FACY 1タップで 出会える 話せる

FASHION

一点投入で夏ムード。買い逃せない最新「かごバッグ」5選

季節にあったコーディネートを楽しむのが、おしゃれの醍醐味。そのためには、各シーズンを象徴するような小物使いがポイントになってきます。

中でも夏に持つ「かごバッグ」は、シーズンムードを盛り上げてくれる鉄板アイテム。ベーシックな装いに一点投入するだけで、着こなしの鮮度がぐっと上がりますよ。

人気アイテムが続々入荷!FACYでアイテム購入はこちらから

上級感ある個性派フォルム

normal_98593943-1

STREET LEVEL – カゴバッグ ¥9,720(税込)

魚籠(びく)を思わせる、ころんとしたボディが愛くるしいかごバッグ。ぱかっと開くフタも可愛いですね。パーツに革を使ったことで、大人っぽい上質感がUP。肩がけできるショルダーベルトも付いてきます。

海外セレブも愛用する、ただいま人気沸騰中のブランドです。

素材を活かしたシンプルトート

normal_98593943-1

SANRAMI – かごバッグ Sサイズ ¥6,372(税込)

すっかり定番となった「かごバッグ」を、よりカジュアルなトート型にアップデートした一品。ナチュラルな風合いで、リゾート感あふれるスタイルに仕上がります。

立体的な編み地を着こなしのアクセントに、代わり映えしない夏コーデに変化をつけて。

パッと目をひくラウンドボディ

normal_98593943-1

Laugoa – 別注 ラウンドトートバッグ ¥9,990(税込)

かご素材にクリアハンドルを組み合わせた、涼しげな佇まいのトートバッグ。レコードのような円盤型で、パッと目をひく、インパクトあるアイテムです。

実はマチの部分にもクリア素材を採用。すべてがクリアだと中の持ち物が見えてしまいますが、こちらは側面だけなので、使いやすいですね。

出かけたくなるPOPなバスケット

normal_98593943-1

NANNACAY – ワンハンドルレザーバッグ ¥25,920(税込)

バスケットの形をした、ワンハンドルのかごバッグ。ツイストパンのような三つ編みレザーハンドルに、ステッチが効いて、存在感を放ちます。

マチは13cmあるので、荷物もたっぷり収納OK!ポンポン付きの巾着はとり外しもでき、雰囲気を変えて楽しめます。

重厚感あるハンサムな佇まい

normal_98593943-1

Le Vernis – RATTAN CLASSIC BAG ¥18,144(税込)

籐をかっちりと編み上げた、クラス感あるハンドバッグ。レザーバックルとワンハンドルで、クラシックな印象をプラスしました。

ドクターズバッグのように口がガバッと開くので、荷物の出し入れもラク。底には鋲が打ってあり、しっかりと自立するのも嬉しいですね。

見慣れてしまったスタイリングや、ちょっと寂しい印象のとき。持って出かけるバッグを季節感あるものに変えるだけで、着こなしが華やぎます。

かごバッグならナチュラルな素材感で、どんなスタイルにも馴染むから使いやすいですね。さらに上級感を演出したいなら、ちょっぴり意外な組み合わせを狙うこと!

人気アイテムが続々プライスダウン!FACYセール開催中

MORE FOR YOU

ベーシックでやや癖ありなシャツが新鮮! 秋におすすめのシャツ。
キャラメルバーをイメージ?VASICの新作バッグがかわいい!
この秋デニムはブラックが新鮮! オーストラリア発の〈ローラス〉の一本はいかが?
楽におしゃれが叶う、ヨーロッパ生まれのリブパンツ。

WHAT'S NEW

ベーシックでやや癖ありなシャツが新鮮! 秋におすすめのシャツ。
キャラメルバーをイメージ?VASICの新作バッグがかわいい!
この秋デニムはブラックが新鮮! オーストラリア発の〈ローラス〉の一本はいかが?
楽におしゃれが叶う、ヨーロッパ生まれのリブパンツ。
秋の羽織りにちょうどいい!アダム エ ロペのシャツカーディガンが気になる
このボーダー柄なら着こなせる! 秋を待たずに着たい〈ルミノア〉の別注カットソー
大人気のバッグブランド〈マラント〉。新入荷のミニポシェットも必見です!
大胆スポーティなタイトスカート。季節の変わり目に新鮮な一本はいかがでしょう?

RANKING

  1. カラー別!ダサ見えしない大人の旬パーカーコーデ25選
  2. 黒髪だからこそ似合う!「垢抜け黒髪スタイル」を叶えるピアス
  3. 旬をおさえた「黒ロングスカート」おすすめ秋コーデ23選
  4. ぬいぐるみってどう作るの?スヌーピーミュージアム「ぬいぐるみワークショップ」を体験!第2弾の開催も決定!
  5. やっぱり女は守られたい?それとも自立したい?ディオールとシャネルの関係 で見る20世紀半ばのファッション《連載:ファッションオタクのサーバエンジニアが見る女性とファッション・スタイルの文化史(3)》