女っぽさ漂う。品よくおしゃれな「春ジャケット」着回し術

運命のジャケットとの出会いを、待ち望んでいる皆さんに嬉しいお知らせ!レディライクな装いに定評のある『R’IAM(リアム)』より、かっちり着られて、おしゃれ感もあるテーラードジャケットが登場。

もともと紳士服であったテーラードジャケット。いかに女性らしく着こなすかが「腕の見せどころ」です。

どこかに「女っぽさ」を残すのがカギ


(¥42,900 / R’IAM / Plage ルクアイーレ)



ロングシーズン活躍するジャケットは、本当に気に入ったものを一着は持っておくべき。そこで提案したいのが、ハンサムな女性を彷彿とさせる、タブルボタン仕様のテーラードジャケットです。

ゆったりとしたサイズ感に、ヒップラインが隠れるロングシルエット。カジュアルな着こなしに“きちんと感”をプラスしたり、いつものコンサバスタイルをマニッシュな雰囲気に味つけしたり……さっと羽織るだけで、嬉しい効果をもたらしてくれます。



テーラードジャケットを象徴する襟の形である、「ピークドラペル」を採用。[ピークド=尖った]という意味。まるで剣先のようなシャープな下襟が、かっちりとした印象をあと推ししています。

パンツスタイルに合わせるときは、メンズっぽく見えすぎないよう注意して。上下ホワイトでまとめたり、ラウンドトゥのパンプスを合わせることで、適度な女性らしさをキープしましょう。



切りっぱなしの「ロングスカート」に、ストリート感あふれるフォトTシャツを組み合わせた、大人のカジュアルスタイル。足もとはミュールで決めて、繊細なムードを加えました。

コットンに麻を混ぜた、ナチュラルな素材感もこのジャケットの強み。軽い着心地だからこそ、カジュアルコーデにも違和感なく馴染みます。



今シーズンの大本命「ベージュ×ホワイト」のとり合わせもお忘れなく!

ヌーディなクリアサンダルを合わせて、さり気ない季節感をとり入れて。ジャケットを肩がけするアレンジも、フレッシュな春の着こなしにぴったり。



ベーシックなデニムにビットローファーを合わせたこちらの装い。フロントボタンを閉じて、たまには思いっ切りメンズライクに決めるのも良いですね。

白トップスをストール感覚で巻きつければ顔まわりがパッと華やかになり、表情を明るく見せてくれます。



インナーにプリントスウェットを選べば、同じジャケットとは思えないほどカジュアル見え。

白カットソーをチラ見せしたり、サンダルにソックスを組み合わせたり、お団子ヘアをつくってみたり……ちょっぴりルーズに着こなすのが気分です。



スタイリングが難しいオーバーオールにも、気軽に羽織れます。

小物づかいでは“抜け感”を意識。ハンドメイドのかごバッグやオープントゥパンプスをセレクトして、軽やかに仕上げるのがおすすめです。

総柄マキシワンピースは、季節の小物でリゾート感を演出してもOK!ストライプの配色と全身の色みを統一したのが、大人っぽく着こなすポイントです。

ポケットの位置はやや高めにデザインしてあるから、ロング丈どうしで合わせても、すっきりとバランス良く着こなせます。



今を楽しむ女性に向けて、感度の高いアイテムを発信する『R'IAM』。メンズライクな要素を、女っぽいデザインに落とし込むスタイルが得意です。

中性的な魅力にあふれる「テーラードジャケット」は、まさにブランドの真骨頂!普段づかいから通勤まで、あらゆるシーンで使える頼もしいアウターです。


RECOMMEND Created with Sketch.

この記事を読んだ方におすすめ
  • TREND 2020.02.24

    春先って意外と寒い。2〜3月に役立つキルティングコートの着こなし

  • TREND 2020.02.24

    秘訣は“抜け感”。重く見えない春のモノトーンコーデ術

  • TREND 2020.02.21

    今買って夏まで◎ リネンアイテムはセットアップで揃えるのが正解!

  • TREND 2020.02.20

    再ブレイク中!子どもっぽ見えしないオーバーオールの最旬コーデ

  • TREND 2020.02.19

    そろそろ厚手→薄手にシフト!冬から春をつなぐニットコーデ術

  • TREND 2020.02.18

    春に頼れる「ボーダー×春アウター」の大人カジュアルコーデ術

記事ランキング