予算6千円で選ぶ「小さめバッグ」。今おすすめの4品をピックアップ

コーディネートで地味に困るのが「収納」。冬の間は財布やスマホをアウターのポケットに入れていたとしても、生地の薄いライトアウターでそれをやってしまうと結構目立つんですよね。

春先にちょうどいいバッグがなくて困る前に、今のうちからサコッシュやショルダーバッグを探しておくのが得策。というわけで、6,000円以下で手に入るおすすめの4品をピックアップしてみました。

 

とことん「シンプルでタフ」、それがいい


normal_98593943-1

TERG ¥2,530(ADAM ET ROPE' ミント神戸)


まず筆者的に推したいのが〈TERG〉のサコッシュ。アウトドア用品を手がけている「Helinox」のバッグブランドで、シンプル&タフを極めた逸品です。

飾り気ないデザインに十分な容量、防水機能を備えたナイロンのボディという、こちらのニーズを押さえつつも“世話焼きすぎない”感じがとにかく最高。筆者もひとつ持っているのですが、服装やシチュエーションを選ばず活躍してくれることをここに証言します。

 

“昔ながら”を今っぽく

normal_98593943-1

GREGORY ¥6,050(HUNKY DORY NAGOYA)


老舗バッグブランド〈GREGORY〉の定番モデル「TAILMATE」がよりコンパクトに。軽量で磨耗に強いナイロン素材や、背面に入ったパッドなどの機能性はそのままに、やや小ぶりな最適なサイズ感に調整された逸品です。

ヴィンテージショップで見かけてもおかしくないデザインながら、スマホ&キャッシュレスの風潮を組んだ作り、と言うのもグッとくるポイントだったり。一昔前のようにウエストに巻くか、今っぽく肩にかけるか、迷いどころです。


“最強”の素材がここに集結


normal_98593943-1

FREDRIK PACKERS ¥5,060(ADAM ET ROPE' ルミネ新宿)


世界の優れた材料を集め、日本で造り上げる〈FREDRIK PACKERS〉のミニバッグ。生地は「強靭なナイロン」の代名詞的存在・米デュポン社のもので、バックル類はアメリカ軍も採用するナショナルモールディング社製、ベルクロやテープ類は世界一の品質といわれる日本製のものを採用。

つまるところ、ミニバッグ界のアベンジャーズ的存在なわけです。90年代ライクな色使いも◎

 

高級感重視でいくならコレ

normal_98593943-1

cesse ¥6,050(ADAM ET ROPE' 二子玉川ライズ)


「アウトドア感が強すぎるものは苦手」という方には〈cesse〉のフェイクレザーサコッシュがおすすめ。作り自体は定番のサコッシュと一緒ながら、上質な素材感のおかげでグッとアダルトな雰囲気に。マチ付きだから収納力が高いところも見逃せません。

企画趣旨の6,000円からほんの少しオーバーしてしまいますが、この高級感を考慮すれば無問題なはず。

 



RECOMMEND Created with Sketch.

この記事を読んだ方におすすめ
  • TREND 2020.02.24

    「スタンダードをデカく着る」。オーバーサイズ好きにおすすめの春アイテム4選

  • TREND 2020.02.24

    ロンT、どうする? 無地からプリントまで、気になるアイテムをピック。

  • TREND 2020.02.24

    ”やり過ぎ”がちょうどいいです。ポケット多めのトップス・アウター5選

  • TREND 2020.02.23

    いま、売れているモノはコレ! 極太ディッキーズ、都合のいいローファー型スニーカー(2月4週)

  • TREND 2020.02.22

    「スケートブランドのイケてるTシャツが欲しい!」2月のファッションお悩み相談室〜VOL.11〜

  • TREND 2020.02.22

    車の運転を快適にする!ハイブリッドなビジネスシューズ〈アウリーガ〉が先行予約スタート。

記事ランキング