FACY 1タップで 出会える 話せる

ARTICLE

新年は新しいVANS(ヴァンズ)で迎える

プレミアムショップの商品を問合せ、取置き、即日配送できるFACYは、1月10日から31日までお年玉イベントを開催!クーポンOTOSHIDAMA23で店頭価格から更に10%OFF。加えて、ダブルチャンスで、お年玉ページから友達にイベントを知らせると、もれなく自分も友達も500円~5000円のクーポンが付与されます。お得です。今日は、参加店舗からVANS(ヴァンズ)のスニーカーをご紹介。新しいスニーカーを履き下ろすのは、いつだって気分の良いものです。特にVANS(ヴァンズ)は近年アニマルパックという干支をモチーフにしたスニーカーも展開しています。今回は、そんなVANS(ヴァンズ)から注目のモデルを集めました。是非、この機会にプレミアムショップの商品を、問い合わせ、取り置き、即日配送できるFACYをダウンロードを。

iOSアプリ
https://onl.tw/NaSPa3L

Androidアプリ
https://onl.tw/EF34fJY

VANS(ヴァンズ)/ AUTHENTIC 44 DX

まずはVANS(ヴァンズ)で欠かせないのが、オーセンティック(AUTHENTIC)。元々、VANS(ヴァンズ)は1966年にカルフォルニア州アナハイムで誕生しました。創業者ポール・ヴァン・ドーレン(Paul Van Doren)(※2021年に亡くなっています)が、3人のパートナーとともに始めたので、「Vanとその仲間たち」を意味するVANSとなりました。今ではスケートシューズとして、絶大なブランドを築いていますが、最初はラバーソールのカスタムオーダーできる小さなお店。そんな初期に誕生したのが、#44というスニーカーで、現在はオーセンティック(AUTHENTIC)と呼ばれるモデルです。そのような背景から、シンプルながらレトロな雰囲気が魅力的で、流行の古着スタイルにもよく合います。通常モデルと違い、アッパーとソールの境にある黒のラインが太く、かかとのステッチが4本になっているのがポイント。

VANS(ヴァンズ) AUTHENTIC 44 DX 詳細をチェック!

VANS(ヴァンズ)/ ERA(TRUE WHITE)

1970年代になると、VANS(ヴァンズ)のスニーカーを愛好するアメリカ西海岸のサーファーに、スケートボードブームが到来します。元々は、サーフィンの際に、着脱がしやすく、滑りにくいラバーソールのデッキシューズとしての印象が強かったVANS(ヴァンズ)が、一気にスケーターの間でも広がります。1976年には、次の代表的なモデル、ERA(エラ)が誕生します。当時のトップスケーターだったトニー・アルバ(Tony Alva)とステイシー・ペラルタ(Stacy Peralta)が、オーセンティック(AUTHENTIC)の履き口に補強用の綿入りパッドを入れていたのに着想を得て、オーセンティック(AUTHENTIC)をベースに、履き口周りにパッドを加え、よりスケートの激しい動きをサポートするモデルを作りました。一方、シンプルなルックスは損なわれていないので、ストリートだけではなく、様々なシーンにマッチするスニーカーです。

VANS(ヴァンズ) ERA(TRUE WHITE) 詳細をチェック!

VANS x NEEDLES(ヴァンズ x ニードルス)/ ERA/SLIPON

着脱の容易さと言えば、スリッポン(SLIP-ON)を想像する人も多いのではないでしょうか?CLASSIC SLIP-ON(クラシック スリッポン)は、ERA(エラ)の翌年1977年に生まれました。そんなブランドを代表する定番モデルの2つが左右非対称に味わえるスニーカーもあります。ニードルス(NEEDLES)とのコラボレーションモデルERA/SLIPONです。左足がERA(エラ)、右足がスリッポン(SLIP-ON)になっており、アッパーはスウェードを採用しているので大変雰囲気のある一足に仕上がっています。

VANS x NEEDLES(ヴァンズ x ニードルス) ERA/SLIPON 詳細をチェック!

VANS(ヴァンズ)/ OLDSKOOL PIG SUEDE

スリッポン(SLIP-ON)と同じ1977年に、今のVANS(ヴァンズ)を代表するモデル、オールドスクール(OLD SKOOL)が誕生します。当時、スケートボード人気が高まるとともに、ブランド認知も上がりましたが、追随するスニーカーブランドとの差別化を図る必要が出てきました。側面の波を連想させるような曲線、ジャズ・ストライプ(jazz stripe)」が初めて施されたモデルです。今でもブランドのアイコンが詰まったモデルとして、高い人気を誇ります。厚みのあるソールが醸し出すノスタルジックなルックスは、リラックスした大人のスニーカースタイルに非常に合います。

VANS(ヴァンズ) OLDSKOOL PIG SUEDE 詳細をチェック!

VANS(ヴァンズ)/SK8-LOW EXCLUSIVE

お待たせしました。1978年には、ジャズストライプ(jazz stripe)を使用したセカンドモデルとして、現在のSK8-HI(スケートハイ)の元になった、Style 38が誕生します。つま先やかかとなど、スケートをする際に擦れやすい部分にはスウェードを使用し、今でもVANS(ヴァンズ)のスケートラインを代表するモデルです。ハイカットスニーカーは、単品として好きだけどどのようにスタイリングしていいか分からない人も多いと思うので、ここではローカットにアレンジしたSK8-LOW(スケートロウ)の限定モデルを推します。VANS(ヴァンズ)のスケートラインの特徴であるフィット感や、スエードとキャンバスの王道コンビネーションが上品にまとまっています。

VANS(ヴァンズ) SK8-LOW EXCLUSIVE 詳細をチェック!

VANS(ヴァンズ)/SK8-Low x KAZUKI KURAISHI

近年では、積極的にクリエーターやメゾンともコラボレーションに取り組んでおり、世界のストリートカルチャーを代表する倉石一樹氏がグラフィックを配したSK8-Low(スケートロウ)もあります倉石氏が好きな1980年代から1990年代のスケートグラフィックの中から、イメージをチョイス。折衷的に組み合わせたデザインになっています。

VANS(ヴァンズ) SK8-Low x KAZUKI KURAISHI 詳細をチェック!

いかがでしょうか?今回は、ヴァンズ(VANS)のスニーカーを紹介しました。是非、この機会にプレミアムショップの商品を、問い合わせ、取り置き、即日配送できるFACYをダウンロードを。

iOSアプリ
https://onl.tw/NaSPa3L

Androidアプリ
https://onl.tw/EF34fJY

MORE FOR YOU

ザ ノースフェイス(THE NORTH FACE)のダウンジャケットで楽しむゴープコア
冬のキャンプ最強ダウンのナンガ(NANGA)
釣りガール注目のダウンジャケット ダイワピア39(DAIWA PIER39)
今一番入手が難しいダウン ダイワピア39(DAIWA PIER39)

WHAT'S NEW

ザ ノースフェイス(THE NORTH FACE)のダウンジャケットで楽しむゴープコア
釣りガール注目のダウンジャケット ダイワピア39(DAIWA PIER39)
コーディネートにも取り入れたい機能性スカーフ
ポロ ラルフ ローレン(POLO RALPH LAUREN)はメンズライクに
古着っぽく取り入れたいカーハートダブリューアイピー(CARHARTT WIP)
トラッド以外にもバブアー(BARBOUR)が人気の理由
スニーカーの次にパラブーツ(PARABOOT)を履く理由
都会で見せるカナダグース(CANADA GOOSE)の新しい魅力

RANKING

  1. 釣りガール注目のダウンジャケット ダイワピア39(DAIWA PIER39)
  2. ポロ ラルフ ローレン(POLO RALPH LAUREN)はメンズライクに
  3. コーディネートにも取り入れたい機能性スカーフ
  4. 古着っぽく取り入れたいカーハートダブリューアイピー(CARHARTT WIP)
  5. FACYからのお年玉!1月10日から10%オフ 更に友達紹介で最大5000円割引をゲット!