FACY 1タップで 出会える 話せる

FASHION

春支度は足元から。シンプルなのに高見えする「フラットシューズ」

いつでもおしゃれは足元から。春物デビューは軽量感が癖になるフラットシューズで、始めてみてはいかがですか? 今回はシンプルなのに高見えする大人のフラットシューズをご紹介。

お出かけシーンが増える春の休日もストレスフリーに過ごせるとっておきの一足を見つけてみてくださいね。

人気アイテムが続々入荷!FACYでアイテム購入はこちらから

大人なら本場ものを揃えたい


normal_98593943-1

STEFANO GAMBA – レザーメッシュポインテッドスリッパ ¥18,360(税込)

まずはリゾートムード漂うレザーメッシュで周りと差がつく一足から。革製品の本場イタリアで作られている上質な仕上がりが、カジュアルな中にも高級感を生み出します。ポインテッドデザインが大人っぽく、長い間飽きずに楽しめそう。スリッパタイプは、脱ぎ履きが多いお花見シーンなどにもおすすめです!

包み込まれるような履き心地


normal_98593943-1

 mio notis – ソフトカッター (ホワイト) ¥9,936(税込)

ヴィンテージライクな雰囲気が今年らしいソフトカッター。足当たりの良いソフトな牛革は、足を包み込むようなフィット感。少し深めのカッティングが大人っぽく、歩きやすさにこだわった仕上がりがポイント。高反発スポンジを使用した気持ちの良い履き心地で、一度履いたら手放せなくなること間違いなし!

極上の安定感


normal_98593943-1

PELLICO – CANVAS FLAT サンダル ¥51,840(税込)

 
「走れるヒール靴」の名前で知られるほど安定感が売りのPELLICOから、キャンバス素材のサンダルをご紹介。足を入れるだけのシンプルな作りながら、足にフィットするような履き心地はシティライクに過ごす休日にも◎さりげないVのカッティングが、より女性らしさを引き出します。

周りとは違う雰囲気を


normal_98593943-1

JANE SMITH – FLAT サンダル ¥34,560(税込)

個性的な一足を見つけたい方には、 『JANE SMITH』のフラットサンダルがおすすめ。柔らかい素材感が肌馴染みもよく、深い甲のデザインで歩きやすさもグッド。シンプルな中にスタイリッシュな雰囲気を醸し出す大人な一足なら、毎年履くのが待ち遠しくなりそう。

メッシュ素材×バレエシューズ


normal_98593943-1

SPELTA – メッシュバレエシューズ ¥23,760(税込)

メッシュ素材をバレエシューズに落とし込んだフレンチクラシックなサンダル。かかと部分にはレザーを使用することで、フォーマルな印象にも仕上がっています。レディな印象のバレエシューズも、スキニーデニムなどと合わせて履くと新鮮な表情に。ペディキュアやタイツを覗かせルもの、メッシュならではの楽しみ方です!

ラフなイメージが強いサンダルやフラットシューズも、素材や質を選べば大人顔。春夏だからこそ味わえる軽やかな足元に、今年はデザインにもこだわった上質な一足を選んでみてはいかがですか?

iOS/Android

MORE FOR YOU

毎日着ても飽きのこないデイリースタイルを提案する「MICA & DEAL」が掲載スタート!
コーディネートを上品に魅せる!小さめレザーバッグ
大人が着ても“アリ”な「ドッグT」見つかりました!
ポップな配色がかわいい!〈バトルレイク〉のウエストポーチ

WHAT'S NEW

毎日着ても飽きのこないデイリースタイルを提案する「MICA & DEAL」が掲載スタート!
コーディネートを上品に魅せる!小さめレザーバッグ
大人が着ても“アリ”な「ドッグT」見つかりました!
ポップな配色がかわいい!〈バトルレイク〉のウエストポーチ
梅雨前に欲しい!マスク専用のアロマスプレー「マスクメイト」
即戦力として使える!今ほしいボーダーT3枚
ニールズヤード レメディーズに聞く「UVケア」のこと。おすすめの方法やアイテムは?
やっぱりほしいシャカパン! ワークなんだけどスポーティな一本が気になります。

RANKING

  1. 毎日着ても飽きのこないデイリースタイルを提案する「MICA & DEAL」が掲載スタート!
  2. コーディネートを上品に魅せる!小さめレザーバッグ
  3. ネックレス、隠れがち。クルーネックTシャツに合うネックレスを教えて!
  4. 【夏の羽織り】今年はカーデよりも断然シャツ!イチ押しコーデ5選
  5. 解放され仕事を手にした女性たちと20世紀前半のファッション《連載:ファッションオタクのサーバエンジニアが見る女性とファッション・スタイルの文化史(2)》