FACY 1タップで 出会える 話せる

FASHION

夏の足元には「白」が効く。スッキリ抜け感をつくるサンダル7選

夏の太陽とマッチするのは、クリーンな印象のホワイトカラー。今回は、夏らしい抜け感を演出してくれるホワイトのサンダルをご紹介。コーディネートを夏っぽく仕上げてくれる優秀サンダルを、ぜひお見逃しなく。

メッシュデザインがアクセント


normal_98593943-1

ADAM ET ROPE’ FEMME – メッシュフラットサンダル ¥14,040(税込)

柔らかなゴートレザーをメッシュ状に編んだこちらのサンダルは、コーディネートのアクセントにぴったり。さっと履けるスリッパタイプのフラットサンダルなので、履きやすくデイリーに活躍してくれます。

足に吸い付くようなはき心地


normal_98593943-1

minorquines – AVARCA ¥9,180(税込)

職人によって作り上げられたサンダルの履き心地は、スペインのロイヤルファミリーからも支持を受けるほど。デイリー使いはもちろん、旅行やレジャーなど、たくさん歩く日にもってこいの一足です。

フラットなのにおしゃれ


normal_98593943-1

FREAK’S STORE – フラットクロス レザーサンダル ¥9,936(税込)

フラットサンダルにも関わらず、モダンで洗練された印象のこちらのアイテムは、どんなテイストにもマッチする優れもの。つま先から甲までストラップがあるため、安定感があるのも嬉しいポイントです。

厚底が今年っぽいスポーツサンダル


normal_98593943-1

PUMA – PLATFORM SLIDE WMNS ¥4,536(税込)

厚底デザインが今年らしいスリッパタイプのスポーツサンダル。カラーはホワイト一色なので主張し過ぎず、スカートなどのフェミニンアイテムとの相性も◎

ポップなカラーが大人気


normal_98593943-1

melissa – Papete+Rider Ad*extended sizing:サンダル ¥13,500(税込)

ユニークでポップなカラーリングで大人気のサンダルは、コーディネートの差し色として楽しむのがおすすめ。Tシャツとデニムのシンプルコーデに投入するだけで、一気に垢抜けた雰囲気に仕上がります。

コーデを格上げするスタイリッシュサンダル


normal_98593943-1

SOL SANA – Joan Espadrille:サンダル ¥19,440(税込)

カジュアルで取り入れやすいルックスながらも、履きやすさとクウォリティを追求した一足。サイドにあしらわれたジュートが夏っぽく、涼しげな印象を与えてくれます。

毎日履きたい楽チンさが魅力


normal_98593943-1

BIRKENSTOCK – Arizona ¥10,260(税込)

こちらのサンダルの底にはコルクが使用されており、汗ばむ夏でも快適に使用できるのがポイント。ミニ丈のサマードレスと合わせて、夏のフェミニンコーデを楽しんでみて。

足元に抜け感をプラスしてくれるホワイトサンダルは、今季大人気の予感。どんなコーディネートにもマッチするホワイトサンダルで、夏のおしゃれの幅をもっと広げてみて。

iOS/Android

MORE FOR YOU

脱コンサバ!〈アダム エ ロペ〉のサーマルカーディガンが今の気分です。
一つで二度おいしい、ミステリーランチのミニポーチ。
大人気!マラントのミニショルダーバッグが再入荷 #今コレが欲しい!
この秋はデニムが新鮮!〈フィルデフェール〉のロングワンピース

WHAT'S NEW

脱コンサバ!〈アダム エ ロペ〉のサーマルカーディガンが今の気分です。
一つで二度おいしい、ミステリーランチのミニポーチ。
大人気!マラントのミニショルダーバッグが再入荷 #今コレが欲しい!
この秋はデニムが新鮮!〈フィルデフェール〉のロングワンピース
タイのお米袋がおしゃれなトートバッグに! 夏のコーデに効果てきめんです。
ソリッドなのにどこか可愛い?ドクターマーチンの厚底サンダル #今コレが欲しい!
今すぐ着れて秋まで使える!〈ノンブル アンペール〉の刺繍入りロングブラウス
この夏のトレンドは?旬なアクセサリーとスタイリングが知りたい! #教えてショップスタッフ

RANKING

  1. カラー別!ダサ見えしない大人の旬パーカーコーデ25選
  2. 脱コンサバ!〈アダム エ ロペ〉のサーマルカーディガンが今の気分です。
  3. 代官山・恵比寿のレディースブランド・セレクトショップまとめ
  4. ネックレス、隠れがち。クルーネックTシャツに合うネックレスを教えて!
  5. デザインにおけるパクリの存在を認識した幼少期の話《水曜のケセラセラ》