FACY 1タップで 出会える 話せる

FASHION

ラフなのにだらしなく見えない「ルーズTシャツ」コーデ

今年のトレンド、最大のテーマはリラックス感。そのためには、程よくルーズな着こなしがマストです。

ゆるっとしたシルエットが自慢の『FRAMeWORK』のオーバーサイズTシャツは、一点で「ルーズ感」をとり入れることができる優れもの。今年らしい着こなしには欠かせない、頼れるトップスです。

人気アイテムが続々入荷!FACYでアイテム購入はこちらから

女性らしいデコルテまわりに

FRAMeWORK – ルーズTee ¥8,640(税込)

フェミニンなネックラインが魅力のコットンTシャツ。その名も「ルーズTee」というくらい、今年らしい、こなれたムードがコンセプト。長い着丈にゆったりとしたシルエットが、ルーズ感と抜け感を醸し出します。

大胆にデコルテを見せる分、袖は長めの丈感で落ち着いた印象に。時には肩を抜いて、トレンドのワンショルダー風に着こなすのもあり。

肌の露出はやや多めですが、ネックラインは横に広くあいているので、あくまでヘルシーな印象で着られます。媚びないシックなブラウンも、大人っぽく見せる重要なポイント。

裾にはサイドスリットが入っているので、フロントインが手軽に叶います。リボンのついたホワイトパンツには、腰の結び目を見せるように、片側だけ裾インするとこなれた雰囲気に。程よく着崩した感じが、旬のムードを加速させます。

こちらのベージュカラーは、雰囲気のあるハットを合わせて、アースカラーでまとめると粋。

落ち着いた色合わせですが、こんな時こそTシャツの肩を落してワンショルダーにすれば、ぐっと女っぽいイメージで着られます。

ボトムにはスリットの入りタイトスカートを選んで、大人の女性らしさをひき出して。足もとにあえてアウトドア系のサンダルを合わせると、MIX感のある、絶妙なカジュアルスタイルが完成します。

爽やかなホワイトからは、イノセントな雰囲気が漂います。ヘアスタイルはダウンで、ちょっぴり気怠い感じを演出してもいいですね。

華やかな柄パンツを合わせたら、裾は外に出して、だぼっと着るのがおすすめ。サンダルはフラットでも、少しドレッシーなものをセレクトして。

エレガントなボトムにあえてコットンの巾着を合わせて洒落を効かせるのは、上級向けのスタイリングテクニック。

「ルーズ感」と「だらしなさ」の違いはまさに紙一重だから、着こなすためは慎重さが必要です。とくに大人の装いにおいては、どんなテイストだろうと「清潔感」がマストだから、難しいところ。

テク要らずで、程よいリラックススタイルをつくってくれる「ルーズTシャツ」。この機会にぜひ、手に入れておきたいですね。

人気アイテムが続々プライスダウン!FACYセール開催中

MORE FOR YOU

今年の夏はシャツが着たい!おすすめはこの3枚。
アンダー5千円で発見。トレンドも押さえたファッションサングラス。
非Tシャツ派にも薦めたい〈アメリカーナ〉の別注フットボールTシャツ!
今年欲しいのはコレ!アダム エ ロペの夏ワンピースをチェック。

WHAT'S NEW

今年の夏はシャツが着たい!おすすめはこの3枚。
アンダー5千円で発見。トレンドも押さえたファッションサングラス。
非Tシャツ派にも薦めたい〈アメリカーナ〉の別注フットボールTシャツ!
今年欲しいのはコレ!アダム エ ロペの夏ワンピースをチェック。
たまにはプリントTも! ゆる〜いムード漂う4枚。
夏のお出かけ感をアップ!〈ヤーキ〉のレザー巾着バッグ
見た目も新鮮!ビュレのベルトトートバッグ #今コレが欲しい!
夏の足元を支えるご機嫌なサンダル4足

RANKING

  1. おしゃれの敵…!汗染みが目立たない服選びのポイント6つ
  2. 今年の夏はシャツが着たい!おすすめはこの3枚。
  3. 写真家・森栄喜が詩で挑む新たな表現『A Poet : We See a Rainbow』
  4. 代官山・恵比寿のレディースブランド・セレクトショップまとめ
  5. アンダー5千円で発見。トレンドも押さえたファッションサングラス。