男臭いにピリオドを打つものとは?シンプルで綺麗なワークアイテムたちをご紹介。

ワークアイテムと聞くと、独特なシルエットやデザイン、ベージュ・カーキといった色から、「男臭い」「野暮ったい」というイメージを抱いてしまいがち。年齢を重ねるごとにそのイメージが具現化され、スタイリングから影を潜めるように...。

そこで今回は大人も綺麗にキマる、ワークアイテムたちをご紹介。ガチなワークアイテムでなく、ブランドの手が加わっているので、かなり綺麗にキマります。シャツ一着、パンツ4本のアンバランスなご紹介になりますが、ご了承を。では、どうぞご一読を。

男臭くならないワークシャツ


ss00976
ASPESI - ハーフスリーブワークシャツ ¥24,840 (tax inc.)


 ASPESIから定番でリリースされているワークシャツを日本別注によって夏仕様(=半袖)にモディファイした一着。従来から男臭い印象が強いワークシャツも、同ブランドに手にかかればご覧の通りスラックスにも合わせたい仕上がりに。生地に使用した柔らかな風合いのあるシャンブレー素材が大きな要因ですが、白ボタンや襟の大きさなどのディテールも見逃せません。「なんか他のと違うね」、女性からの支持も厚そうです。。






上品で野暮ったさのないカーゴパンツ


ss00977
OMNIGOD - SUMMER WOOL CARGO PANTS ¥19,980 (tax inc.)


サマーウールとポリを使用したこちらは、肌触りの良いシルクライクの質感を持つ一本。ウェストのゴム仕様でリラックス感を味わいつつも、スラックスのような上品さも体感できる有能なやつです。カーゴパンツとしての体裁も腿に配されたポケットやしっかりとした縫製によって保たれ、GOOD。ワーク特有の野暮ったさはなく、ベーシックなボタンダウンシャツと合わせても拒絶反応を起こさず綺麗にまとまってくれますよ。




OMNIGOD - Daiki Matsubara
スタッフページを見る



ボンタンとペインターの掛け合わせは秀逸


ss00978
NOiSE CRAFT - bon-tan ペインターパンツ ¥27,000 (tax inc.)


光沢・頑丈・伸縮性が特徴のストレッチチノ素材を使用したこちらの一本。ボンタンをモチーフにしたスーパーワイドシルエットに、ペインターパンツの特長であるハンマーループが施された秀逸なデザインが目を引きます。ワークテイストは色濃く反映しているのに、どこか上品でナウい...。様々なスタイリングの土台になるパンツです、ワードローブに一本あると心強いですよ。






メイドインフランスは洒脱モノ


ss00979
DE BONNE FACTURE - WIDE LEG TROUSERS ¥35,640 (tax inc.)


凸凹の肌触りが特徴のスラブコットン生地を採用した、肌にまとわりつくような不快感とはさよならできる一本。シルエットは緩やかにテーパードがかかった、細すぎず、太すぎずなバランスがNICEです。メイドインフランスで随所への拘りを感じる「大人の綺麗めパンツ」といったところでしょうか。






ヴィンテージ×現代テイスト


ss00980
grown&sewn - 8オンスチノパンツ ¥23,760 (tax inc.)


チノパンを中心に展開する同ブランド。今季からスタートしたこちらは、すっきりとしたテーパードがかかったシルエットが特徴的。素材選びからディテールまでヴィンテージテイストを織り交ぜつつも、現代的なテイストも加えた一本になっています。ここまで綺麗だと、オーバーサイズのアイテムと合わせたくなってしまいますね。




シップス渋谷店 - 瀬谷 俊法
スタッフページを見る



工場の作業着だとか、貨物船の船着だとか、ガチのやつはやっぱりカジュアルに着こなすには少々ハードルが高いと思います。ワークアイテムをモチーフにつくられたブランドアイテムは、ワーク感と街着の両者の調和がとれているので意外に着やすいんです。気になった方は各リンクよりチェックしてみてください。