メジャーからマイナーまで。黒スキニーに合うスニーカーをご紹介。

“黒スキニーに合うスニーカーを探してます。定番からマイナーまでよろしくお願いします!”



黒スキニーはどんなトップスにも合わせやすいのと同様、どんなスニーカーにも合わせやすいんですよね。だからこそ足元に何を持ってくれば良いのか迷ってしまう。そこでやっぱりプロのショップスタッフの声が頼りになってくるわけです。

ということで今回は、そんなユーザーに提案してくれたショップスタッフが思う「黒スキニーに合うスニーカー」をご紹介していきます。メジャーどころだけ知っていては井の中の蛙大海を知らず。マイナーなものも集まっています!どうぞご覧ください。

伝統、久留米絣をスニーカーに


ss01273
MoonStar - LOW BASKET K ¥12,960 (tax inc.)


日本三大絣の一つ、久留米絣織によってなされた生地は独特な風合いを持ち、使い込むごとに磨きがかかる仕様になっています。織物特有の和テイスト×スニーカーの洋が相まった、コンバースオールスターとは一味違うサマを楽しんでみてはいかがでしょう。




store a - 一明 徹
スタッフページを見る



堅実な作り、白黒のバイカラーが目新しい


ss01274
A・SHOES - DECK SHOES ¥10,800 (tax inc.)


前アイテムと同様の地、福岡は久留米で作られたこちらの一足。コンバースオールスター同様、ヴァルカナイズド製法(スニーカー本体とソールの間にゴムを挟み、硬化させることで接合する製造方法)は玄人好みといえる作り。白黒のバイカラーはシンプルで珍しく、メジャーどころに飽きた方にオススメです。






王道の定番は廃らない。


ss01275
adidas - CAMPUS ¥10,789 (tax inc.)


王道は外せないということで、同ブランドから名作の一つに入る、CAMPUS。スタッフさんも説明不要と言ってしまうほど、定番として根付いてしまったこちらのモデルですが、信頼感、依存度はかなり高いですよね。シンプルイズベスト。この言葉を添えて締めさせてもらいます。






足元を照らすフラッシュ柄


ss01276
ELEY KISHIMOTO - CON2 FLASH ¥14,904 (tax inc.)


型は見慣れたコンバースオールスターですが、同ブランドを代表とするフラッシュ柄が「見慣れた」という言葉を撤回したくなるようなインパクト。プリントテキスタイルで世界的地位を築いたという経歴は伊達ではないですね。ソールもまたフラッシュ柄同様、目を喜ばすもので仕上がりは上々。




Euphonica - 井本
スタッフページを見る



履き心地を追求して


ss01277
SLACK - CALMER (BLACK/WHITE) ¥6,480 (tax inc.)


ベーシックなキャンバス地のスニーカーより、オンスの高いキャンバス地を使用することで、ハリのある質感を表現。そのほかにも、強度を高める働きをするサイドエラスティックやシャープな見た目を作るナローラスト等々、至高の履き心地を追求するディテールが目を引かせます。歩き疲れ軽減策にぜひ。






VANSは鉄板、ならばコラボ個性的を図る


ss01278
VANS VAULT×BRAIN DEAD - Classic Slip-On ¥17,280 (tax inc.)


LAを拠点に世界中のストリート好きを魅了するBRAIN DEADとVANSがコラボ。こちらはVANS代表作の一つ、Classic slip-onにBRAIN DEADの前衛的なグラフィックを落とし込んだ一足。「芸術は爆発だ。」と岡本太郎氏とデイダラ(漫画・ナルト)は言いますが、芸術とまではいかずとも、個性は爆発しそうです。




アメリカンラグシー名古屋店 - ryuji takaki
スタッフページを見る



足元は上品に大人らしく


ss01279
Paul Smith - スニーカー ¥38,880 (tax inc.)


盲点だった人も多かろう、ポールスミスのスニーカー。「カジュアル」が既成概念としてあるこちらの型を、アッパーに牛革を施すことで、「上品」「エレガンス」というワードをプラス。また配色は白ですが、牛革のおかげで汚れが付きにくいです。ソールもクッション性が高いため、履き心地も良く疲れにくくなっています。




di matsuyama men’s - Tomokazu Yoshizaki
スタッフページを見る



イタリア海軍のトレーナー


ss01280
REPRODUCTION OF FOUND - ITALIAN NAVY TRAINER ¥14,580 (tax inc.)


80年代にイタリア海軍の訓練靴を、同ブランドが当時の機会を用いて忠実に再現。シンプルなフォルム、配色は様々スタイリングとの好相性を促しています。古着でもなかなかお目にかかれない希少性も加味して気になりますね。




LILY - kosuke kato
スタッフページを見る




廃らない定番、新発見のマイナー、名ブランドの盲点が集まった今回の記事はいかがでしょうか。スニーカー選びの参考になれば幸い至極です。



RECOMMEND Created with Sketch.

この記事を読んだ方におすすめ
  • Original 77c8daa1 TREND 2018.09.24

    秋冬の足元、どうする? プロ推薦のスニーカーはこの4足

  • Tumblr pfcmba1ggq1u2tnolo4 1280 BLOG 2018.09.23

    トレッキングシューズっぽいレトロ感が、今の気分。スニーカーマニアをくすぐる『ZDA』の一足

  • Original 909acd551 TREND 2018.09.22

    ショップスタッフに聞きました!「他人と被らないスニーカーって?」

  • Original 65140b8f TREND 2018.09.20

    スニーカー通勤にはこんなシューズもアリ。『PRAS』のローファー型スニーカー

  • 501247712002 24 TREND 2018.09.19

    合わせやすさで選ぶなら?モノトーンのシンプルなスニーカー5選

  • 写真 2018 09 13 15 38 57 BLOG 2018.09.19

    70年代のプロトタイプがベースです。『REPRODUCTION OF FOUND』のジャーマン...

記事ランキング