編集部員の私物と比較!マーチンじゃ物足りない大人には「SOLOVAIR」がオススメです!

ドクターマーチンじゃ物足りない?

各店のショーウィンドウに少しずつ秋物が並びだしたこの頃。秋の足元と言えば、いつものスニーカーもいいけど、レザーのブーツも気になるものです。

そこで今回は、数あるショップの中から代々木上原LILYで取り扱う、〈SOLOVAIR〉というブランドの一足に注目。実は、同ブランドはドクターマーチンの英国での生産を30年余り担っていた、歴史のあるファクトリーブランドです。

「歴史のあるファクトリー」。この言葉に弱いメンズは多いはず。何を隠そう、筆者もそのひとり。実は、数年前に購入済みです。今回は、筆者が買った一足の経年変化のレポートと併せてお届けします!

 

“マーチン”は履きたい。けれど・・・


normal_98593943-1

“新品のSOLOVAIR(代々木上原LILY)”


革靴の聖地、ノーザンプトンにて1881年に創業した老舗ファクトリーの「NPS Shoes Ltd.」。そのファクトリーブランドが〈SOLOVAIR〉です。同社はマーチンの英国での生産を長年担ってきた歴史を持つ、知る人ぞ知る存在。

コロンと丸みを帯びたトゥ先のフォルムはマーチンを彷彿とさせるものの、細かいポイントがいくつか違います。マーチンがアジアへ生産拠点を移した後も、英国製のグッドイヤーウェルト製法のシューズにこだわってきたのが、〈SOLOVAIR〉です。

また前述の通り、マーチンは履きたいと思っても、いかんせん人気がすごい。街中で「イエローステッチを見ない日はない」と言っても過言ではありません。その点、この一足のように同系色のステッチでまとめるのであれば、ちょっと大人にキマります。

 

4年の履き込み後は・・・



“4年履いたSOLOVAIR”


こちらは筆者が4年ほど週1程度で履き込んだもの。ケアはたまにブラッシングする程度のズボラ仕様です。実は、買った当初は「サイズ選び間違えた!」と思ったほど固くてきつかったのですが、今となっては快適な履き心地です。

履きジワだけは、もう少しキレイに入れたかったと今でこそ思いますが、これはこれで愛着が湧いているから不思議なものです。

 



もちろん、ソールはマーチンでもお馴染みのエアークッションソール。独特のクッション性がある履き心地は、やはり他の革靴では代替が利きません。その結果、朝の玄関先でも「スニーカー感覚で選んでしまう」一足に。ちなみに、エアークッションソールのサンプルブーツを1959年にイギリスで初めて製作したのも「NPS Shoes Ltd.」。

履き心地同様、革靴でありながらかしこまり過ぎないのが、この一足の最大の魅力です。スラックスはもちろん、ジーンズやチノ、軍パンなどの各種パンツとの相性もいいので、秋支度の手始めはこの一足から始めてみては?

気になる方は、LILYまでどうぞ。下記の「この商品を詳しく見る」ボタンから、「スタッフに質問する」を押せばサイズの相談もチャット感覚で可能です。








RECOMMEND Created with Sketch.

この記事を読んだ方におすすめ
  • TREND 2020.09.15

    【9月編】悩めるメンズの晩夏ファッション。ショップスタッフの一問一答集。

  • TREND 2020.09.14

    グラミチ×エディフィス。前シーズン即完売のセットアップが再び。

  • TREND 2020.09.13

    2020夏。私的スニーカー備忘録。(編集部おすぎ)

  • TREND 2020.09.12

    【9月はコレ着てます】ニューエラで秋色を先取り!(編集部おしゅん)

  • TREND 2020.09.11

    【編集部の勝手にQ&Aやっちゃいます!】vol.17|NIKEの返品制度がすごい!、2020年...

  • TREND 2020.09.10

    やっぱり便利な黒ボトムス。今なら”ほどよくゆるめ”が気分です

記事ランキング