肩の力を少し抜いた感じが心地いい。〈CURLY〉の日常使いに優れたセットアップ。



ホワイトカラーの勤め人たるものだれもがスーツで働くのが当然、という時代は過ぎ去ろうとしています。
一方でスーツ本来の魅力であったり、上下揃いの服ならではの凛とした美しさの評価は、若い方を中心に上がってきているような気もしますね。

またふだんスーツをお召しにならなくとも、イベントなどでそれなりにきちんとした装いを求められるシーンも少なくないようで、当店でもセットアップをお探しの方が年々増えてまいりました。

そこで使いやすい色となるとネイビーやグレーがまず候補に挙がるところでしょうが、この季節ならではの茶色い起毛生地も、またいいものです。





この肩の力の抜けたジャケットとパンツは、コットンモールスキンのような風合いと自然な伸縮性を兼ね備えた、CURLYオリジナルのエクストラバルキーモールスキンジャージーで仕立てられています。



高温で約1.5 倍に膨らむ糸を二重編みで編み立て、そのうえで高温で染色することで糸を膨らませハリを持たせているとのこと。

カットソー専業ブランドならではの技術が光ります。

ジャケットはブレザーをベースとした、三つボタン段返りのオーソドックスなデザイン。
前振りの袖や本切羽(袖口のボタンが開く仕様)の袖口など、これもテーラードジャケットの要素を取り入れながらも、やはり最終的にはCURLYらしく日常的な服へとまとめあげています。





パンツは、細身の多かったCURLYにしては太め。
ほどよくゆとりのあるテーパードシルエットが、直線的なジャケットから自然に繋がります。

すでに店頭では気にされる方がちらほら見え、現段階(11/1時点)ではジャケット、パンツともにサイズ2を残すのみとなりました。

今月から霜月、秋も本番を迎えるにあたり、是非ご検討を。

元記事を読む

Euphonica


Euphonica(ユーフォニカ)は横浜市営地下鉄の仲町台駅からほど近い場所に位置する、小さな洋品店です。
ラグジュアリーとは異なる静謐な上質と、数年程度では旧びることのない永続性を提案していきます。
衣類はメンズ、レディス両方(+若干の子供服)を、その他ナチュラルに日和らないデザイン雑貨等を扱っています。


RECOMMEND Created with Sketch.

この記事を読んだ方におすすめ
  • BLOG 2019.10.04

    「控えめながらよくできたブルゾンです」。〈CURLY〉のショートブルゾンをご紹介

  • BLOG 2019.09.22

    シャツ好きなら見逃せない、新鋭ブランド〈tilt The authentics〉の一枚。

  • BLOG 2019.09.16

    〈YOAK〉の新作HENRY。平凡なようで、平凡からほど遠い靴。

  • BLOG 2019.08.31

    日常使いに程よいサイズ感。ドイツ発〈SEIL MARSHCALL〉のショルダーバッグに注目!

  • TREND 2019.08.30

    デニムに合わせるならコレ! ショップ店員推薦の「大人ベルト」3本

  • BLOG 2019.08.21

    レトロ感たっぷり。〈ZDA〉のバレーボールシューズにホワイトが仲間入りです。

記事ランキング