この春は軍パンがアツい。 5人の最旬コーデ



軍パンがアツい

アメカジブランドやミリタリーブランドに限らず、今年は多くのブランドが軍パンをリリースしている模様。街を歩けば、それっぽいパンツを穿いている姿をよく見かけることもあり、どうやらブーム再燃の兆しあり。

ただ軍パンは、ともすればイナたくなってしまうアイテムの代表格。どれを選んでどう着こなすか、が重要です。

そこで今回は、この春に軍パンを仕入れたショップスタッフ5人にコーディネートを組んでもらいました! クローゼットの奥底から引っ張り出すもよし、新たに買い足すもよし。今春の軍パンコーデの参考にどうぞ。

 

1.「極太にはゆるめトップスで」



ZABOU TOKYO
大井 勇人さん(スタッフ)
26歳。東京に出店して3年目を迎える「ZABOU TOKYO」の顔・大井さん。生粋の浪速っ子による関西弁を駆使した接客にハマるお客さんも多く、編集部のその一員。いつも笑顔が素敵。

Shirts / SPINNER BAIT
T-shirts / Saint James
Pants / M-65(70’s DEAD STOCK)
Shoes / 私物(BIRKEN STOCK)
Bag / L.L.Bean
Cap / Hanna Hats

 

– そもそも最近、軍パン穿いてますか?

はい。調子よく穿いていますよ。他のパンツとのローテーションもあるので、週で言うと1、2回くらいですが。

– M-65だからこそのコーディネートのポイントは?

個人的に意識しているのは、今っぽい丸っこいフォルムのトップスと合わせるようにしていますね。オックスのBDシャツもひとつの選択肢としてありますがお決まりパターンになってきているので、ちょっと違う感じで。ただ、襟付きで小綺麗にしておきたい気持ちもあって。だから今回のコーディネートでは、フルオープンのシャツでなく、プルオーバーでちょっと丸みがあって、かわいらしく。中にバスクシャツを入れて、春っぽく爽やかにしました。



 

– 今回取り入れた、〈M-65(デッドストック)〉の魅力は?

なんといっても、このたっぷりとした太さですよね。普段細いパンツを穿いている人からするとなかなかのボリュームだと思うんですけど、中途半端じゃないこの太さ加減がいい。あとは、語りどころの多いディテールも魅力です。ちなみにこれは70年代のもので、ブラスジップを使っているんですけど、60年代になってくるとアルミになっていたりとか。パンツ内側にあるスレキの年代とかね。

 





– 春におすすめの他のコーディネートを教えてください。

BDシャツにカーディガンとか。あとは、インナーに普通のTシャツではなく、シャツを合わせて、その上にGジャンを羽織ってアメカジっぽく着こなしてもいいと思います。Gジャンも普通のTシャツじゃなく、シャツにすることで違う見え方になるんじゃないかなと。

– 大井さんにとって、軍パンとは?

謎の魅力が詰まったパンツですね。あまり「軍ものが好き」という人間ではないんですけど、それでも惹かれる要素やディテールが盛り込まれていて、まだまだ未知なことが多いアイテムなので、都度都度、新しい発見があるっていうのが、面白いところですね。

 

2.「往年のトラッドスタイルで」



SELECT STORE SEPTIS
白川 秀貴さん(スタッフ)
28歳。三軒茶屋のインポートセレクトショップ「SEPTIS」のスタッフ・白川さん。確かな知識から裏付けられた接客・コーディネートはさすがのもの。

Jacket / J PRESS × BLUE BLUE
Shirts / KEATON CHASE
Pants / PROPPER
Shoes / G.H.BASS
Tie / KENNETH FIELD
Bag / MIS

 

– そもそも最近、軍パン穿いてますか?

最近トレンドということもあって、週3〜4回は穿いています。

– 〈PROPPER〉だからこそのコーディネートのポイントは?

軍ものを作っているブランドなので粗野な感じがするんですけど、それをあえてトラッドな着こなしにしてみました。パンツの裾はロールアップして、ダブルっぽい雰囲気に。足元は当店別注の〈G.H.BASS〉を合わせて、トラッドっぽく。ネクタイはシルクのニットタイで涼し気に見せながら、休日感を演出しています。





– 今回取り入れた、〈PROPPER〉の魅力は?

手に取りやすい価格帯のものなので、ガシガシ使えること。コットン100%なので、おろしたときはパリッとした表情ですけど、穿くにつれて味が出てくるところ。それに、あまり太すぎないほどよいシルエットなので、コーディネートを選ばず癖なく穿けるところが魅力ですね。

– 春におすすめの他のコーディネートを教えてください。

アウトドアな雰囲気のアノラックパーカーに、足元はニューバランスを合わせて、ドカジュアルに振ってもありかと思いますね。

– 白川さんにとって、軍パンとは?

気負わず穿ける、日常着。こなれた感じもありつつ、ガンガン穿けるパンツですね。

 

3.「いわゆる、が苦手な殿方へ」



Coper
張ヶ谷 鉄平さん(店主)
男心くすぐるミリタリー、ワークアイテムを広く展開する「Coper」の店主・張ヶ谷さん。おしとやかなルックスとは裏腹に、毎度顔を合わせる度に、失敗談が更新されるワンパクな一面も持つ。

T-shirts / HEALTH KNIT
Shirts / CORONA
Pants / CORONA
Shoes / 私物(Dr.Martin)
glasses / 私物(ayame)

 

– そもそも最近、軍パン穿いてますか?

週5日。ほぼ毎日穿いていますね。

– 〈CORONA〉だからこそのコーディネートのポイントは?

トップスとパンツを同色で合わせて、中にサスペンダーをつけることで、クラシックの路線を入れつつ、大人の色気を演出しています。色はブラウンで秋っぽい雰囲気なんですけど、あえて素材で春夏感を。次の秋冬が「クラシック」や「トラディショナル」がキーワードになってくるので、春夏からそれを意識したコーディネートをしてみるのも面白いかなって。



– 今回取り入れた、〈CORONA〉の魅力は?

デザインソースにしたオリジナルのものは綿ツイルを使っているんですけど、これはポリエステル100%でできているので、さらっとしたエアリーな質感なんですよね。生地もメランジっぽいので、単色のペタっとした見え方じゃないのもポイントが高い。あとは、シルエットですね。腿ワタリがあるんですけど、テーパードがほどよくかかっているので、ドレープ感が引き立って大人っぽい。いわゆる軍パンの形ですが、本物ではありえない色・素材を用いて、ブランドが綺麗に修正しているのは、〈CORONA〉ならではですね。



– 春におすすめの他のコーディネートを教えてください。

同色で合わせるのが、今年っぽい合わせのひとつとしてあって。逆に、柄ものとか、パステル系のアイテムを合わせるのもいいと思います。

– 張ヶ谷さんにとって、軍パンとは?

定番であり、いつの時代もファッションの幅を広げさせてくれるアイテム。昔も今も、スタイリングが変わっていても、軍パンを常に求めていますよね。

 

4.「90年代に今年っぽく」



WEEKENDER SHOP
芹澤 伸介さん(店主)
38歳。こじんまりとした店構えからは想像しえないほど、物に溢れる「WEEKENDER SHOP」の店主・芹澤さん。ものづくりに心血を注ぐ岡山ブランド〈COTTLE〉に今季は要注目。

Sweat / blurhms
Shirts / blurhms
Pants / DESCENTE ddd
Shoes / J'hayber
Bag / COTTLE

 

– そもそも最近、軍パン穿いてますか?

実は、月に1度くらいしか穿いていません(笑)。

– 〈DESCENTE ddd〉だからこそのコーディネートのポイントは?

みんながこぞってストリートな格好をしていた、90年代の雰囲気を感じさせる軍パンスタイルを意識しました。僕にとって〈ddd〉のジャストサイズはSなんですが、あえてLを着用して、その90年代かつ今っぽい雰囲気を出しています。トップスも袖にカフスのないオーバーサイズの柄シャツに、ハーフスリーブのスウェットを合わせて、それっぽく。ちなみに、スウェット、シャツの柄、パンツは同系色で合わせて、今年らしい統一感のあるコーディネートに仕上げています。





– 今回取り入れた、〈DESCENTE ddd〉の魅力は?

ナイロン100%が、まさにブランドらしさですよね。生地は薄いんですけど、ハリがあってしっかりしているので、安っぽくみえないで肌触りもいい。なにより、とにかく軽いんですよね。それに、サイドアジャスターでウエストの調整ができるようになっているのに、ベルトループもついていて、ベルトも締められるのも気が利いていますね。

– 春におすすめの他のコーディネートを教えてください。

シャツにジャケットを羽織って、トラッドに合わせるのが、自分たちが通ってきた軍パンの着方かな。この組み合わせは間違いないですよね。

– 芹澤さんにとって、軍パンとは?

意外と1番穿きやすいパンツ。軍パンって気を使わなくていいじゃないですか、価格も高くないですし。ハマったら離れられない中毒性がありますよね。

 

5.「気張ってないが、かっこいい」



Lampa
遠山 勇さん(店主)
47歳。本メディアのご意見番、高円寺のセレクトショップ「Lampa」店主・遠山さん。2年ほどのお付き合いになるが、今回の取材でまさかの生粋のゲーマーと知る。

Jacket / Mout Recon Tailor
Shirts / Brena RAF
Pants / BARNSTORMER
Shoes / Reproduction of found
Cap / Mout Recon Tailor

 

– そもそも最近、軍パン穿いてますか?

〈BARNSTORMER〉のものを週1で穿いています。

– 〈BARNSTORMER〉だからこそのコーディネートのポイントは?

〈BARNSTORMER〉の軍パンは他のと違って、シルエットがフォーマルとまではいかないけど、スラックスのつくりをしている部分があるから見え方がきれいなんです。だから、シャツを合わせようかなと。あとは、すべてミリタリーで合わせてみました。ただ、全身いわゆるデッドストックのものを着ているのとは違くて、気張っていない感じ。全身デッドストックって、雰囲気が出すぎて、がんばってきた感じとか、おしゃれしてきた感じが出ちゃう。それって、なんかかっこよくないと思うんだよね。すごい気張ってないけど、お洒落に感じるのがやっぱりかっこいいと思います。



– 今回取り入れた、〈BARNSTORMER〉の魅力は?

生地も軍パンならではのものを使っているから、ハイテク生地にはない風合いが出るよね。スラックスのようなつくりで、裾もダブルであげていて、いわゆる軍パンとは雰囲気が違うかな。



– 春におすすめの他のコーディネートを教えてください。

今回はブルーのシャツだったけど、やっぱり軍パンを合わせるとき、上は白だと思う。これは理論云々じゃなくて感覚的なことなんだけどね(笑)。白のトップスに、軍パン、足元はサンダルみたいなイメージ。他に提案するなら、プルオーバーのパーカーにコーチジャケットを合わせてストリートみたいな格好もいいかな。

– 遠山さんにとって、軍パンとは?

ある意味完成されたパンツ。男っぽさがあって、いつの時代も自然に惹かれて穿いているよね。男のロマンみたいな。蓄積されたアイテムの中でも、淘汰されず残ったものって、やっぱりすごいよね。


RECOMMEND Created with Sketch.

この記事を読んだ方におすすめ
  • FEATURE 2020.08.14

    「FACY」リニューアルに伴うサービスの一時停止について

  • FEATURE 2020.06.19

    新しい普通にファッションとしてのマスクを。〈Johnbull〉のマスクで”新しい日常“を彩りま...

  • INTERVIEW 2020.06.03

    オンオフ問わない“ちょうどいい服"って? Sig FREAK'S STOREで聞いた、これから...

  • FEATURE 2020.04.15

    【FACY】提携ブランド・ショップを支援する施策がスタートします

  • FEATURE 2020.03.29

    玉木朗の「名品は巡る」〜vol.2 プロッパーの軍パン〜

  • FEATURE 2020.03.28

    FACY編集部の「いまコレが欲しい!」(3月4週)

記事ランキング