「万能なデニムを教えて」→プロの答えはやっぱり“アンクル丈”だった!



万能なデニム、求ム
すでに使い勝手の良いパンツとして共通の認識があるデニムですが、それなら「もっと押し進めたい」と思う人も多いのでは。

例えて言うなら、グレーのパーカ。中間色として他のカラーとの相性の良さはもとより、アウターやインナーとしても使える形は唯一無二。「それならば」と“最強”のものを求めてしまうのは人の性。

では、もともと使いやすいデニムの中でも「万能」を目指すならどんなものがいいのか? その要件は?

「アンクル丈」がやっぱり万能らしい




今回教えてくれた5ショップ中4ショップの提案はなんと、「アンクル丈」。たしかに、シューズにも干渉しない絶妙な丈感は合わせるアイテムを選ばない。またスタイルアップの効果も見込めるため、似合う洋服が増える側面もあるのかも。

提案をしてくれたショップの一つ、Lampa(高円寺)はアンクル丈であることの意味を別のアプローチで教えてくれました。曰く、

「テーパードしたパンツによくある試着時と裾上げ後のシルエットの変化を防ぐために(…)短めに設定」している

なるほど!と膝を打ってしまった次第。はなからアンクル丈で設定されているから個々人によってシルエットが崩れる心配もない。すなわちシルエットがキレイであることも「万能」たる要件に入ってくると。と、至極当たりまえな話になってしまいましたが、「万能」とショップスタッフが教えてくれたその他2本をチェックしていきましょう。

登場したアイテム:
Ordinary fits/5pocket Ankle Denim One Wash ¥15,984(税込)

1.自分サイズをしっかり選んできっとフィット


normal_98593943-1

RESOLUTE - ワンウォッシュデニム 710 デニムパンツ ¥23,760(税込)


まずは大阪の老舗ZABOUが提案してくれた〈RESOULTE〉。日本のジーンズ界の重鎮とも言える林氏がデザイナーを務め、多くのファンを魅了するブランドです。

こちらは“ジャケットにも合うデニムを”というコンセプトのもと作り出された一本。日本人のために作り上げた流麗なシルエットは言わずもがな、着る人によって最適なものを選べるようウエスト、レングスサイズが豊富に用意されているのが真骨頂。「万能」であるが所以は自分サイズに合ったものを選ぶことにもあるわけです。






2.海外も注目するメイドインジャパン


normal_98593943-1

レッドカード - デニム ¥20,520(税込)



「どのトップスにも合いますよ」と〈REDCARD〉のデニムを教えてくれたのはEDIFICE神戸店。リーバイスやエドウィンが手掛けるブランドとあって、その質は折り紙付き。

こちらはEDIFICE別注によってすっきり9分丈に生まれ変わった一本。本記事のために生まれてきたのでは?と疑うほどのナイスなタイミングで提案されました。生地にはライトオンスのものを用いているから穿き心地も軽い。難しいとされていたライトオンスでのリアルなヴェンテージ加工は海外でも注目を集めています。




EDIFICE 神戸店
スタッフページを見る




RECOMMEND Created with Sketch.

この記事を読んだ方におすすめ
  • TREND 2019.11.13

    やっぱり頼れます。寒さに耐えうる「ミリタリー」を手に入れよう

  • TREND 2019.11.13

    ワイドパンツの次はなに? ショップスタッフが目をつけている「フレアパンツ」3本

  • TREND 2019.11.12

    脱「もっさり」。スッキリ見えるダウンってない?

  • TREND 2019.11.12

    定番から新鋭ブランドまで。頼りになる「サイドゴアブーツ」5足

  • TREND 2019.11.12

    秋冬はアウターにこれ一枚。しっかり暖かい“裏起毛”のパーカー3枚

  • TREND 2019.11.11

    「今年の冬のトレンドは?」11月のファッションお悩み相談室〜vol.7〜

記事ランキング