FACY 1タップで 出会える 話せる

FASHION

女っぽさもおしゃれ感も盛れる!春のボーダー着こなし術

春といえばパーカーやチノパン、トレンチコートと並んで、ボーダートップスが活躍する季節。皆さんもこれまで、なんども袖を通してきたのではないでしょうか。

ベーシックアイテムだからこそ、「旬」を意識して着こなすのが重要です。ボーダーの今っぽい着こなしを、一緒に考えてみましょう。

盛れるボーダー、見つけた!

(¥17,600 / Plage ルクアイーレ)

今シーズン『Plage(プラージュ)』が提案するのは、こんなボーダーニット。女っぽい“抜け感”を表現する、肩のデザインがなにより印象的です。

身体が泳ぐゆとりシルエットは、今年らしいリラックス感を演出。 ワイドにスリム……どんなボトムスともバランス良く決まり、飾らないのにどこかレディな、旬の着こなしをつくってくれます。

春の気分を盛り上げる〈グリーン〉には、ライトブルーのデニムを合わせ、とことん爽やかに着こなしたいところ。明るいグリーンのカーディガンを腰巻きして、シンプルな着こなしに華やかさをプラス。

小物はすべてブラウンで、統一感を持たせるのがベター。

こちらも春らしい、パッと目をひくフレッシュな〈ピンク〉。身にまとうだけで気分も上がります。

ちょっぴり個性的なピンクボーダーを使って、ボーダートップスの定番マリンスタイルに挑戦してみましょう!

麻の質感が大人っぽい「イージーパンツ」に、ボーダーニットをIN。仕上げに「マリンキャップ」を被ります。ハイウエスト効果で、スタイル抜群の着こなしが出来上がりました。サンダルは肌なじみの良い色を選ぶと、いっそうスタイルアップ!

今年はマリンスタイルも、白の分量多めでどうぞ。

コンサバ派におすすめしたい、ベーシックな〈ネイビー〉。ネイビー地に白いラインの入ったボーダーは、白ボトムを合わせて、上下のつなぎ目を自然に見せるのがテクニック。これでトップスの裾を外に出したときにも、バランス良く着られます。

手首にはゴツめアクセサリーをプラスして、ぴりりとエッジを効かせて。

軽やか素材のフレアスカートは、カジュアルなボーダーと一緒に着ることで甘さひかえめに。

あえて袖をまくらずに着れば、上品な雰囲気がUPします。きちんとした場にも好まれるボーダーコーデが完成しました。

カジュアルなはずの「ボーダーニット」。ちょっとデザインを加えただけで、こんなに盛れるアイテムに変わるんですね。デコルテをちら見せすれば、ありふれた着こなしもほんのりセンシュアルに。

肩のボタンを留めて、ベーシックなボーダートップスとしても使えるのが嬉しいポイントです。

MORE FOR YOU

今年の夏はシャツが着たい!おすすめはこの3枚。
アンダー5千円で発見。トレンドも押さえたファッションサングラス。
非Tシャツ派にも薦めたい〈アメリカーナ〉の別注フットボールTシャツ!
今年欲しいのはコレ!アダム エ ロペの夏ワンピースをチェック。

WHAT'S NEW

今年の夏はシャツが着たい!おすすめはこの3枚。
アンダー5千円で発見。トレンドも押さえたファッションサングラス。
非Tシャツ派にも薦めたい〈アメリカーナ〉の別注フットボールTシャツ!
今年欲しいのはコレ!アダム エ ロペの夏ワンピースをチェック。
たまにはプリントTも! ゆる〜いムード漂う4枚。
夏のお出かけ感をアップ!〈ヤーキ〉のレザー巾着バッグ
見た目も新鮮!ビュレのベルトトートバッグ #今コレが欲しい!
夏の足元を支えるご機嫌なサンダル4足

RANKING

  1. おしゃれの敵…!汗染みが目立たない服選びのポイント6つ
  2. 今年の夏はシャツが着たい!おすすめはこの3枚。
  3. 写真家・森栄喜が詩で挑む新たな表現『A Poet : We See a Rainbow』
  4. 代官山・恵比寿のレディースブランド・セレクトショップまとめ
  5. アンダー5千円で発見。トレンドも押さえたファッションサングラス。