FACY 1タップで 出会える 話せる

LIFE & CULTURE

夢のトリュフづくしをお手軽に!フランス発のトリュフ専門店「Artisan de la Truffe Paris」が日本初上陸

キャビア・フォアグラと並ぶ世界三大珍味の一つで、その希少性と品のある香りから「黒のダイヤモンド」と評されるトリュフ。高級レストランでも中々お目にかかれないほどの食材ですが、いつかお腹いっぱい堪能してみたい…。そんな誰もが一度は考える夢が叶うお店「Artisan de la Truffe Paris(アルティザン ドゥ ラ トリュフ パリ)」が7月14日(金)にオープン!

Artisan de la Truffe Parisは、トリュフをふんだんに使った本格料理がお手頃な価格で楽しめるパリ発のトリュフ専門店。初となる日本旗艦店は東京ミッドタウン・ガーデンテラスに出店しました。今回は、記念すべきオープンに先立って行われた試食会の模様をお伝えします。

パリ本店にいるかのようなシックな内装

店内はパリの本店と同じインテリアを使用したシックな内装。69席のゆとりあるスペースに、木の温もりとコンクリートのマットな質感が入り混じったリラックス感のある空間となっています。

テラスも広々と46席。夜になるとミッドタウンの豊かな緑に六本木のビル群が映えます。春にはライトアップされた満開の桜を眺めながら、お酒とトリュフを堪能する…なんてロマンチックなプランも実現可能!新しいデートスポットとしてもぴったりです。

とことんトリュフを楽しんで!

料理に使われるトリュフのほとんどを南フランスのプロヴァンス地方から取り寄せているので、味や香りはもちろん一級品。カジュアルなお値段からは想像できないほどのふんだんなトリュフの量もArtisan de la Truffe Parisならではです。


まず最初に頂いたのは、香ばしい香りとカリッモチッな食感がたまらないバゲット。黒トリュフ風味の特製オリーブオイルやバルサミコと、フランス産のサマートリュフが加えられたゲランド塩で味わえます。ほんの少量つけるだけで口の中はオリーブとトリュフの香りでいっぱいに。これだけでもスパークリングワインが止まりません!

アミューズとして登場したこちらの料理はスクランブルエッグ。殻の中にはとろりとした黄身と大胆にスライスされたトリュフ、サクサクとした食感の岩塩が詰まっています。卵黄のまったりとした味わいと惜しみないトリュフに岩塩の塩気がベストマッチ。今までに食べたスクランブルエッグは何だったのかと思うほど新鮮な一皿です。写真は試食用の一口サイズですが、実際はより大きいサイズで1,500円(税抜き)にて提供。

前菜の盛り合わせもちろんトリュフまみれ。写真左の「サーモンのマリネ フレッシュトリュフとシトラスの香り」2,400円(税抜き)は、脂が乗ったサーモンとトリュフ風味のマスカルポーネチーズが濃厚ながら、シトラスの香りづけで後味すっきり。中央の「低温でじっくり火入れしたチキンにフレッシュトリュフを合わせたサラダシーザー」 2,100円(税抜き)は、やや甘みのあるクリームソースとコクのあるチキンが相性抜群。トリュフを練り込んだチーズ「クルティン」の凝縮された旨味と香りがアクセントになります。

メインディッシュは写真奥の「フランス産フレッシュトリュフをふんだんに使ったリゾット」2,200円(税抜き)と日本オリジナルメニューの「ソール(舌びらめ) マッシュルームとトリュフのファルス」。リゾットはクリーミーながらも主張しすぎない上品な味わいで、大きく擦り下ろしたトリュフをしっかりと引き立てます。舌びらめのファルスは、やわらかでプリプリした身に挟み込んだマッシュルームとトリュフのペーストがほんのりスパイシー。どちらも辛口の白ワインが欲しくなりますね。

デザートは「パティシエ厳選 プチデザートの盛り合わせ」1,500円(税抜き)。クランベリーとイチゴの酸味が爽やかなパブロバや、トリュフで香りづけしたハチミツを使ったフロマージュブランなどトリュフづくしのコースを締めくくるにふさわしいスイーツが並びます。品の良い甘さとトリュフの香りで満たされたら、最後はエスプレッソですっきりと。

贅沢トリュフをおみやげでも

リーズナブルにトリュフを召し上がった後に、種類豊富なお土産はいかがでしょうか?こちらはなんとトリュフ味のポテトチップス!見慣れたポテトチップスとは違う、高級感ある佇まいです。

先ほど登場した、トリュフ風味のオリーブオイルやトリュフ入りゲランド塩も購入可能です。お値段は1,500円から2,500円ほど。現地と変わらないお値段なのでとってもリーズナブルです!トリュフの芳醇な香りをお持ち帰りしたい時や、一味違ったプレゼントをお探しの方にオススメ。

Artisan de la Truffe Paris

open:月~金 11:00〜15:30(L.O.14:30) / 17:30〜23:00(L.O.22:00)
土日・祝 11:00〜23:00 (L.O.22:00)
address:東京都港区赤坂9丁目7番4号 D-0118 東京ミッドタウン ガーデンテラス1階
tel:03-5413-3830

HP /Facebook / instagram

Text :Koki Yamanashi

MORE FOR YOU

【番外編】Editor’s playlist – 印象に残ったハイセンスなMVまとめ
Editor’s playlist – Hello 2021! 新年に聴きたい11曲
大切な人にも、自分にも。『NEHAN TOKYO』で見つける癒やしのバスギフト
Editor’s playlist – エディター的2020下半期ベスト

WHAT'S NEW

春のカジュアルコーデに合わせたい『ニューバランス』の名品スニーカー
大大大ヒット!リネンタックキュロットがアップデートして今季も登場
【週末何着る?】冬の寒さに逆戻り…キレイ色アウターで春気分をキープ!
サイズ選びの参考に。人気アイテムを身長別に着比べてみた!
トレンド感抜群!この春注目の「大人の甘めブラウス」3選
定番を今年らしくアップデート。更新すべきベーシックアイテムまとめ
「歩きやすい」と「おしゃれ見え」を両立する春シューズ3選
『Plage』らしい、春のおすすめスタッフコーデ

RANKING

  1. 秋冬トレンド「CPOジャケット」とは?旬のおしゃれ見本8コーデ
  2. こだわる大人の「おしゃれトートバッグ」10ブランド
  3. カラー別!ダサ見えしない大人の旬パーカーコーデ25選
  4. グッと旬見え!パーカーワンピースの季節別おしゃれコーデ20選
  5. 【モテニット総選挙】本当に1番男性ウケがいいニットはどれ?