ショーツにTシャツは味気ない。そうだ、シャツを羽織ろう。

Tシャツ一辺倒では味気ない世の中だから...POISON


連日の初夏のような暑さにより、巷では早くもショーツを着用している方を多く見ます。前倒しでショーツを調達する人がきっと増えているのでしょう(あるいは昨年の…?)。そこで悩みの種になってくるのが、トップス。

Tシャツは利便性がかなり高いけど、子供っぽく見えてしまうというのが一般的見解。さらにそれ一辺倒では、スタイリングの底を知られたようで味気ない自分を露出してしまう。ということで、今回はショーツに合うシャツをご紹介。大人の余裕をスタイリングに落とし込みましょう。

素材もさることながら、デザインまでも


ss00843



紹介したスタッフ
store a 一明 徹



何の素材を使用しているのか気になる『tim.(ティム)』のドルマンショートスリーブビッグシャツ。今季も高品質で希少価値の高いGIZAコットンをたんまりと使用し、軽くしなやか、それでいてしっかりしているという要素を備えた逸品。肩周りはドルマンスリーブで着心地もGOOD。胸ポケでなく腰ポケという遊び心感じるデザインは、素材だけに偏らないブランドのこだわりですね。

大人的な袖丈、色味、シルエット


ss00844



紹介したスタッフ
Euphonica 井本



五分丈が少年と大人の垣根、『EEL(イール)』のパナマファイブ。ドライな肌触りと優れた通気性が特徴的なコットンとリネン混紡のパナマ生地を採用したこちらの一着。ネイビーの落ち着いた佇まいに、ボックスシルエットでゆったりとしたサイズ感など魅力的な部分は多々。「腕の露出が多い分、少年ぽく見えてしまう」というコメントは今後のアイテム選びの参考になります。

困ったらベーシック


ss00850



紹介したスタッフ
Eight Hundred Ships【EHS】 S.Hiroki



一周してやっぱりベーシックなのかもと思ったら『STILL BY HAND(スティルバイハンド)』のバンドカラーシャツが良いです。胸ポケに施された三角フラップが印象的なこちらの一着。リラックス感を図るゆとりあるサイジングとスタイリングに変化を加える長い着丈も嬉しいポイントですね。様々なアイテムと好相性のためショーツとの相性も、もちのろんです。

アロハとはまた違う民族着


5d0675086800c2cd669e
今年注目とスタッフさんが謳う『D'Accord(ディアコード)』のキューバシャツ。伝統的な刺繍柄とフロントに施されたラインが特徴的なこちらの一着。こういった類のアイテムをトップスに持ってくると、スタイリングに変化が付きますね。単色は言わずもがな、サイドラインの入ったパンツと合わせても面白いと思いますよ。

シャツタイプのニット


ss00846



紹介したスタッフ
orlo



ぜひとも堪能してみたい『cleaveland(クリーブランド)』のオープンカラーカーディガン。ラミー(リネンの一種)の変わり編地と天竺で作られたこちらの一着。アイテム名を見て驚きを隠せないと思いますが、あくまでニット。しかしオープンカラーでシャツとしての顔もある、変わり種と言わざるを得ないですよね。上はニット、下はショーツとこんなスタイリングをしている人みたら、二度見してしまいます。

夏ですし、このぐらいどうですか?


ss00847



紹介したスタッフ
LINKS 酒井 浩平



『NEEDLES(ニードルズ)』のオープンカラーシャツ。同ブランドらしい配色にブロックチェック柄と存在感抜群のこちらの一着は、素材にコットン・キュプラを使用した清涼感あるドライなタッチの夏仕様。特徴的なフロント2ポケットと裾のカットオフはさらに個性を引き立たせるもの。どのショーツで合わせるべきかは、LINKSがお店を構える学芸大学へいけば解決。もしくは下記リンク先からメッセージを送ってみてください。

総じて「独特」


ss00848



紹介したスタッフ
wien



洗いざらした様なクタッとした風合いと良好な着心地が魅力的な『Edwina Horl(エドウィナホール)』のワイドシャツ。レーヨン×ポリエステルのオリジナル素材と、独特のチェック柄はさすが同ブランドといったところ。アイテム名の通りワイドシルエットはリラックス感をもたらし、ネック部分もやや開いたデザインで他と一線を画すものです。同系色のショーツで合わせても良きこと。

春らしい、淡と柄の調和


ss00849



紹介したスタッフ
アメリカンラグシー名古屋店 ryuji takaki



春かおる柄、色合い『AMERICAN RAG CIE(アメリカンラグシー)』のリバティーパジャマシャツ。オリジナルで製作されたリバティーファブリックを使用した、春というワードにぴったりなこちらの一着。雲と鳥をあしらった柄と淡い色味が、身も心も春色に染め上げてくれそうです。さらに型はパジャマでベーシックなシャツとは違い、相反するジャケットと組み合わせても、いとをかし。

夏も大人的装いを楽しみたいですね。本記事で気になるシャツがあった方は、ぜひ提案してくれたショップへ行ってみてはどうでしょうか?また、自分も欲しい服を提案してほしいという方はぜひアプリで投稿してみてください!


RECOMMEND Created with Sketch.

この記事を読んだ方におすすめ
  • 2018 09 09 12.51.08 r BLOG 2018.09.24

    『EEL Products』の定番シャツが、温かな風合いの素材で再登場

  • Original 3b07174d TREND 2018.09.19

    肌寒い夜、こんなシャツを羽織りたい。

  • Original 0244fca9 TREND 2018.09.19

    清潔感が求められる「白シャツ」だからこそ、タフなものを選ぶべし。

  • Original 06e5f5b1 TREND 2018.09.17

    今シャツを着るのなら「オーバーサイズ」で。プロイチオシのアイテムはこの5枚

  • 1536322541 umeda 20180907 02 BLOG 2018.09.17

    ディテールも柄も面白い!『Engineered Garments』の新型シャツをご紹介

  • Original 597c7908 TREND 2018.09.15

    「オジサンっぽい」とは言わせません。ショップ店員イチオシの「チェックシャツ」3選

記事ランキング

daily weekly