FACY 1タップで 出会える 話せる

FASHION

ノーカラーで大人っぽく。旬顔デニムジャケットでこなれコーデ

カジュアルなデニムジャケットは、大人に似合うシルエット選びが重要。その点、『JOURNAL STANDARD』のノーカラーGジャンなら、間違いありません!

春にはニットやワンピースを合わせて、今の時期はTシャツの上から……季節に合わせた着こなしで、一年中楽しめるのがデニムジャケットの利点ですね。

人気アイテムが続々入荷!FACYでアイテム購入はこちらから

オーバーサイズが、旬のムードを演出

JOURNAL STANDARD – 13ozデニムノーカラーGジャン ¥17,280(税込)

人気のオーバーサイズで仕立てたデニムGジャンは、ノーカラーですっきりと、女性らしさをプラス。ネックラインにフリンジをあしらって、カジュアルなアクセントも加えました。

肩の落ちたデザインとたっぷりのボリューム袖が、ちょっぴりルーズなシルエットを表現。羽織るだけで今年らしく、こなれた雰囲気に仕上がります。

長過ぎず短過ぎない丈感で、ワイドパンツやロングスカートなど、ボトムを選ばずバランスをとってくれます。

デニムジャケットのカジュアル感が苦手な方にも、トライしやすいのがホワイトデニム。ホワイトカラーならちょっぴり甘く、時にはきれいに着こなせます。

大人の女性に似合う、絶妙ブルー。デニムらしさを味わうには、やっぱりこちらがおすすめです。

あえてフェミニンなロングスカートを合わせて、MIX感を満喫するのもいいですね。足もとはサンダルで、抜け感を加えて。「えり抜き」するのも忘れずに!

normal_98593943-1

より上級感があるのは、こなれたムードのブラック。「スニーカー」や「ウエストポーチ」を取り入れて、ストリートテイストで着こなして。

エッジを効かせたいときは、トレンドのレオパードをアクセントに。感度の高いコーディネートがお好みの皆さんは、こちらのやんちゃなブラックをどうぞ。

大人っぽさのポイントは、「ノーカラーデザイン」にあり。えりがない分、軽やかな抜け感が生まれて、野暮ったく見えるのを防ぎます。

肌寒い季節には、タートルネックをのぞかせるのもいいですね。インナーを変えることによって、一年中活躍してくれます。

iOS/Android

MORE FOR YOU

メンズライクの腕元にはセイコー(SEIKO)がおすすめ
大人女子のためのコンバース オールスーター(CONVERSE ALLSTAR)再入門
アーペーセー(A.P.C)で学ぶデニムのユニセックスコーディネート
キャンプ女子のための冬の寒さ必勝法ナンガ(NANGA)

WHAT'S NEW

メンズライクの腕元にはセイコー(SEIKO)がおすすめ
大人女子のためのコンバース オールスーター(CONVERSE ALLSTAR)再入門
アーペーセー(A.P.C)で学ぶデニムのユニセックスコーディネート
キャンプ女子のための冬の寒さ必勝法ナンガ(NANGA)
ザ ノースフェイス(THE NORTH FACE)のダウンジャケットで楽しむゴープコア
釣りガール注目のダウンジャケット ダイワピア39(DAIWA PIER39)
コーディネートにも取り入れたい機能性スカーフ
ポロ ラルフ ローレン(POLO RALPH LAUREN)はメンズライクに

RANKING

  1. メンズライクの腕元にはセイコー(SEIKO)がおすすめ
  2. アーペーセー(A.P.C)で学ぶデニムのユニセックスコーディネート
  3. 大人女子のためのコンバース オールスーター(CONVERSE ALLSTAR)再入門
  4. 古着っぽく取り入れたいカーハートダブリューアイピー(CARHARTT WIP)
  5. ポロ ラルフ ローレン(POLO RALPH LAUREN)はメンズライクに