静かに高揚する秋服モチベ。秋仕様のジャケットがショップに入荷してます。

サマーセールも終焉を迎え、各ショップは秋冬アイテムの展開を始動。夏服にはない、秋服ならではの高揚(紅葉)を感じます。今回は、秋冬アイテムの展開を今か今かとウズウズする服好きのみなさんへ、秋仕様のジャケットをご紹介。コーデュロイ、スウェット、デニム、ウール等、秋冬素材が顔を出してくれています。ぜひ、ご覧ください。

太畝ジャケットが今秋を彩ります


ss01500
Iroquois - WOOL CORDUROY ジャケット 67,000円(税込)


ウールの太畝コーデュロイを使用したこちらのジャケット。ウールならではの上品さと軽さが深く波打つ太畝と相まって、奥ゆかしい佇まいに。やや長めに設定された前身頃もベーシックなジャケットと一線を画す個性的な様相を呈しています。秋にコーデュロイはまず外れないです。




Iroquois - 小安
スタッフページを見る



やはり動きやすさは譲れない


ss01501
WILD THINGS - 別注セットアップ 34,560円(税込)


毎シーズンお馴染みとなっている、アメリカンラグシー×ワイルドシングスのトラベルシリーズ。生地には縦横斜め方向に伸縮する4wayストレッチ素材を使用し、肩パットを排した作りやバックのセンターベントなど、アウトドアブランドらしく動きやすさを考慮したディテールが見て取れます。フロントのスナップ釦は軽快な印象に一役。移動を忙しくするビジネスマンに特におすすめです。




アメリカンラグシー名古屋店 - ryuji takaki
スタッフページを見る



デニムは春だけでなく秋でも


ss01503
KURO - CROW DENIM JACKET 17,280円(税込)


季節の始まりはデニムの合図ということで、デニム専業ブランド『KURO』のCROW DENIM JACKET。日本デニムの聖地として知られる、岡山に拠点を置く吉河織物の12オンスデニム生地を採用。さらに、縫製は世界でも一際脚光浴びるオイカワデニムに委託。堅牢且つヴィンテージの雰囲気漂う仕上がりになっています。ジャパンメイドが詰まった、これぞ!といった一着です。




Synapse natif - フジイ
スタッフページを見る




テーラード風ワークジャケット


ss01505
SASSAFRAS - FALL LEAF JACKET 10oz DENIM / INDIGO 39,960円(税込)


ガーデニングするためのウェアをコンセプトに掲げていることもあって、アイテム名に“FALL LEAF”を。佇まいはカバーオールのような男らしいものに。ポケット総数の多さが実用性の高さを感じさせます。10ozの中肉デニム生地と頑強なステッチワークがワークブランドらしいですね。






ギターリストのための一着を


ss01506
cleaveland - 「Anyone can play」w/herringbone play jacket 39,960円(税込)


上質なウールヘリンボーンの編地を使用したこちらのニットジャケット。アイテム名に「Anyone can play」play jacketと称されている通り、ギターを弾く人のために作られた一着。腕の可動域が広く、それ以外のシーンでももちろん重宝できそうです。グレーがより深まる季節がきってきました。







スウェット生地がハッタリのような正統派


ss01504
SOLIDO - 度詰め 2ツ釦 ジャケット 56,160円(税込)


正統派な見た目でありながら、使用しているのはスウェット生地。スウェット特有の「だらしなさ」は皆無に等しく、むしろオーセンティックさを感じる仕上がりに。また高めのVゾーンに呼応する、やや大ぶりなボタンとナローラペル。計算され仕立てられた一着はカジュアルにもフォーマルにも振れる代物です。肌寒い秋の季にぜひ。




Octet nagoya - SHUHEI TAKAURA
スタッフページを見る




老舗のホンモノジャケット


ss01509
FRAIZZOLI - Corduroy Work Jacket 29,160円(税込)


イタリアの老舗ブランドから、コーデュロイを使用したワークジャケットを。現にミラノ・ローマ市警やドアマン等に制服を支給してきた経緯もあり、品質は折り紙付き。コーデュロイ素材とタイトなシルエットがレトロな雰囲気を纏い、たなびく秋風との相性も良いでしょう。




LILY - kosuke kato
スタッフページを見る



僕も着々と秋冬モチベを上げてきています。夏服とうまく合わせて、スタイリングを構築してください。



RECOMMEND Created with Sketch.

この記事を読んだ方におすすめ
  • Original 0b6888cd TREND 2018.12.13

    突然のお呼ばれ。どんな「ジャケット」がおすすめ?

  • Original 32cf8a33 TREND 2018.12.05

    気負わずにサッと羽織りたい。プロ推薦の「カジュアルに着用できるジャケット」はこれ

  • Original 160339dc TREND 2018.11.09

    流行のチェック柄。テーラードジャケットで取り入れるのが大人の手法

  • Original 4c4f2346 TREND 2018.10.23

    大人の品位を落とさない、「ネイビーのテーラードジャケット」3選

  • Default image7 TREND 2018.10.20

    「ちょっといいところへお食事」。どんなジャケットを着ていくのが正解?

  • 501297658002 TREND 2018.10.16

    グレーパンツの相棒にいかが?ショップ店員一押しのジャケット3選

記事ランキング