FACY 1タップで 出会える 話せる

FASHION

初夏のシーン別おすすめワンピースをチェック!

少しずつ気温も上がり、イベント事などの予定も増えてきたのではないでしょうか?

今回は、今から使えて初夏のイベントにもピッタリなワンピーススタイルをシーン別にご紹介します。

まず初めに、フェスにピッタリのスポーティースタイルをご紹介します。

ナチュラルな素材とイージーケア商品なのに、女っぽく着られるワンピースです。

ARCHI – ワンピース ¥27000+tax 
Patagonia – バッグ ¥3800+tax 
Newbalance – シューズ ¥13800+tax 

モデル身長164cm

ARCHIは、素材や着心地にこだわり、毎シーズン違う表情を見せるアイテムを展開しています。

ARCHIからはもう1型、清涼感のあるリネンシルク素材のワンピースが届いてます。

ARCHI – ワンピース ¥33000+tax
BROOKS BOSWELL – ハット ¥34000+tax 
MaisonBengal – バッグ ¥8900+tax 
FABIO RUSCONI – シューズ ¥25000+tax 

スタッフ身長164cm

夏大活躍間違いなしなので、海へのスタイルにもピッタリ!水着の上から着てもバックスタイルが素敵ですよ!

続いては、旅のお供にピッタリのリゾートスタイルです。カラーも4色あり、お客様に合ったお色を選んで頂けます。

FRAMeWORK – ワンピース ¥18000+tax 
A SAUCE MELER – ストール ¥27500+tax 
Demaker – バッグ ¥25000+tax 
FABIO RUSCONI – シューズ ¥25000+tax 

スタッフ身長164cm

ナチュラルで華奢見えするお袖とウエストのリボンが女性らしさを引き立たせてくれます!

最後は、街へのお出掛けにピッタリのシーズンムード溢れるエスニックなワンピースをご紹介します。フォトジェニックな1枚で着映えしてくれるワンピース、1着は持っておきたいですよね!

V DE VINSTER – ワンピース ¥35000+tax 
MODERN WEAVING – バッグ ¥43000+tax 
SIGERSON MORRISON – シューズ ¥37000+tax 

スタッフ身長156cm

袖にボリュームもあって可愛らしさもありながら、程よい厚みのある素材が、

シルエットを女性らしく見せてくれます!

いかがでしたでしょうか。

お出掛けが楽しみになりますよね。

ぜひ、店頭に見にいらしてください。

スタッフ一同心よりお待ちしております。

元記事を見る

FRAMeWORK

「着心地」・・・素材へのこだわり~肌に触れたときの気持ち良さや風合いの美しさ~。
「不変的」・・・時代を超えて長く愛されてきたベーシックアイテムや技術の確かさが見える職人的なもの。
「機能的」・・・現代の女性のライフスタイルに合わせて、快適に過ごせるよう工夫されたもの。
これらをキーワードに常に幅広い視点を持ちながら時代の流れを捉えることができる大人の女性のためのデイリーユースアイテムを展開。

MORE FOR YOU

ベーシックでやや癖ありなシャツが新鮮! 秋におすすめのシャツ。
キャラメルバーをイメージ?VASICの新作バッグがかわいい!
この秋デニムはブラックが新鮮! オーストラリア発の〈ローラス〉の一本はいかが?
楽におしゃれが叶う、ヨーロッパ生まれのリブパンツ。

WHAT'S NEW

ベーシックでやや癖ありなシャツが新鮮! 秋におすすめのシャツ。
キャラメルバーをイメージ?VASICの新作バッグがかわいい!
この秋デニムはブラックが新鮮! オーストラリア発の〈ローラス〉の一本はいかが?
楽におしゃれが叶う、ヨーロッパ生まれのリブパンツ。
秋の羽織りにちょうどいい!アダム エ ロペのシャツカーディガンが気になる
このボーダー柄なら着こなせる! 秋を待たずに着たい〈ルミノア〉の別注カットソー
大人気のバッグブランド〈マラント〉。新入荷のミニポシェットも必見です!
大胆スポーティなタイトスカート。季節の変わり目に新鮮な一本はいかがでしょう?

RANKING

  1. カラー別!ダサ見えしない大人の旬パーカーコーデ25選
  2. 黒髪だからこそ似合う!「垢抜け黒髪スタイル」を叶えるピアス
  3. 旬をおさえた「黒ロングスカート」おすすめ秋コーデ23選
  4. ぬいぐるみってどう作るの?スヌーピーミュージアム「ぬいぐるみワークショップ」を体験!第2弾の開催も決定!
  5. やっぱり女は守られたい?それとも自立したい?ディオールとシャネルの関係 で見る20世紀半ばのファッション《連載:ファッションオタクのサーバエンジニアが見る女性とファッション・スタイルの文化史(3)》