FACY 1タップで 出会える 話せる

FASHION

下半身すらり。不思議と細見えが叶う「大人のためのスカート」

つやのある女性らしい質感で、シーズンレスに活躍してくれるマキシ丈スカート。

下半身のシルエットに悩みを持つ大人には、ちょっぴりハードルの高かったタイトシルエット。こちらのアイテムなら、不思議とすっきり収まって、スタイルをより美しく見せてくれますよ。

誰でもラクしてスタイルアップ!

(¥16,500 / FRAMeWORK 博多店)

通常より甘く織り上げることで、ソフトな風合いを表現したマキシ丈スカート。厳選した糸で仕立てたサテン地は、品のある光沢が印象的です。

シルエットはいつもよりスマートに見せてくれるIライン。腰まわりに程よくゆとりがあるので、リラックス感のある着心地。ウエストはうしろ側だけがゴム仕様で、裾のフロントインも綺麗に決まります。

マキシ丈のいいところは、どんなシューズと合わせても好相性なこと!たとえばラフなミュールでも、マキシ丈なら肌を見せすぎないので、ぐっと上品に着こなせます。

オーバーサイズのパーカーを組み合わせて、上下ともゆったりとしたシルエットを楽しむのもあり。直線的なマキシスカートは、通常大人っぽいイメージですが、こちらのデザインならカジュアルトップスとのとり合わせも新鮮です。

うしろ裾にはスリットが入っていて、足さばきがラク。バックスタイルに程よい“抜け感”も生まれます。

こちらの〈ナチュラル〉はブラウンとの組み合わせやワンカラーコーデ、モノトーンコーデなど、旬の着こなしに使えるのも高ポイント。

バレエシューズを合わせれば、たちまち可愛らしい雰囲気に。

お買いものやイベントで、たくさん歩く日におすすめしたい大人のリラックススタイルです。

トップスの裾をそのまま出して、ルーズに着るのが今の気分。一見重心が下がってしまうような気もしますが……実は腰の位置があいまいになることで、逆にスタイルアップが叶います。

ボディラインを拾わないから、気になる下半身をきれいにカバーし、すっきりと縦長に見せてくれる効果も。「タイトスカートなんてとても穿けない!」そんな皆さんこそ、試す価値のある一着です。

暖かくなったらサンダルを合わせても素敵。幅広いシーズンに対応するポリエステル素材で、これから夏まで、長い間活躍します。

こちらの〈キャメル〉は、晩夏から秋の初めにもお似合い。〈ナチュラル〉の方は、冬の定番ニットスタイルをアップデートするのに重宝します。

あらゆるテイストにマッチする柔軟なデザインだから、一枚持っているだけで、着こなしの幅をぐんと広げてくれますよ。最近着こなしがマンネリ化していると感じた方は、ぜひチェックしてみて。

今までスカートはミモレ丈ばかり……そんな皆さんには、とくにイチ押しです。

MORE FOR YOU

ベーシックでやや癖ありなシャツが新鮮! 秋におすすめのシャツ。
キャラメルバーをイメージ?VASICの新作バッグがかわいい!
この秋デニムはブラックが新鮮! オーストラリア発の〈ローラス〉の一本はいかが?
楽におしゃれが叶う、ヨーロッパ生まれのリブパンツ。

WHAT'S NEW

ベーシックでやや癖ありなシャツが新鮮! 秋におすすめのシャツ。
キャラメルバーをイメージ?VASICの新作バッグがかわいい!
この秋デニムはブラックが新鮮! オーストラリア発の〈ローラス〉の一本はいかが?
楽におしゃれが叶う、ヨーロッパ生まれのリブパンツ。
秋の羽織りにちょうどいい!アダム エ ロペのシャツカーディガンが気になる
このボーダー柄なら着こなせる! 秋を待たずに着たい〈ルミノア〉の別注カットソー
大人気のバッグブランド〈マラント〉。新入荷のミニポシェットも必見です!
大胆スポーティなタイトスカート。季節の変わり目に新鮮な一本はいかがでしょう?

RANKING

  1. カラー別!ダサ見えしない大人の旬パーカーコーデ25選
  2. 黒髪だからこそ似合う!「垢抜け黒髪スタイル」を叶えるピアス
  3. 旬をおさえた「黒ロングスカート」おすすめ秋コーデ23選
  4. ぬいぐるみってどう作るの?スヌーピーミュージアム「ぬいぐるみワークショップ」を体験!第2弾の開催も決定!
  5. やっぱり女は守られたい?それとも自立したい?ディオールとシャネルの関係 で見る20世紀半ばのファッション《連載:ファッションオタクのサーバエンジニアが見る女性とファッション・スタイルの文化史(3)》