FACY 1タップで 出会える 話せる

FASHION

これを選べば間違いない!プロがおすすめする12月の完売予報アイテム

今年もいよいよ残りわずかとなり、お買い物納めに何を買うか迷うところ…。そこで今回は、各ブランドのプレスやディレクターなどファッションのプロが選ぶ「完売予報アイテム」を特集!それぞれの人気ポイントと共にご紹介します。

どれもトレンド感がありながら使いやすく、問い合わせが多いのも頷けるアイテムたち。セール前に売り切れてしまう可能性大ですよ!

何年先も使える美人コート


Plage – ハミルトンコクーンコート2 ¥58,300(税込)

Plageプレス:森次さん

滑らかで軽いのに保温性が高いハミルトンウールをたっぷりと使用したコート。前回入荷した際もすぐに完売してしまった人気アウターです。コクーンシルエットで中に厚手のニットが着れるところも嬉しいポイント!

オーバーサイズでもだらしなく見えず、上品に着られるコートは大人なら1枚は持っておきたいところ。絶妙なコクーンシルエットは羽織るだけで旬見えを叶えてくれます。どんなコーデにもマッチするので、飽きずに何年先も着られるのも嬉しい!

大人の洗練ダウンコート


FRAMeWORK – フードダウン ¥49,500(税込)

FRAMeWORKプレス:中村さん

昨年
とても好評いただいていたダウンが新色を加えて今年も登場!襟の取り外しが可能なのでコーディネートによって着こなしを変えることができる万能ダウンです。

シンプルなのにちゃんとおしゃれ見えが叶うこだわりのダウンコート。ゆとりのある作りで厚手ニットも楽々。きれい目にもカジュアルにも合わせやすく、オンオフ活躍してくれます。 少し高めのスタンドカラーでマフラーがなくてもあったか!

目を引く華やかニット

NOMBRE IMPAIR – スラブヤーンJQ クルーネックカーデ ¥15,400(税込)

NUMBER 代官山スタッフ:涌井さん

パッと華やかな大柄のジャカードが、コーディネートに映える主役ニット。よく見ると糸の種類を変えたり、定番だからこそディテールにポイントを入れています。フロントはすっきりホックで留まる、ちょっとした洗練感が大人コーデにぴったり。

暗くなりがちな冬コーデを明るく華やかに見せてくれるニットはワードローブに追加しておきたいところ。いち押しのホワイトは優しげムードで女らしさUP!休日コーデのスタメンになること間違いナシ。

旬見えなもこもこアウター

STAND – Chloe Jacket ¥48,400(税込)

ADAM ET ROPE’プレス:神谷さん

エフォートレスでシンプルなデザインが特徴のアウターブランド。エコファーですが、ラグジュアリー感のある上質な素材で、気軽に取り入れやすいプライスレンジとデザインでとても人気です。柔らかくて軽いので、着心地も抜群です!

スウェーデン発のブランド『STAND(スタンド)』のなんとも可愛いエコファーアウター。デザイン性の高さや着心地に定評があり、北欧らしいシンプルさが人気!

まるでテディベアみたいにキュート!旬のミドル丈で、どんなボトムスとも相性抜群です。

この冬、どれもヘビロテ確実な人気アイテムたち。完売してしまう前に是非チェックしてみてくださいね!

MORE FOR YOU

ベーシックでやや癖ありなシャツが新鮮! 秋におすすめのシャツ。
キャラメルバーをイメージ?VASICの新作バッグがかわいい!
この秋デニムはブラックが新鮮! オーストラリア発の〈ローラス〉の一本はいかが?
楽におしゃれが叶う、ヨーロッパ生まれのリブパンツ。

WHAT'S NEW

ベーシックでやや癖ありなシャツが新鮮! 秋におすすめのシャツ。
キャラメルバーをイメージ?VASICの新作バッグがかわいい!
この秋デニムはブラックが新鮮! オーストラリア発の〈ローラス〉の一本はいかが?
楽におしゃれが叶う、ヨーロッパ生まれのリブパンツ。
秋の羽織りにちょうどいい!アダム エ ロペのシャツカーディガンが気になる
このボーダー柄なら着こなせる! 秋を待たずに着たい〈ルミノア〉の別注カットソー
大人気のバッグブランド〈マラント〉。新入荷のミニポシェットも必見です!
大胆スポーティなタイトスカート。季節の変わり目に新鮮な一本はいかがでしょう?

RANKING

  1. カラー別!ダサ見えしない大人の旬パーカーコーデ25選
  2. 黒髪だからこそ似合う!「垢抜け黒髪スタイル」を叶えるピアス
  3. 旬をおさえた「黒ロングスカート」おすすめ秋コーデ23選
  4. ぬいぐるみってどう作るの?スヌーピーミュージアム「ぬいぐるみワークショップ」を体験!第2弾の開催も決定!
  5. やっぱり女は守られたい?それとも自立したい?ディオールとシャネルの関係 で見る20世紀半ばのファッション《連載:ファッションオタクのサーバエンジニアが見る女性とファッション・スタイルの文化史(3)》