肉感を拾い過ぎないものがベター!マネしたい春のレギンス活用術

レイヤードスタイルがブームの近年。そんな時に強い異方になってくれるのがレギンス。

『FRAMeWORK』のレギンスは履き心地がいいのはもちろんですが、肉感を拾い過ぎず美脚に見せてくれる優秀さ!また、豊富なカラーバリエーションで様々なコーデに活躍してくれるんです。今回はそんなとっておきのアイテムの活用術をご紹介します。

着回し力抜群のリラックスリブレギンス


(¥12,100 / FRAMeWORK 博多店)



履き心地抜群のリブレギンス。 立体感のあるリブで編み立てし、ニットのように柔らかくふくらみがある素材は履きやすさだけではなく、脚痩せ効果も期待できます。

伸縮性があり、型崩れしにくいようになっているのも嬉しいポイントです。



まずは、春の定番トップス・ボーダーロンTにリブレギンスを合わせて、リラクシーにキメるのはどう?トップスもちょっぴりオーバーサイズにすれば、今っぽく仕上がりますよ◎



リブレギンスでもジャケットを羽織れば、フォーマルにもキマるんです。袖は折り返して、こなれ感を演出するとGOOD◎



ネイビーのスウェットに、ホワイトのロンTをレイヤードすれば、最旬コーデの出来上がり!アクセントにショルダーバッグを身に付けて、バランスよくキメましょう。



リブレギンスはメンズライクコーデにも使えます。ベージュのビッグシルエットシャツにリブレギンスを合わせれば、大人かっこいいコーデに。大きめのフープピアスで女らしさも忘れずに演出するとさらに◎



春らしい柔らかい<ピンク>のリブパンツは、とってもキュートなアイテム。グレーのスウェットを合わせて、媚びのない可愛げを演出するとちょうどいいです◎



ストライプのシャツワンピには、<ホワイト>のリブレギンスが好相性。まだ肌寒い日には、タートルネックをしのばせておくと安心ですね。



大人かっこよく仕上げたい日には、ミリタリージャケット×リブパンツでこなれ感たっぷりにキメましょう。レオパード柄のスカーフを首に巻いたり、かっちりめのバッグをトッピングすればパーフェクト!



着回し力抜群で、履き心地も文句なしのリブレギンスパンツ。まだ持っていない人はぜひ春のワードロープに投入して、春コーデの幅をグンとアップさせちゃいましょう!


RECOMMEND Created with Sketch.

この記事を読んだ方におすすめ
  • TREND 2020.04.10

    リモートワークに◎ ラフだけど部屋着っぽくないトップス&ワンピース7選

  • TREND 2020.04.09

    使えるのは黒よりネイビー!重く見えない上品パンツコーデ術

  • TREND 2020.04.08

    マウンテンパーカーを徹底攻略。旬見えは“女っぽ合わせ”がカギ!

  • TREND 2020.04.07

    春はボトム選びがカギ。重見えしない「黒パーカー」コーデ術

  • TREND 2020.04.06

    後ろ姿も抜かりなく。女っぽカジュアルが叶う「春ブラウス」

  • TREND 2020.04.05

    唯一無二!それどこの?って聞かれる「洒落見えフーディーブラウス」

記事ランキング