「パーカー」の人気者が再登場! いますぐゲットしておきたい3型

去年の人気者が帰ってきました

いよいよ各店舗に今年の秋冬物が届き始めました。早速新作をチェック…の前に、まず目を通しておきたいのは、FACYベストセラーモデルです。

今回ご紹介するのは、去年好評を博したジップパーカー3型。さらっと羽織れるので、今すぐ活躍してくれるのはもちろん、冬場はインナーとしても重宝します。今年こそ出遅れずに人気者を手に入れておきましょう。

1.〈Still by hand〉のオリジナル裏毛スウエットパーカー



normal_98593943-1

Still by hand-オリジナル裏毛スウエットパーカー ¥18,360(税込)


「このプライスで、これだけハイレベルなパーカーは他になかなかない」とスタッフが語るのは、〈Still by hand〉の裏毛スウェットパーカー。ブランドオリジナルの度詰めのしっかりとした生地ゆえ、いわゆるスウェット特有の型崩れがしづらい。

こだわるのは素材だけにあらず。スウェットには珍しく、台襟のようなリブをネック周りに付けることによって、フードはスタイリッシュなフォルムを描きます。「20数年以上この業界でパーカーを見てきたが、個人的にはこれが一番好き」と提案スタッフが語る一着。今年こそお手元に。








2.〈Kelen〉のハイネックジップアップパーカー


normal_98593943-1

Kelen - ハイネックジップアップパーカー”LUCILLE” ¥16,200(税込)


いわゆるパーカーの普通のフードの形に満足できない方に好評だったのは、〈Kelen〉のハイネックジップアップパーカーです。ハイネックにすることで、フード周りがだらしなく見えません。

程よく体にフィットするキレイなシルエットも特徴です。最近のパーカーのシルエットはゆったりし過ぎとお嘆きの方には特にオススメ。「20,000円のものと比べても遜色ない。15,000円という価格からは想像も出来ないほど良く出来た一着」と提案スタッフも胸を張る一着です。








3.〈FSC〉×〈LOOPWHEELER〉の別注ジップパーカー



normal_98593943-1

FREEMANS SPORTING CLUB×LOOPWHEELER - ZIP PARKA ¥22,680(税込)


ちょっといいスウェットが欲しい。そう思った時に、筆頭候補に挙がるスウェットブランドといえば、〈LOOPWHEELER〉。そんな同ブランドと蜜月の関係にあるのは、NYのクラシックスタイルを提案する〈FREEMANS SPORTING CLUB(以下、FSC)〉。

過去のコラボレーションも好評だった両者ですが、実は“ジップパーカー”は今回初の試み。〈LOOPWHEELER〉の名作品番LW09をベースにしつつ、〈FSC〉がフードサイズや生地感など試作に試作を重ねて完成したのがこの一着です。両者のコラボの証のスペシャルな袖口のピスも物欲をそそります。実際すでにFACYでも動きが出てきていますので、どうぞお早めに。




FREEMANS SPORTING CLUB TOKYO
ショップページ




FACYでは、アイテムを提案してくれたショップスタッフに質問したり、通販、店頭受け取りを選択して購入することが可能です。お店の人とコミュニケーションを取りながら買い物を楽しんでくださいね!


RECOMMEND Created with Sketch.

この記事を読んだ方におすすめ
  • TREND 2019.09.15

    無地だけど天の邪鬼な「ロンT」4枚

  • TREND 2019.09.15

    いま、売れているのはコレ! 「ナンバーワン」のパーカー、大人ロンT etc..(9月2週)

  • TREND 2019.09.12

    人と被らないスリッポン。プロが勧める、ハイセンスな5足をピックアップ

  • BLOG 2019.09.11

    皆さん、お待ちかね!〈Still by hand〉の裏毛ジップパーカーが入荷しました。

  • TREND 2019.09.09

    この秋、編集部が気になっているスウェット4選

  • BLOG 2019.09.09

    大人気の〈Kelen〉から新作パーカーが登場。肉厚な裏起毛素材でいい感じです。

記事ランキング