FACY 1タップで 出会える 話せる

FASHION

東京産の豚革で作るアクセサリー Selieu が咲かせる魅力とは。

淡い色彩の花や蕾、キラキラ揺れる天然石。見る人に安心感を与える不思議な魅力を放つSelieuのジュエリー。この優しい花たち、実はピッグスキン=豚革から作られています。

豚革の名産地・東京

豚革の主な生産地が東京というのはご存知でしょうか。墨田区は関東近辺で出荷される食用の豚からとれる残りの皮を加工し、豚革を作る工場が集まる地域。塩漬けされた皮をなめす(腐らなくする)ことで革の状態へ加工し、染色するまでの工程が工場では行われています。国内で生産される豚革のほとんどは墨田区生まれ。

豚革は背中、足、お尻の部分に分かれていて、牛や馬など他の革と比べると柔らかで薄く染色しやすいのが特徴。革の裏側であるスウェード部分は毛足が短くふわふわして触り心地も良い。その柔らかさと通気性の良さから靴のインナーやカバンの内側などに使用され、脇役になることが多かった豚革をアクセサリーに昇華させたのがSelieuでした。

染色された色とりどりの豚革サンプル

Selieuは2012年からスタートしたハンドメイドのジュエリーブランド。革というハードな印象の素材を用いながらも、女性らしい華奢で繊細なジュエリーを展開しています。

元々店舗設計などを行っていたというデザイナーの田口朋子さん。豚革との出会いは趣味のコサージュ作りでした。布でコサージュを作っていた時、試しに革の端切れを入れてみたら素材感のコントラストが面白く、ホームセンターで様々な種類の革を購入し実験した結果、しなやかで鮮やかな豚革にたどり着きます。購入した革の販売元を見て、墨田区の工場の存在、豚革が東京の副産物であるということを知ったそう。

ちなみに古くから豚革の生産地として賑わってきた墨田区ですが、昨今は騒音や匂い、職人の高齢化などの問題で工場が減りつつあり、今では豚革なめし工場は10軒ほどしかありません。

一枚の革が花になるまで

Selieuの特徴である今にも咲きそうな蕾や鮮やかな花、これらはすべて手作業で作られています。

基礎となるパーツは職人さんに作ってもらったオリジナルの金型とプレス機を使用してくりぬかれていきます。細かいものは小指の爪ほどの大きさ。四つ葉にくりぬいたパーツを金属のコテで押し付けながら、花びらになるよう一枚一枚丸めていきます。水を含ませ柔らかくした豚革はくるくると花びらに変化していき、異なる大きさを組み合わせて最後にコーティングをすることで、写真のような蕾のパーツが完成します。

パンチングした後の豚革はまるでレースのようで、これだけでも何か作れそうな予感がしませんか?柔らかな豚革にオリジナルの金具、繊細な手作業の連続。そうして出来上がるSelieuのジュエリーは、まさに職人技が集結した作品なのです。

女性らしさを引き立たせる淡い色合いが出せるのも、薄い豚革だからこそ。作品に多く使用される花は、田口さんのお気に入りのモチーフ。甘すぎず革特有のかっちりとした雰囲気を持ち合わせる、独特の花を咲かせてくれます。

今後は現在展開しているピアスやリング、ネックレスなどに加えコサージュ、18金を使用した大人向けのアイテムなどラインナップを増やしていくそう。東京の隠れた副産物、豚革。Selieuのジュエリーで豚革の新たな魅力を肌で感じてみてください。

関連記事: 「 Selieu 花咲くレザー 」

 Selieu

2012年スタート。日常のささやかな自然をモチーフに、女性の可愛らしさとしなやかさのバランスを大切に表現するジュエリーブランド。柔らかな良質の国産のピッグスキン、天然石やパールなどを用い、質感や色を楽しむジュエリーが揃う。

 HPFacebook / Instagram

Text. Azu Satoh

MORE FOR YOU

ラスカ(LASKA)は大人女子におすすめダウンジャケット
そろそろ春っぽく着たいチャンピオン(CHAMPION)のスウェット
コーディネートを引き締めるアウトドアプロダクツ(OUTDOOR PRODUCTS)のバッグ
メンズライクの定番ブーツブランドストーン(BLUNDSTONE)

WHAT'S NEW

ラスカ(LASKA)は大人女子におすすめダウンジャケット
そろそろ春っぽく着たいチャンピオン(CHAMPION)のスウェット
コーディネートを引き締めるアウトドアプロダクツ(OUTDOOR PRODUCTS)のバッグ
メンズライクの定番ブーツブランドストーン(BLUNDSTONE)
ユニクロ(UNIQLO)とのコラボ追うだけじゃ勿体ないマルニ(MARNI)のバッグ
ゴープコアでも見逃せない!デサントオルテラインマウンテニア(DESCENTE ALLTERRAIN MOUNTAINEER)
春にむけた足元はビルケンシュトック(BIRKENSTOCK)で
おしゃれ女子の足元はクラークス(CLARKS)

RANKING

  1. そろそろ春っぽく着たいチャンピオン(CHAMPION)のスウェット
  2. コーディネートを引き締めるアウトドアプロダクツ(OUTDOOR PRODUCTS)のバッグ
  3. メンズライクの定番ブーツブランドストーン(BLUNDSTONE)
  4. ユニクロ(UNIQLO)とのコラボ追うだけじゃ勿体ないマルニ(MARNI)のバッグ
  5. おしゃれ女子の足元はクラークス(CLARKS)