FACY 1タップで 出会える 話せる

LIFE & CULTURE

EN ROUTE GINZAでBLUE BOTTLE COFFEEを。服とコーヒーとランの素敵な関係

銀座・昭和通りに面したガラス張りのハイセンスなセレクトショップ「EN ROUTE(アンルート)」をご存知でしょうか。

「Wearable Tokyo」をコンセプトに、お洒落をすることと身体を動かすことを通じて新しい都会のライフスタイルを提案する「EN ROUTE(アンルート)」。旗艦店であるEN ROUTE GINZAにサードウェーブコーヒーの代表格「BLUE BOTTLE COFFEE」が期間限定でPOP UP STOREをオープンしたので足を運んでみました。

_DSC1677

ファッションとスポーツの共存

天高が7mほどもある開放的な空間には、都会に馴染むハイセンスな洋服たちがズラリ。入り口からまっすぐ進むと階段があり、壁の黒板には周辺のランニングマップやその日の天候が記してあります。

_DSC1660
_DSC1665

実はここ、ランニングステーションを完備しているセレクトショップ!メゾネットになっている2階部分にはセレクトされたスポーツアイテムが並び、本格的なランニングを楽しむことができます。

_DSC1721

お店に着いたのは14時頃。平日の昼過ぎとあって人はまばらかと思いきや、店内は買い物を楽しむカップルやコーヒー片手にくつろぐビジネスマン、ランニングウェアを着ている人などで賑わっていました。

服とコーヒーとラン。面白いのが、異なる3つのカルチャーが集まっても、まとまった一つの空間に感じられるということ。そこに、EN ROUTEが提案する「Wearable Tokyo」のスピリットが隠れています。

_DSC1694
スポーティーなファッションと一括りにしてしまうと、カジュアルな服装やスニーカー、ハイテク素材を使用したウェアなどを想像してしまうかもしれませんが、ここで発信するのは“おしゃれなスポーツファッション”ではなく、あくまで「fashionとsportの共存」

ファッションとスポーツは充実したライフスタイルに欠かせない要素という意味では親和性が高いけれど、街中で楽しむおしゃれとスポーツのシーンでのおしゃれは異なります。素材やアイテムなどでファッションの中にスポーツが組み込まれるのではなく、ファッションはファッションとして楽しみ、スポーツはスポーツとして楽しむ。

_DSC1725

自分のライフスタイルを確立してそれぞれのシーンで楽しむことができるのが、リアリティを大事にする都会に生きる人々。まさしく店内にいた人たちのように、それが「Wearable Tokyo」な人々なのだろうと思いました。

さて、そんな都会で戦う人々のつかの間の癒しであるのがコーヒーブレイク。ちょっぴりコーヒーを頂いてみましょう。

Tasting time!コーヒーとスポーツの素敵な関係

BLUE BOTTLE CPFFEEは2002年にサンフランシスコで始まったコーヒーショップ。「コーヒーの新鮮な美味しさを届けたい」という思いから生まれ、1杯ずつ丁寧にドリップする「サードウェーブコーヒーの代表格」と言われる存在です。

_DSC1669

コーヒーの豆は浅炒りで、酸味が強いタイプ。後味が軽くコーヒー嫌いの方でもトライしやすいキレのある味が特徴です。一口飲むと、コーヒーの酸味と苦み、その後にふわっと甘みを感じます。“よいコーヒーは愛のように甘い”とはまさにこの事。

ハイセンスな洋服に囲まれて淹れたてのコーヒーが飲めるなんて、日常を超えてちょっぴりラグジュアリーな体験かも。

目の前で一杯ずつ丁寧にハンドドリップしてもらえるので、見た目も楽しく、五感で味わう新しいスタイルのコーヒーでした。

_DSC1698

ちなみに、スポーツをする前にコーヒーを飲むと、カフェインの効果で代謝が上がり、脂肪が燃えやすい体にしてくれるんだとか。コーヒーとスポーツは意外と相性が良いんです。ランニングの前の一杯を提供できるのも、EN ROUTE×BLUE BOTTLE COFFEEならではの試み。

_DSC1708

いつもよりハイクラスなお店に行くと少し緊張してしまいますが、コーヒーの香りに包まれながらのショッピングはリラックスできて洋服選びがより一層楽しいものになりました。

fashionとsportとcoffeeの共存を体感できるのは3月6日(日)まで。ランニング前後に訪れて、淹れたてコーヒーで身も心もリフレッシュしてみてはいかがですか?

_DSC1690


BLUE BOTTLE COFFEE ‒ POP UP STORE ‒

開催期間:2月10日(水)〜3月6日(日)
開催場所: EN ROUTE GINZA 2階
提供メニュー:
・ブレンドコーヒー
 450円
・コーヒー豆 200g 
1,500円〜
・KIYOSUMI MUG 2,000円
・オリジナルトートバッグ 1,200 円
・オリジナルドリッパー 1,800 円 など ※全て税抜き価格

EN ROUTE GINZA
Address 東京都中央区銀座 3-10-6
Tel 03-3541-9020
Open 11:00-19:00(EN ROUTE GINZAは20:00まで)
HP / Instagram / Facebook

Text. Ayame Satoh, Edit&Photo. Azu Satoh

MORE FOR YOU

「年末年始に家でごろごろしてる」を読んでる時に聞くボーナストラック【特別企画】
年末年始に家でごろごろしてるなら漫画でも読んだらどうでしょう【特別企画】
年末年始に家でごろごろしてるなら日本ドラマでも観たらどうでしょう【特別企画】
年末年始に家でごろごろしてるなら日本映画でも観たらどうでしょう【特別企画】

WHAT'S NEW

ラスカ(LASKA)は大人女子におすすめダウンジャケット
そろそろ春っぽく着たいチャンピオン(CHAMPION)のスウェット
コーディネートを引き締めるアウトドアプロダクツ(OUTDOOR PRODUCTS)のバッグ
メンズライクの定番ブーツブランドストーン(BLUNDSTONE)
ユニクロ(UNIQLO)とのコラボ追うだけじゃ勿体ないマルニ(MARNI)のバッグ
ゴープコアでも見逃せない!デサントオルテラインマウンテニア(DESCENTE ALLTERRAIN MOUNTAINEER)
春にむけた足元はビルケンシュトック(BIRKENSTOCK)で
おしゃれ女子の足元はクラークス(CLARKS)

RANKING

  1. そろそろ春っぽく着たいチャンピオン(CHAMPION)のスウェット
  2. コーディネートを引き締めるアウトドアプロダクツ(OUTDOOR PRODUCTS)のバッグ
  3. メンズライクの定番ブーツブランドストーン(BLUNDSTONE)
  4. ユニクロ(UNIQLO)とのコラボ追うだけじゃ勿体ないマルニ(MARNI)のバッグ
  5. おしゃれ女子の足元はクラークス(CLARKS)