この秋、スラックスに合わせたいローファーをご紹介。

さすがに素直に秋…とは今日の天気を見た感じではいかないようですが、装いは秋へと少しずつ移り変わっています。そこで今回ピックアップしたいのが、「スラックスに合わせるローファーが欲しい」というポスト。スラックスとローファー、如何にも秋っぽい組み合わせ、僕もやりたいです。ということで、ショップスタッフがオススメしてくれたローファーたちをどうぞ。

ローファーを語る上ではハズせないブランド


loafer-top

G.H.Bass - “WEEJUNS” LOGAN PENNY LOAFER 16,200円(税込)


1876年に米国で創業された『G.H.BASS』は、ローファーを語る上では絶対に避けては通れないブランド。こちらは、代表モデルであるLOGAN。伝統あるマッケイ製法で作られるガラスレザー仕様のペニーローファーは、極めてシンプルなデザインで、トラッドからカジュアルまで様々なテイストに合ってくれる一足。ということで、スラックスとの相性も折り紙つきです。




ウォルナッツ恵比寿店 - Kaz Higuchi
スタッフページを見る



ロールビーフタイプのペニーローファー


normal_824e61fd

G.H.BASS - LARSON ペニーローファー 17,280円(税込)


続いても、同ブランドからペニーローファーを。こちらも伝統のマッケイ製法に、アッパーは光沢感のあるガラスレザーを使用したタイプ。上記のLOGANと違うのは、ベルトの付け根部分のデザイン。LOGANがドレッシーな平付けなのに対し、LARSONは少々カジュアルなロールビーフを採用。どちらもスラックスに合うので、お好みで気になる方をどうぞ。






秀逸なフレンチローファー


normal_4166e4a7

BOWEN by ALFRED SARGENT - CALF LOAFER 49,680円(税込)


革靴の聖地ノーザンプトンにて、不動の地位を築いた『ALFRED SARGEN』が手掛けたボーウェンのローファー。一見ベーシックなフレンチローファーですが、細部にわたる質実なつくりにより秀逸な一足へと昇華。アッパーはキメの細かいカーフ、アウトソールには雨の日でも着用可能な耐久性の高いダイナイト…さらにグッドイヤーウェルト製法と申し分なし。スラックスと合う云々関係なく、気になりますね。(もちろんスラックスとも合いますが)






スラックスも良いですが、個人的にはチノパンと合わせたいところ。ローファーで秋らしい足元に仕上げていきましょう。


RECOMMEND Created with Sketch.

この記事を読んだ方におすすめ
  • Original 4b4728481 TREND 2018.10.12

    合わせやすい「ブラウン」。程よく抜け感のある革靴4足

  • Default image TREND 2018.10.04

    適度にカジュアルでカッチリ。ショップ店員の一押しはこんなローファーたち

  • Original 65140b8f TREND 2018.09.20

    スニーカー通勤にはこんなシューズもアリ。『PRAS』のローファー型スニーカー

  • Original 333f0480 TREND 2018.09.20

    適度な上品さがいいね。プロおすすめの「黒ローファー」4選

  • スクリーンショット 2018 09 07 19.40.35 TREND 2018.09.09

    楽に履けてドレッシー。カジュアルになりすぎないための「レザースリッポン」

  • Original e30dc9a8 TREND 2018.08.29

    セットアップには外羽根?内羽根?秋口は「ローファー」が粋なんです

記事ランキング