どうせ買うなら今、そして花見ヘGO。春のアウター3着をご紹介。

花見のために特別買う必要はないけど、後々アウターを買うのなら今のうちに買って、どうせならそれを着て花見に行きたい。ある種の必然に促されるこの時期に、今年も当然着るであろうアウターをご紹介します。満開になるとされる今週末に行くのか、来週末に行くのか、はたまたこの2週間のどこかの平日で行くのか、行かないのか。いずれにしても「ラフに着れるアウター」が例年通り活躍しそうです。

スタイル不問、屋外どこでも不問のパーカー


normal_323d9e08



紹介したスタッフ
Lampa 遠山



一素人としては「ビッグメゾンにも生地を提供している」というワードだけで気になってしまう『White Line fishing club(ホワイトラインフィッシングクラブ)』のパーカー。まずもって左袖口のクラブ名を示す粋なプリントがGOOD。それでありながら着心地と防風性をしっかり備えているんだから、屋外のどこにおいても引っ張りだこになりそう。WLFCの年会費は無料、入会費は税込37,800円。入会希望の方は下記リンクよりどうぞ。

ハッスルな春を過ごすジェントルマンに捧げる一着


normal_c9ff5372



紹介したスタッフ
Eight Hundred Ships【EHS】 S.Hiroki



こちらは英国のジェントルマンのイメージを確固たるものに築き上げてきた『Barbour(バブアー)』がモダンにフィッティングさせたビデイル。撥水加工が施された薄手のナイロン素材が頼もしい一着。随所に配されたポケットが軽装で軽快に動き回りたい春にこれまたぴったり。さらにはビデイルを収納できるバッグが付属するというものだから、今年は例年よりハッスル(≒撥水)な春になりそう。

デッドストックで旬な一枚


normal_d4f262ed



紹介したスタッフ
LILY kosuke kato



ミリタリーの風貌でまず一目、「モデルチェンジが行われた最終モデル」という説明で二目置いてしまう存在が US ARMY のジャングルファティーグジャケット。デッドストックには珍しいというラージタイプでショートレングスのシルエットは、長らく続いているオーバーサイズの気分にしっかりハマってくれる旬の一枚。気温差なんて、持ち運びできるインナーで調整すればいいんです。いつもはガーリーな女性にも着てほしいですね。あ、花見とも相性良さそうです。

いかがでしたか?季節の始めはいつも目立つところから、というのが人の性。アグレッシブになるこれからの季節、よそ行き用の一着がまだ見つかっていない方はお早めに。自分はアノラックパーカーが最初の一着になりそうです。


RECOMMEND Created with Sketch.

この記事を読んだ方におすすめ
  • Default image 32 TREND 2018.05.18

    トレンドと実用性を兼ね備えた、スポーティーなライトアウターをご紹介。

  • Denim jk TREND 2018.04.25

    デニム素材なのに動きやすい!? 「着心地」で選ぶデニムジャケット7選

  • Top7 1024x768 BLOG 2018.04.16

    アウターを羽織るべきか悩んだら、コレです。『EDIFICE LA BOUCLE』のシャツ型パーカー。

  • Original 231a4c3d TREND 2018.04.13

    「こういうの、待ってました。」耐久性もある気の利いたカーキアウター7選

  • Original f7f2375c1 TREND 2018.04.10

    今年も要注目の「ブルゾン」、ショップスタッフがおすすめする上質な一着は…?

  • Default image 31 TREND 2018.04.08

    落ち着きのある春の装いを。プロが選んだ「大人っぽさが出るアウター」

記事ランキング

ショップスタッフがあなたに
おすすめを教えてくれるアプリ

ショップスタッフがあなたに おすすめを教えてくれるアプリ

アプリを無料でインストール