“CITYBASIC”を体現する「F.S.Z(エフエスゼット)」のスウェットパンツ

11142020_5465e56d5fce4
F.S.Z EASY SIDELINE PANTS ¥27,000 → SALE ¥18,900(tax.in)


東京で2011年に設立した「F.S.Z」。高品質と洗練されたデザインのリアルクローズを求めて始めたブランドだ。“CITYBASIC”というコンセプトを基に、ベーシックなスタイルの中に、自由な視点から生まれる発想をデザインやディテールに取り入れつつ、強い拘りを持つ色、柄、素材使いを中心としたリアリティかつオリジナリティ溢れる独特なコレクションを展開している。

今回ご紹介する“リアルクローズ”は、シャープなシルエットが特徴的なパンツ。スウェット生地とadidasのジャージパンツに代表するサイドラインテープは、スポーティーな要素としてのイメージが強い。しかし、そうはならないのが“リアルクローズ”を展開する同ブランドならではのアイテムといった印象だ。

ウエストと太もも部分はややゆったりと余裕を持たせ機能的に。膝あたりから裾に向かうテーパードはきつめに効かせ、全体的にメリハリのあるバランスとなっている。寄りの写真で見る裾のリブを見ても分かるように、袖のリブと錯覚するほどの長さ(7.5cm)がラフさとシャープさを一つのデザインに落とし込むポイントだ。

使用されている生地は、和歌山にて現在では数台しか稼働していない旧式の編み機を使用して作られたもの。編み立ての速度が非常にゆっくりしているため、通常の編み機では表現できない膨らみと柔らかいタッチが特徴的だ。その他、3本針ミシンの縫製の丈夫さ、フロント裏地付きで膝の延び止めのディテール、ウエスト部分の異素材ポリエステルの切り替えなど、総じてデザイナーの拘りを感じることができるアイテムとなっている。

パジャマとしても着られる所謂「スウェット」は、柔らかな風合いがなく、無機質で淡白な印象のため一本ではサマにならない。しかし、編み機による制作工程や異素材ミックスなどが「コンビニへちょっと出かけるモノ」から「街にお出かけするモノ」に進化している。そんな特徴を生かすため、今の季節ならオーバーサイズのTシャツをタックインして“CITYBASIC”を体現するのはいかがだろうか。

F.S.Z TOKYO
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4-28-5 J4.NAGAO BLDG. 1F
TEL .03-6804-2199  OPEN.12:00~20:00


Text.Shunsuke Mizoguchi




RECOMMEND Created with Sketch.

この記事を読んだ方におすすめ
  • F19ed14c4f029bce5f9e TREND 2018.05.24

    楽だけど、だらしなくない?街着として「綺麗に穿ける」スウェットパンツ4本

  • Original aae49292 TREND 2018.05.21

    部屋着っぽさを払拭、プロが選ぶ「普段穿きできる」スウェットパンツ

  • Sweat pants TREND 2018.03.07

    「なんかダサい」なんて言わせない。丁度いいラフさが格好良いスウェットパンツ

  • Original 04ae2bf81 TREND 2018.03.06

    アウトドア好き必見!プロが選ぶ、アクティブパンツ4選

  • Medium c224bf55 TREND 2018.03.05

    見た目も、穿き心地もイイ。プロが選ぶ、シンプルな「イージーパンツ」

  • Champin sweatpants TREND 2018.03.03

    穿き心地が違う…!「EDIFICE×Champion」の進化系スウェットパンツ

記事ランキング

ショップスタッフがあなたに
おすすめを教えてくれるアプリ

ショップスタッフがあなたに おすすめを教えてくれるアプリ

アプリを無料でインストール