FACY 1タップで 出会える 話せる

LIFE & CULTURE

靴を武器に戦う女たち。フレンチミュージカル『ジュリーと恋と靴工場』は9月23日新宿ピカデリーほかで公開

ラ・ラ・ランド』はじめ『The Greatest Showman(2018年2月日本公開予定)』『メリー・ポピンズ・リターンズ(日本公開未定)』など、ミュージカル映画が復活の兆しをみせる昨今の映画界。その系譜に、ジャック・ドゥミの名作『シェルブールの雨傘 (1964)』『ロシュフォールの恋人たち (1967)』を彷彿とさせる現代のフレンチ・ミュージカル映画が、新たに刻まれることとなりそうです。

最後に ★試写会プレゼント のお知らせもあるのでお見逃しなく!

ジュリーと恋と靴工場 ポール・カロリ コスティア・テスチュ ポーリーヌ・エチエンヌ LOIN DERRIÈRE L’OURAL

監督から小道具までとことんフレンチ!

監督は、本作で長編デビューとなるポール・カロリコスティア・テスチュ。今年のパームスプリングス国際映画祭で新人監督賞にノミネートされ話題となった新鋭コンビです。そして、仕事や恋に悩む女の子・ジュリーを演じるのは、『EDEN/エデン』での記憶も新しいポーリーヌ・エチエンヌ。不器用でちょっと捻くれつつも、まっすぐとした瞳と行動力はもちろん、ムチっとした太ももまで気づけばなんだか共感してしまう主人公を好演しています。

また、映画の舞台となったフランスのロマン市は、元米大統領夫人ミシェル・オバマ御用達のロベール・クレジュリーや、かつてはシャルル・ジョルダンの工場もあったという、いわば高級靴の生産地。実際に劇中で使われている靴や靴箱も、現地で作られたものが使われているというこだわりっぷりは、色合いの美しさや全編通じて漂う品の良さに一役も二役も買っているはず。靴好きは見逃すわけにはいきません。

ジュリーと恋と靴工場 ポール・カロリ コスティア・テスチュ ポーリーヌ・エチエンヌ LOIN DERRIÈRE L’OURAL

ヌーヴェルヴァーグが現代に昇華されたとしたのなら

この物語では、現代社会が抱える問題が物語を左右していきます。ひとつは原材料を安くするため、国内工場を閉鎖し中国へ切り替えようとする経営陣、それを食い止める現場という構図。まあ、結局は工場閉鎖は食い止められるので、その一連の流れさえ、某国大統領への皮肉のように勘ぐってしまうわけですが。

また、物語後半、工場閉鎖反対を訴えるため、工場の女性たちは反撃にでます。かつての人気商品の真っ赤な靴(「戦う女」という商品名がつけられている)をレジスタンスの象徴として、フランス全土にいる影響力のある女性たちにプレゼントするのです。女性たちは次々に「戦う女」をSNSで拡散し、メディアを巻き込む一大ムーヴメントとなっていきます。その一貫した流れ、インフルエンサーマーケティングの定石ではないですか!

その中で喘ぎもがく冴えない20代女子が直面する、就職難恋愛。それらの問題を描きつつも、それでもどこか終始漂うユルさの所以は、自然豊かなロマン市というロケーションの力と、やはりミュージカル映画の力と声を大にして言いたいところ。

ラストシーンは賛否がぱっきり分かれそうなので、ROBE読者の意見が気になるところだけれども、そのラストさえ許容できてしまうことこそ、本作がヌーヴェルヴァーグはじめ、かつてのフレンチ・ミュージカルへの敬意を垣間見る色を持ち合わせていたからかもしれません。

ジュリーと恋と靴工場 ポール・カロリ コスティア・テスチュ ポーリーヌ・エチエンヌ LOIN DERRIÈRE L’OURAL

あらすじ

田舎町に住むジュリーは、就職難の末ようやく高級靴メーカーの工場で試験採用を手にする。そんな中、靴職人の女たちは迫る近代化の波でリストラされることを恐れ、抗議のためパリの本社に乗り込み騒動を起こす。巻き込まれたジュリーはあやうくクビになりかけるが、ほのかな恋の予感も…。職人の意地とプライドをかけてアイデンティティを求める勇ましくたくましい 女たちとともに靴工場閉鎖の危機を乗り越え、ジュリーは本当の幸せを手にすることができるのか?

9/14 試写会プレゼント

9/23の公開まで待てない…!というROBE読者のために特別に10組20名様限定で試写会にご招待させていただきます。一足先にフレンチミュージカルを堪能できる貴重な機会、お見逃しなく!

◆試写会概要
・日時 9月14日(木) 18:30開場/19:00開映
・会場 新宿ピカデリー

◆応募方法
1)下記ツイートをRTする
2)ツイートに記載されているフォームから応募する → 完了!
※当選はプレゼント(試写状)にかえさせていただきます
※当落に関してのお問い合わせは一切お受けしておりません
※応募に際しての注意事項はフォームよりご確認ください

ジュリーと恋と靴工場 ポール・カロリ コスティア・テスチュ ポーリーヌ・エチエンヌ LOIN DERRIÈRE L’OURAL

『ジュリーと恋と靴工場』

監督・脚本: ポール・カロリ、コスティア・テスチュ
出演: ポーリーヌ・エチエンヌ、オリヴィエ・シャントロー、フランソワ・モレル 他
提供: ギャガ、ロングライド
配給: ロングライド
サウンド・トラック: ランブリング・レコーズ

公式HP | Facebook | Twitter

9/23(土)より、新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座ほか全国公開

© 2016 LOIN DERRIÈRE L’OURAL – FRANCE 3 CINÉMA – RHÔNE-ALPES CINÉMA

MORE FOR YOU

【番外編】Editor’s playlist – 印象に残ったハイセンスなMVまとめ
Editor’s playlist – Hello 2021! 新年に聴きたい11曲
大切な人にも、自分にも。『NEHAN TOKYO』で見つける癒やしのバスギフト
Editor’s playlist – エディター的2020下半期ベスト

WHAT'S NEW

【週末何着る?】冬の寒さに逆戻り…キレイ色アウターで春気分をキープ!
サイズ選びの参考に。人気アイテムを身長別に着比べてみた!
トレンド感抜群!この春注目の「大人の甘めブラウス」3選
定番を今年らしくアップデート。更新すべきベーシックアイテムまとめ
「歩きやすい」と「おしゃれ見え」を両立する春シューズ3選
『Plage』らしい、春のおすすめスタッフコーデ
今春マスト!押さえておきたい「お洒落見えセットアップ」3選
周りと差がつく春のインポートアイテムリスト

RANKING

  1. 秋冬トレンド「CPOジャケット」とは?旬のおしゃれ見本8コーデ
  2. こだわる大人の「おしゃれトートバッグ」10ブランド
  3. カラー別!ダサ見えしない大人の旬パーカーコーデ25選
  4. グッと旬見え!パーカーワンピースの季節別おしゃれコーデ20選
  5. 【モテニット総選挙】本当に1番男性ウケがいいニットはどれ?