FACY 1タップで 出会える 話せる

FASHION

春の寒暖差やUV対策にも◎ 何かと使える「ロングカーディガン」

女性にはツライ春の寒暖差を乗り切るには「ロングカーディガン」の存在が必須!最近はスタイルアップを叶えるファッションアイテムとしても、注目を集めています。

ご紹介するのはどれも長袖なので、冷房対策はもちろん、日よけとしても使えるアイテムです。

人気アイテムが続々入荷!FACYでアイテム購入はこちらから

すっきり軽やかなワイドリブニット

Spick and Span – リネンコットンワイドリブロングカーデ ¥16,200(税込)

ドライタッチな質感が心地良く、ロングシーズン使えるリネンカーディガン。落ち感のあるワイドリブが、着こなしをすっきりと見せてくれます。

裾に深めのサイドスリットをいれたことで、ロング丈でも生地がまとわりつかず、ぐっと軽やかな印象に仕上げました。

可憐なレースで特別感を添えて

LOVELESS – バックレースロングカーディガン ¥18,360(税込)

エンブロイダリーレースを贅沢にあしらった、フェミニンなバックスタイルが印象的。レースの透け感が、着こなしにニュアンスを与えてくれます。

フロントにはゴールドボタンを施したことで、華やかさがさらにUP。付属のベルトでウエストマークして、シルエットを変えて楽しんで。

カジュアル派におすすめ、雰囲気のある一着

normal_98593943-1

PENDLETON – 別注ロングカーディガン ¥18,360(税込)

アメリカの老舗ブランド『PENDLETON』のメンズモデルを別注。伝統的なネイティブ柄がポイントになったニットカーディガン。

オーバーサイズのマキシ丈をざっくりと羽織れば、それだけで雰囲気のあるスタイリングに。今年らしいリラックス感が手に入ります。

トレンドのマルチボーダーが新鮮!

normal_98593943-1

FRAMeWORK – マルチボーダーVネックLONG カーディガン ¥16,200(税込)

マルチボーダーが新鮮なVネックカーディガン。 身体のラインを拾いづらく、コーディネートに取り入れやすい絶妙な丈感もポイントです。

爽やかな配色は、デニムやリネンパンツとも好相性。インナーには華奢なTシャツやキャミソールを差し込んで、センシュアルなムードをプラスして。

ボタンを閉じればニットワンピース

normal_98593943-1

FRAMeWORK – リブロングカーディガン ¥16,200(税込)

シンプルな白のロングカーディガンは、一着はキープして置くべき定番アイテム。

細くリブの入ったニットは、羽織りとしてはもちろん、フロントボタンをすべて閉じて着るのもおすすめ。ぴったりし過ぎない絶妙なサイズ感で、エレガントなワンピーススタイルが楽しめます。

ロングカーディガンを使った着こなしは、Tシャツ+スキニーデニムが定番。今年らしくロングスカートやワイドパンツなどボリュームボトムをレイヤードして、ざっくり羽織るのもおすすめです。

カーディガンは違いが出やすいアイテムなので、スタイリッシュなデザインにこだわって選んで。

iOS/Android

MORE FOR YOU

ベーシックでやや癖ありなシャツが新鮮! 秋におすすめのシャツ。
キャラメルバーをイメージ?VASICの新作バッグがかわいい!
この秋デニムはブラックが新鮮! オーストラリア発の〈ローラス〉の一本はいかが?
楽におしゃれが叶う、ヨーロッパ生まれのリブパンツ。

WHAT'S NEW

ベーシックでやや癖ありなシャツが新鮮! 秋におすすめのシャツ。
キャラメルバーをイメージ?VASICの新作バッグがかわいい!
この秋デニムはブラックが新鮮! オーストラリア発の〈ローラス〉の一本はいかが?
楽におしゃれが叶う、ヨーロッパ生まれのリブパンツ。
秋の羽織りにちょうどいい!アダム エ ロペのシャツカーディガンが気になる
このボーダー柄なら着こなせる! 秋を待たずに着たい〈ルミノア〉の別注カットソー
大人気のバッグブランド〈マラント〉。新入荷のミニポシェットも必見です!
大胆スポーティなタイトスカート。季節の変わり目に新鮮な一本はいかがでしょう?

RANKING

  1. カラー別!ダサ見えしない大人の旬パーカーコーデ25選
  2. 黒髪だからこそ似合う!「垢抜け黒髪スタイル」を叶えるピアス
  3. 旬をおさえた「黒ロングスカート」おすすめ秋コーデ23選
  4. ぬいぐるみってどう作るの?スヌーピーミュージアム「ぬいぐるみワークショップ」を体験!第2弾の開催も決定!
  5. やっぱり女は守られたい?それとも自立したい?ディオールとシャネルの関係 で見る20世紀半ばのファッション《連載:ファッションオタクのサーバエンジニアが見る女性とファッション・スタイルの文化史(3)》