FACY 1タップで 出会える 話せる

LIFE & CULTURE

写真家の故・ケイト・バリーの追悼写真展がようやく日本へ。4/15まで原宿BOOKMARCにて開催中

4年前に報じられたパリのアパルトマンでの死去のニュースが世界中を悲しみに包んだ写真家ケイト・バリー。今なおフレンチシックの代表格として永遠のファッションアイコンでもあるジェーン・バーキンと、フレンチポップ界の帝王といっても過言ではないゲンズブールを両親に持つ彼女の追悼写真展がついに東京・原宿 BOOKMARCにて開催。期間は2018年4月9日(月)〜4月15日(日)まで。

BOOKMARCで開催されたケイトバリーの写真展

ソフィア・コッポラ、ヴァネッサ・パラディなど世界的アイコンがズラリ

点数は少ないながら、追悼写真展となる本写真展に並べられるのは、ケイトが写真家として納めてきた数々のミューズたちの姿。その中には、映画監督のソフィア・コッポラや女優のヘレナ・ボナム・カーター、リリー・ローズ・デップの母としても知られるヴァネッサ・パラディはじめ、ほかにも誰もが知るミューズたちのポートレイトが並んでいます。

ケイトバリー撮影のソフィアコッポラ

BOOKMARCで開催されたケイトバリーの写真展

BOOKMARCで開催されたケイトバリーの写真展

そしてなかでも最も大きなサイズでプリントされた写真は、ケイトの実妹で女優・ミュージシャンでもあるシャルロット・ゲンズブール。起きたてのようなベッドでのプライベートショットはゲンズブールの面影を感じざるを得ません。

ケイトバリー撮影のシャルロットゲンズブール

ケイトバリー写真展限定の写真集

また、会場では本写真展限定の写真集の発売も。会場内に展示されているすべての作品が収録されており(写真集のみ収録された作品はありません)、国内のみでの発売なのでレア度もお墨付き。〈500部限定〉とのことなのでお見逃しなく。

オープニングパーティにはシャルロット・ゲンズブール本人の姿も

会期初日の前日に行われたオープニングパーティーにはそのシャルロットご本人も来場。事前にその情報をキャッチした多くのファンにより会場はかつてない混雑に…!あいにくパパラッチ風ではあるものの、ご本人の姿をキャッチ。拠点をNYに移し、より開放的に、自分らしい表現を追求している彼女は、ショートヘアにシンプルなパンツルックでもさすがのオーラ。

BOOKMARCのケイトバリー写真展でのシャルロットゲンズブール

「シャルロット・ゲンズブール=映画『なまいきシャルロット』の14歳のあどけない少女」という印象のままだとしたら、その印象はもうアップデートするべき。女性の色気と自由さをまとうシャルロットに、きっと2018年改めてもう一度魅了されるはず。まずは昨年リリースの最新作『Rest』と4月9日、10日にそれぞれ開催されるライブをチェックしてみてはいかが?

BOOKMARCで開催されたケイトバリーの写真展

KATE BARRY ACTRICES Photo Exhibition

期間:2018年4月9日〜2018年4月15
時間:12:00-19:00
会場:BOOKMARK
入場:無料

本展覧会限定写真集 3,500円
※限定500部、売切れ次第終了

写真作品 各 90,000円

text. Midori Tokioka

MORE FOR YOU

ふんわりした肌触りが気持ちいい今治産フェイスタオル #今コレが欲しい!
二層になっているのが嬉しい!数量限定のヴィーガンキャンドルをチェック。
【番外編】Editor’s playlist – 印象に残ったハイセンスなMVまとめ
Editor’s playlist – Hello 2021! 新年に聴きたい11曲

WHAT'S NEW

毎日着ても飽きのこないデイリースタイルを提案する「MICA & DEAL」が掲載スタート!
コーディネートを上品に魅せる!小さめレザーバッグ
大人が着ても“アリ”な「ドッグT」見つかりました!
ポップな配色がかわいい!〈バトルレイク〉のウエストポーチ
梅雨前に欲しい!マスク専用のアロマスプレー「マスクメイト」
即戦力として使える!今ほしいボーダーT3枚
ニールズヤード レメディーズに聞く「UVケア」のこと。おすすめの方法やアイテムは?
やっぱりほしいシャカパン! ワークなんだけどスポーティな一本が気になります。

RANKING

  1. 毎日着ても飽きのこないデイリースタイルを提案する「MICA & DEAL」が掲載スタート!
  2. コーディネートを上品に魅せる!小さめレザーバッグ
  3. ネックレス、隠れがち。クルーネックTシャツに合うネックレスを教えて!
  4. 【夏の羽織り】今年はカーデよりも断然シャツ!イチ押しコーデ5選
  5. 解放され仕事を手にした女性たちと20世紀前半のファッション《連載:ファッションオタクのサーバエンジニアが見る女性とファッション・スタイルの文化史(2)》