊び心を取り入れて。いつもより大胆な色使いが楽しめる季節、思いっきり鮮やかな発色で、足先を飾りましょう!

今回セレクトした『Le Talon』のシューズは、どれも歩きやすさに定評あり。春の街を颯爽と歩く姿を、思い浮かべて選んでみて。

人気アイテムが続々入荷!FACYでアイテム購入はこちらから

夕日のようにノスタルジックな朱赤

normal_98593943-1

Le Talon – レザーポインテッドフラット ¥11,880(税込)

オンオフ問わず楽しめる、きれい目フラットシューズ。 ポインテッドトウのシャープなシルエットに加え、履き口の絶妙なカッティングが、足の甲を美しく演出。プレイフルな朱赤は、大人っぽい印象で使えます。

足になじんで心地よい本革素材も見逃せない。フラットシューズながら、かかとがしっかりとあるのが嬉しく、普段使いにぴったりの履きやすさです。

まろやかイエローでハッピーオーラ全開

Le Talon – ポインテッドカットワークフラット ¥9,504(税込)

カットワークの小窓が、軽快なイメージのポインテッドトゥ。カットワークはサイドまで続き、横から見たときも、個性を感じられる一足。

まろやかなイエローが女性らしく、スタイリングに取り入れるだけで今年っぽさをプラスしてくれます。インソールにはクッションを敷き、ふんわりソフトな足あたりに。

パウダリーなピンクの花びらカット

normal_98593943-1

Le Talon – 4.5cm フラワーカットバックベルト ¥9,504(税込)

シンプルなパンプスにあしらったのは、花びらのようなスカラップ。ロマンチックなデザインに、きれいなシルエットが好バランスです。

高さひかえめな4.5cmヒールは、お仕事用にも最適。 細いバックベルトが女性らしく、玄関でさっと履けるのもおすすめポイント。

鮮やかなグリーンで春めく素足

normal_98593943-1

Le Talon – GRISE 6cm レザーアンクルサンダル ¥14,040(税込)

甲にかかる華奢なストラップが、なんともレディライクなサンダル。肌の露出が大きいので、足もとに自然な抜けが生まれます。シックなスクエアトゥも、旬のディティールのひとつ。

春らしいグリーンは、爽やかなライトブルーのデニムにお似合い。足首にストラップが付いているので、安定感も抜群でアクティブに動けます。

上品なシルバーで足もとからスタイリッシュ

Le Talon – ポインテッドサシメッシュフラット ¥8,424(税込)

やわらかなメッシュ編みが足の形にフィットして、やさしい履き心地を叶えるフラットシューズ。ナチュラルなデザインながら、フレッシュなホワイトカラーと、ハンサムなポインテッドトウがスタイリッシュ。

普段使いにはもちろん、旅行やお買い物などの、たくさん歩くシーンにも。スタイリングを足もとから格上げしてくれます。

カラーを使って足もとにアクセントをおいたコーディネートは、手軽に個性を演出できるのが嬉しいところ。他のアイテムとの色合わせによって、毎回新鮮なスタイルを楽しめますよ。

iOS/Android

MORE FOR YOU

マイカ&ディールが提案する「大人のTシャツ」5枚
毎日着ても飽きのこないデイリースタイルを提案する「MICA & DEAL」が掲載スタート!
コーディネートを上品に魅せる!小さめレザーバッグ
大人が着ても“アリ”な「ドッグT」見つかりました!

WHAT'S NEW

マイカ&ディールが提案する「大人のTシャツ」5枚
毎日着ても飽きのこないデイリースタイルを提案する「MICA & DEAL」が掲載スタート!
コーディネートを上品に魅せる!小さめレザーバッグ
大人が着ても“アリ”な「ドッグT」見つかりました!
ポップな配色がかわいい!〈バトルレイク〉のウエストポーチ
梅雨前に欲しい!マスク専用のアロマスプレー「マスクメイト」
即戦力として使える!今ほしいボーダーT3枚
ニールズヤード レメディーズに聞く「UVケア」のこと。おすすめの方法やアイテムは?

RANKING

  1. コーディネートを上品に魅せる!小さめレザーバッグ
  2. マイカ&ディールが提案する「大人のTシャツ」5枚
  3. ネックレス、隠れがち。クルーネックTシャツに合うネックレスを教えて!
  4. 毎日着ても飽きのこないデイリースタイルを提案する「MICA & DEAL」が掲載スタート!
  5. 解放され仕事を手にした女性たちと20世紀前半のファッション《連載:ファッションオタクのサーバエンジニアが見る女性とファッション・スタイルの文化史(2)》