FACY 1タップで 出会える 話せる

FASHION

毎年人気のブランドがいよいよ入荷!

毎年人気のあのブランドが4月12日(金)全店一斉発売!

ne Quittez pas

大人気の国内ブランド“ne Quittez pas”(ヌキテパ)。
日本人デザイナーが企画する繊細なレースや刺繍を用いたWEARや

BAGを展開しているブランドで、商品はインドの工場で生産しています。

先行受注でも人気だったアイテムを早速ご紹介!

ne Quittez pas – エスニックプリントロングドレス ¥22,000+tax

エスニックなプリント生地を使用したロングワンピース。

コットン100%素材で仕立てた春夏向けのひと品。

ふんわりと膨らみのあるボリュームスリーブや、

裾ティアードのディティールがフェミニンな雰囲気を演出します。

一枚着でシーズンライクな着こなしが完成するオススメワンピース。

ややゆとりがあり、大きすぎないサイズ感が◎

柄違いの2色展開でご用意しております。

着ているだけで気分が上がりそうですよね。

ne Quittez pas – コットンボイルクロスオーバーフロントドレス ¥16,000+tax

やわらかな着心地が春夏にぴったりなワンピース。

薄く軽いタッチのコットン素材で

透け感が爽やかな情勢らしさを演出してくれます。

ウエストのボタンやリボンで調節出来るので

好みに合わせて調整出来るのがポイント。

ウエスと位置が高めでスタイルアップ効果も魅力です。

こちらはピンク、ブラウン、ネイビーの3色展開。

人気のne Quittez pasよりSpick & Span別注アイテムが今年も登場!

ne Quittez pas – 別注エスニックプリントギャザーロングスカート ¥18,000+tax

ドレスよりも取り入れやすいデザインのスカートは

カジュアルなスウェットなどのリラックス感のあるコーディネートがおすすめ◎

ウエストがゴムになっているので腰に馴染むのでラクチン。

さらりと着るだけで旬なスタイルにしてくれる優秀な1枚です。

ne Quittez pas – 別注コットンボイルギャザースカート ¥15,000+tax

清涼感たっぷりのコットンボイルのギャザースカートは
軽いタッチの素材感で、涼やかな印象に。

着まわしやすい着丈なので、

小物やトップスの合わせ次第で幅広いスタイリングで大活躍!

それぞれSpick & Spanでしか手に入らない別注モデルです。

3店舗限定 ノベルティプレゼント!

札幌ステラ店、ミント神戸店、名古屋ラシック店の3店舗限定

ne Quittez pasお買い上げのお客様にトートバックプレゼント!

※なくなり次第終了となります

上記の3店舗はモアバリエーションでご用意しております。

是非店頭にてご覧ください。

スタッフ一同心よりお待ちしております。

元記事を見る

Spick&Span

シーンやジェンダーにとらわれずに、トレンドとスタンダードを自分らしくMIXして楽しみたい。そんな””Mash Up Style””をコンセプトに、ミニマルで着心地のよいオリジナルウェアと、世界各国からセレクトしたガジェットアイテムを組み合わせたミキシングスタイルを提案します。

MORE FOR YOU

毎日着ても飽きのこないデイリースタイルを提案する「MICA & DEAL」が掲載スタート!
コーディネートを上品に魅せる!小さめレザーバッグ
大人が着ても“アリ”な「ドッグT」見つかりました!
ポップな配色がかわいい!〈バトルレイク〉のウエストポーチ

WHAT'S NEW

毎日着ても飽きのこないデイリースタイルを提案する「MICA & DEAL」が掲載スタート!
コーディネートを上品に魅せる!小さめレザーバッグ
大人が着ても“アリ”な「ドッグT」見つかりました!
ポップな配色がかわいい!〈バトルレイク〉のウエストポーチ
梅雨前に欲しい!マスク専用のアロマスプレー「マスクメイト」
即戦力として使える!今ほしいボーダーT3枚
ニールズヤード レメディーズに聞く「UVケア」のこと。おすすめの方法やアイテムは?
やっぱりほしいシャカパン! ワークなんだけどスポーティな一本が気になります。

RANKING

  1. 毎日着ても飽きのこないデイリースタイルを提案する「MICA & DEAL」が掲載スタート!
  2. コーディネートを上品に魅せる!小さめレザーバッグ
  3. ネックレス、隠れがち。クルーネックTシャツに合うネックレスを教えて!
  4. 【夏の羽織り】今年はカーデよりも断然シャツ!イチ押しコーデ5選
  5. 解放され仕事を手にした女性たちと20世紀前半のファッション《連載:ファッションオタクのサーバエンジニアが見る女性とファッション・スタイルの文化史(2)》