外見に「重き」を置く。この時期から着られる、ミドル〜ロング丈の春アウター。

軽い素材感なのに丈の長さで見た目の印象に重さを与えてくれる、春のコート。軽快と鈍重の両方を併せ持つ、スプリングコートは今年もぜひとも着ていきたい。ということで「この時期から春にかけて着る、ミドル〜ロングのアウター」という声に寄せられた、それぞれのお店らしさ溢れたショップスタッフの提案を見ていきましょう。

素材がら、夏手前まで羽織れる定番品


ss00685



紹介したスタッフ
LINKS 酒井 浩平



学芸大学 LINKSの酒井さんが提案したのは、定番の居間着シリーズから『theSakaki(ザサカキ)』の鬼の居ぬ間着ガウン。上品な光沢と独特な落ち感を見せるリネン・ポリを使用した一着は、ウエスト、裾に配されたドローコードによって表情の変化を楽しめる一着。生地本来のストライプ柄がまた前述と相まって、独特な雰囲気を醸し出しています。Tシャツの上にこの一枚で真夏ギリギリまで活躍してくれそうですね。

オイルドコットンだけではない老舗英国ブランドの一着


ss00686



紹介したスタッフ
Eight Hundred Ships【EHS】 N.Hotta



続いての一着は、ジェントルマンによく似合う『Barbour(バブアー)』のナイロンフーデッドビデイルSL。ブランドの代名詞である「ビデイル」にスリムフィットとフードをプラスした鬼に金棒の逸品。使用されたナイロン素材はライト且つソフトな着心地を堪能できる春素材。そしてコンパクトに収納できる利便性を兼ね備えているのも嬉しいポイントです。あと一ヶ月もすればくる、GWの旅行のお供にいかがでしょう。

抜かりない機能面、感じるブランド魂


ss00687



紹介したスタッフ
ROOT



最後に、ハリのある高密度タフタナイロンを使用した『Sofar(ソーファー)』のエンジニアードコート。撥水性を備えた生地は、今年もやってくる梅雨シーズンには持ってこい。そんな機能を備えながら今っぽいオーバーサイズも嗜めるのだから、今から着ない手はないですね。

重さを持ったロング丈は落ち着きあるように見せてくれるのがもう一つのポイント。今回はデザイン性が効いているものからミニマルのモノまで揃いましたね。気になった春羽織れるロングコートがあった方はぜひ詳細を、他のアイテムを提案してほしいという方はアプリでポストしてみてくださいね!


RECOMMEND Created with Sketch.

この記事を読んだ方におすすめ
  • Default image 12 TREND 2018.10.21

    「黒のスウェットパーカー」6選。着まわし力が問われるこれからの季節にどうぞ

  • Original 8eb9a9391 TREND 2018.10.20

    BARBOURはビデイルとビューフォートだけじゃない、"トレンチコート"も秀逸

  • Hen TREND 2018.10.20

    編集部が選んだ、「今羽織りたいアウター」3選

  • Default image7 TREND 2018.10.20

    「ちょっといいところへお食事」。どんなジャケットを着ていくのが正解?

  • Original 729484bb 1 TREND 2018.10.20

    プロが選んだ、「大人のミニ財布」おすすめ4品

  • 141 141180031680001 b2 TREND 2018.10.20

    持っておくと何かと便利、ノンストレスで着られる「ライトアウター」4選

記事ランキング