秋冬はアウターにこれ一枚。しっかり暖かい“裏起毛”のパーカー3枚


裏起毛で暖かいフーディー探しています。(yoさん / 23歳 / 秋田県)」



スウェットを物色している際に、時たま見聞きすることがある「裏毛(うらけ)」や「裏起毛(うらきもう)」という言葉。字面が似ているのであやふやになりやすいものの、実はちゃんと違いがあります。

裏毛はタオルのようなパイル状の素材のこと。吸水性も高く通年で使いやすい。一方、裏起毛は織った生地を「起こしている」ため空気を含みやすく、保温性に優れています。つまり、秋冬なら同じパーカーでも裏起毛のタイプがおすすめ。さて、ショップスタッフが選んだ3枚は?

このパーカー、“ただの無地”にあらず


normal_98593943-1

melple - OCEAN PARK HOODIE ¥13,200(税込)


一見するとシンプルな無地のパーカーですが、単調な印象にならないための工夫が満載。〈melple〉のパーカーはまさにそんな感じ。フード側面のロゴパッチに加えて、袖、ポケット脇にもピスネームがあるので、ささやかに主張してくれます。

また、フットボールシャツをイメージした、肩口の切替部分もちょっと他では見ない仕様。ややオーバーサイズのシルエットも今っぽい。あれこれ重ね着するのが面倒なら、秋はとりあえずこのパーカー一枚でいいかと。もちろん、真冬はインナーとしても活躍してくれますよ。







スッキリしているのに、着心地も◎



FLISTFIA - P/O PARKA ¥15,400(税込)


同じ裏起毛でも、よりスッキリ着たいという方は〈FLISTFIA〉のパーカーがおすすめ。身幅は広すぎず、アームホールも細めです。とはいえ、肩口は動きやすいラグラン仕様なので窮屈感もありません。

また、ただの裏起毛ではなく、特殊な起毛を施しているため生地は軽くてふかふか。提案してくれたスタッフ氏によると、「着込めば身体に馴染むのでさらに気持ちよく着られる」とのこと。シルエットにも着心地にもこだわりたいという方は要チェックです。







サッカー好き以外もぜひ。「PSG」浸透中です


normal_98593943-1

PARISSAINT-GERMAIN TOKYO - WE SWEAT CAPUCHE ICI CEST PARI ¥13,200(税込)


すっかりお馴染みになった感のある欧州の強豪サッカークラブ「パリ・サンジェルマンFC」と、EDIFICEのパートナーシップ。スポーティー過ぎないシンプルな“PARIS”のフロントプリントは、プリントものにも関わらず少し大人っぽい雰囲気です。

実際に選手もボランティアや移動時に着用している一枚だそう。ちなみに、同チームのロッカールームにいるような気分を味わえるEDIFICE PSG TOKYOの店舗の作りもかっこいいので、まだ訪れたことがないという方はぜひ店舗にも足を運んでみてくださいね。








三者三様の“裏起毛”。一段と冷え込むこれからの季節、重宝すること間違いなしです。FACYでは、他にも色んなパーカーを用意しています。ぜひこちらからチェックを。

iOS/Android



RECOMMEND Created with Sketch.

この記事を読んだ方におすすめ
  • TREND 2020.08.04

    カラーコーディネートも楽しめる、夏用の高機能マスク。

  • TREND 2020.08.04

    夏のマンネリ打破にはやっぱりアクセサリーが効きます!

  • TREND 2020.08.03

    いま選ぶなら、どんなエコバッグ? セレクトショップおすすめ4品

  • TREND 2020.08.03

    「今の時期でも着られるジャケットない?」8月のファッションお悩み相談室〜VOL.1〜

  • TREND 2020.08.02

    【Pick Up】今週気になったプリントT〜とんだ林蘭、Seth Black、Ryu AMBE〜

  • TREND 2020.08.02

    いま買い足したいのは“オフィス映え”するTシャツです。

記事ランキング