FACY 1タップで 出会える 話せる

FASHION

ラフなのにちゃんと女らしさが叶う「抜け感アーミーシャツ」

メンズライクな上着に注目が集まるこの秋、いち早く使える「BIGシルエットのシャツ」は、初めに押さえるべきライトアウターかもしれません。

メンズライクなアイテムを選ぶときには、女性らしく着こなすためのデザインに長けた『Plage』がおすすめです。

人気アイテムが続々入荷!FACYでアイテム購入はこちらから

アーミーシャツも「女らしく」が鉄則

Plage – アーミーシャツ ¥20,520(税込)

着まわしやすくアレンジの効く「ミリタリーシャツ」は、あると便利な鉄板アイテム。

『Plage(プラージュ)』が提案する一枚は、今年らしいBIGシルエットが”大人のリラックス感”を演出。さっと袖を通すだけでも、十分こなれた感じに仕上がります。

えりを立ててもこなれた雰囲気に。きれい目シャツでは決まりすぎてしまう”えり立て”も、ミリタリーテイストのシャツならこんなにも自然。片側だけ”シャツイン”するのは、スタイルアップを狙ったテクニック。

上下をベージュでまとめた意外性のあるコーディネートなら、誰でもたちまちおしゃれ上級者。アニマル柄のバッグをポイントにすると、全体がほんのりひき締まります。

シャツよりやや厚手の生地感に、たっぷりとした身幅があるので、秋のアウター代わりにも使えます。

本格的なアウターの重みやごわつきが苦手な方は、まずはこんなシャツを羽織って寒さをしのぐのがおすすめ。

ストレートジーンズにレザーを効かせた、メンズライクなコーディネート。小物をブラウンのレザーで統一したことで、より無骨な感じが出ています。

「丸縁メガネ」などのちょっぴりファニーな小物で遊べるのも、シンプルなスタイルだからこそ。

うしろ裾はヒップを覆うほど長いから、身体のラインも気にしなくてOK。

“えり抜き”をするときは、思い切って後ろに引いて。ヘアスタイルはアップにまとめて、うなじを見せると女っぽさが倍増します。

やんちゃな「ミリタリーテイスト」を大人が乗りこなすには、なんと言っても「シャツ」が手軽。

ざっくりと羽織るのはもちろん、ボタンをひとつ開けて”えり抜き”をしたり、袖をたくし上げたりして「いかに着崩すか」が着こなしのポイントになってきます。

MORE FOR YOU

今年の夏はシャツが着たい!おすすめはこの3枚。
アンダー5千円で発見。トレンドも押さえたファッションサングラス。
非Tシャツ派にも薦めたい〈アメリカーナ〉の別注フットボールTシャツ!
今年欲しいのはコレ!アダム エ ロペの夏ワンピースをチェック。

WHAT'S NEW

今年の夏はシャツが着たい!おすすめはこの3枚。
アンダー5千円で発見。トレンドも押さえたファッションサングラス。
非Tシャツ派にも薦めたい〈アメリカーナ〉の別注フットボールTシャツ!
今年欲しいのはコレ!アダム エ ロペの夏ワンピースをチェック。
たまにはプリントTも! ゆる〜いムード漂う4枚。
夏のお出かけ感をアップ!〈ヤーキ〉のレザー巾着バッグ
見た目も新鮮!ビュレのベルトトートバッグ #今コレが欲しい!
夏の足元を支えるご機嫌なサンダル4足

RANKING

  1. 写真家・森栄喜が詩で挑む新たな表現『A Poet : We See a Rainbow』
  2. 今年の夏はシャツが着たい!おすすめはこの3枚。
  3. ネックレス、隠れがち。クルーネックTシャツに合うネックレスを教えて!
  4. おしゃれの敵…!汗染みが目立たない服選びのポイント6つ
  5. アンダー5千円で発見。トレンドも押さえたファッションサングラス。