冬の定番「ニット帽」。今年も種類豊富に良いモノ揃ってます。

いよいよ寒波の到来です。今日も夜にはかなり気温も下がり、随分と冷え込んだ一日となりました。

外を歩く外国籍の方の中には、まだ半袖の人もいたりと驚きを隠せませんが、オンラインストアではアウターが一気に動き出しております。ご検討中だった方は是非このタイミングでお買い求めください!

さて、気温が下がるとアウターばかりに目がいってしまいがちですが、冬の定番と言えばニット帽は欠かせません。今年も色々なブランドから種類豊富に取り揃えております。是非ご検討ください。





■Brand:HIGHLAND 2000(ハイランド2000)
■Item:BOB CAP INDIGO COTTON 2x2
■Color:Black Indigo / Dark Indigo
■Size:One Size
■Price:4,600円 + 税

季節に関係なく毎回入荷の度に好評なインディゴ染めのニット帽。深みのあるインディゴ染めは、お洗濯を繰り返すうちに豊かな風合いへと変化していくのが楽しめます。



単色染めではないので、所々に白けた糸が混じって温もりのある雰囲気です。インディゴと言えばブルーのイメージが強いですが、ブラックインディゴも非常に高い人気を誇ります。



創業100年以上の歴史を誇る英国イングランドの老舗メーカー【ハイランド2000】。質の良いニット製品作りを行っているメーカーとして世界中で知られており、イングランド製でありながら手頃なプライスも魅力のひとつです。





■Brand:STUART AUSTIN(スチュアート・オースティン)
■Item:HC HALFCARDY STUCAP
■Color:Black / Navy / Lt.Grey
■Size:One Size
■Price:4,500円 + 税

これからの肌寒い季節には、ウール製のニット帽は欠かせないアイテムのひとつ。ベーシックなカラーと被りの浅いシルエットで色々なスタイルに取り入れていただけます。



英国に古くから伝わる「ハーフカーディガン」と呼ばれる段違いの編み方は、ミリタリー系のニット帽でもよく見られるシルエットのきれいな編み方です。当店でも定番化しつつある人気の編み方ですね。

しっかりと厚みのある英国純毛を使用して編まれており、とても暖かいのが一番の魅力。ニット帽は被っていくと頭の形に馴染んでくるので、最初はやや窮屈でも自然と伸びてきます。寒くなると、出かける時についつい手に取ってしまいがちなニット帽です。



英国純毛を100%使用し、古くから伝わる伝統的な手法で様々なニット製品を手掛ける【スチュアート・オースティン】。ニットウェアと小物を専門的に扱うメーカーだけあり、ニット帽の種類も数えきれないほど沢山あります。こちらもイングランド製でありながら手頃なプライスが魅力です。





■Brand:JACKMAN(ジャックマン)
■Item:JM6605 WAFFLE KNIT CAP
■Color:Black / Dark Green / Steel Silver / Dark Navy
■Size:One Size
■Price:4,500円 + 税

ニット帽は英国だけのものではありません。国産にもとても良いニット帽があります。

毎年欠かさず入荷しているJACKMANのニット帽。同ブランドを代表する人気アイテムの「JM7653 WAFFLE MIDNECK」と同じコットン素材のビッグワッフルを使用したニット帽です。



ビッグワッフルは見た目の素材感だけでなく、柔らかく優しい肌触りもとても魅力ある素材です。また、コットン素材なので洗濯機で丸洗いできるのも売れている理由のひとつ。被りは深めですが、折り返し幅を変えることで深さも調節できます。

ゆったりめの被り心地なので、締め付け感が苦手という方にもお試しいただきたいニット帽です。

もちろん、JACKMANの商品は全て「MADE IN JAPAN」です。





■Brand:MAJESTIC(マジェスティック)
■Item:H.V BEANIE W/REF STRIPE
■Color:H.V Yellow / H.V Orange
■Size:One Size
■Price:1,600円 + 税

最後はちょっと変り種でセレクトしたニット帽です。

【マジェスティック】は、米国ワシントン州のHIGH VISメーカーです。見た目の通り、鉄道や高速道路の労働者、空港の労働者の安全装備を提供しているメーカーで、国際安全装置協会(ISEA)、ならびにANSI 認定規格開発団体に加盟し、最高基準ANSI Class 3の高い視認性を獲得している実績のあるブランドです。

日本でもよく道路工事でオレンジやイエローのベストを着た人を見ると思いますが、まさにソレ(笑)。

ベースとなるニット帽はポリエステル素材なので、ウール製品のようなチクチク感は全く感じず、気軽に被ってそのまま洗濯機に入れて洗えます。

そして何より、1,600円(税別)という非常にチープなプライスがいかにもアメリカっぽいですね。



折り返し部分には、安全性を持つリフレクター(反射)がプリントされており、このリフレクターは光によって反射するので夜間でも安心です。





こんな感じに。

近年ストリートファッションでもH.Vアイテムは注目されています。ニット帽なら普段のファッションにも取り入れやすいですし、何しろお値段がお値段なので、遊び心のひとつとしてお試しください!

急な冷え込みで体調を崩しやすい季節となっております。お出かけの際は十分な防寒をおこなって、お体ご自愛下さい。

それではまた。

元記事を読む




HUNKY DORY OSAKA
住所:大阪府大阪市西区南堀江1-20-20 アンシャンテ南堀江


RECOMMEND Created with Sketch.

この記事を読んだ方におすすめ
  • BLOG 2019.12.06

    〈アークテリクス〉のジャケットの中でも一番?スタッフのイチオシはこちらです。

  • BLOG 2019.12.03

    ふわふわモコモコ!見た目にも暖かい〈L.L.Bean〉のフリースジャケット。

  • BLOG 2019.11.23

    一度履いたら手放せない!〈エルエルビーン〉最強の冬靴下はチェック必至です。

記事ランキング