FACY 1タップで 出会える 話せる

FASHION

今年らしさたっぷり!甘すぎない「ティアードスカート&ワンピース」

この春は、ロマンティックなフェミニンアイテムが気になります。ギャザーやフレア布を何段も切り替えたティアードスカートやワンピースは、揺れる裾が軽やかで今年らしさたっぷり。注目のデザインをチェックしてみましょう。

人気アイテムが続々入荷!FACYでアイテム購入はこちらから

甘すぎないカジュアルなティアードスカート


normal_98593943-1

GRAMICCI×FREAK’S STORE – 別注 2WAY WEATHER TIERED SKIRT/ウェザーティアードスカート ¥11,664(税込)

『FREAK’S STORE』×『GRAMICCI』の別注ティアードスカートは、カジュアルなコットン素材とスポーティなベルトディテールで、甘さは控えめに。腰回りの体型カバーにも効果的なティアードスカートは、ジャストサイズのトップスと相性抜群。ベルトをキュッと締めて、前だけインすればメリハリが付くので、あえてオーバーサイズのトップスを合わせるのも◎

存在感のあるティアードスカートが主役


normal_98593943-1

BAUM UND PFERDGARTEN – SCARLET SKIRT ¥36,720(税込)

イエローのドット柄素材が目を引くスカートは、クラシックなスタイルにアバンギャルドさを加えたデザインが特徴的な『BAUM UND PFERDGARTEN (バーム ウンド ヘルガーデン)』のもの。華やかなティアードフリルが存在感たっぷりなので、コーデはシンプルなトップスを合わせるだけでOKです。

エレガントでカジュアルなジャンパースカート

【 Create Clair 】-Raffle jumper skirt ¥56,160(税込)

エレガントなデザインとカジュアルな素材感がMIXされたジャンパースカートは、ちょっぴりモードな雰囲気も。ニットやTシャツ、ブラウスなどいろんなトップスとのレイヤードコーデが楽しめます。1年中着られる素材なのも、うれしいポイント。

レトロなフラワー柄ティアードワンピース


normal_98593943-1

FRAMeWORK – レトロフラワーワンピース ¥36,720(税込)

1枚で今年らしいスタイルが完成するティアードワンピースにも注目。レトロなフラワー柄のワンピースは、ふんわりとゆれる後ろ下がりのヘムラインが女性らしい雰囲気。ゆったりとしたシルエットなので着心地も快適で、リラックスムードで着こなせます。

きれいめコーデもOKのティアードワンピース


normal_98593943-1

ADAM ET ROPE’ FEMME – ミニフラワーボリュームスリーブワンピース ¥27,000(税込)

こちらのように控えめなティアードデザインのワンピースならデイリーにも、普段よりきれいめな印象にしたいときにも大活躍。袖のボリュームも華やかで、女性らしさたっぷり。そのまま1枚で着るのはもちろん、ワンピースの上にニットやカーディガン、スウェットなどをレイヤードするスタイリングもおすすめです。

軽やかな落ち感のあるジョーゼットでロマンティックに、カジュアルなコットンで甘さ控えめに。素材が変わると、雰囲気も変わります。今年らしいスポーツMIXスタイルとも相性がいいので、ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。

iOS/Android

MORE FOR YOU

夏のハット迷子に教えたい〈メゾンドリリス〉のブリムハット!
今年の夏はシャツが着たい!おすすめはこの3枚。
アンダー5千円で発見。トレンドも押さえたファッションサングラス。
非Tシャツ派にも薦めたい〈アメリカーナ〉の別注フットボールTシャツ!

WHAT'S NEW

夏のハット迷子に教えたい〈メゾンドリリス〉のブリムハット!
今年の夏はシャツが着たい!おすすめはこの3枚。
アンダー5千円で発見。トレンドも押さえたファッションサングラス。
非Tシャツ派にも薦めたい〈アメリカーナ〉の別注フットボールTシャツ!
今年欲しいのはコレ!アダム エ ロペの夏ワンピースをチェック。
たまにはプリントTも! ゆる〜いムード漂う4枚。
夏のお出かけ感をアップ!〈ヤーキ〉のレザー巾着バッグ
見た目も新鮮!ビュレのベルトトートバッグ #今コレが欲しい!

RANKING

  1. 夏のハット迷子に教えたい〈メゾンドリリス〉のブリムハット!
  2. 写真家・森栄喜が詩で挑む新たな表現『A Poet : We See a Rainbow』
  3. ネックレス、隠れがち。クルーネックTシャツに合うネックレスを教えて!
  4. 今年の夏はシャツが着たい!おすすめはこの3枚。
  5. どう履くのが正解?『NIKE』エアリフトでつくる旬スタイリング術