もう行った?〈 PARIS オートクチュール展 世界に一つだけの服 〉が三菱一号館美術館にて開催中

「芸術は、着れる」という目を引くコピーが印象的な〈 PARIS オートクチュール 世界に一つだけの服 〉は、現在大人気開催中。

本展覧会ではオートクチュールが始まった19世紀から1970年代以降現代に至るまで、100年近い歴史を概観することができます。2013年にパリ市庁舎にて開催されたガリエラ宮パリ市立モード美術館企画による展覧会を再編集したもの。

image
19世紀ガリエラ伯爵により作られたガリエラ美術館は、のべ10万点を超える洋服を抱える世界でも随一のファッションミュージアム。シャネル、クリスチャン・ディオール、バレンシアガ、イヴ・サン=ローランなど、ハイブランドが生み出してきた美しいシルエットの数々、刺繍・羽根細工・コサージュなど脈々と受け継がれる世界最高峰の職人技を駆使したドレスや小物、当時のデザイン画、写真など合わせておよそ130点が一堂に会しています。

image

image
image

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

館内を行ったり来たりして拝見した数多の展示の中でも殊に言及しておきたいドレスは、バレンシアガ引退前最後のオートクチュールである櫻色のドレス。本場フランスで、『ガリエラのモナリザ』と呼ばれるのも納得の麗しさを放っていました。

プレタポルテの台頭によりオートクチュールの立ち位置が揺らいだ転換期であった1960年代。天然の蚕から作られたという気の遠くなるような膨大な工程にこそ、時代の流れに抗ったバレンシアガ本人の爪痕がうかがえるのかもしれません。

image

ところで鑑賞/撮影をしていて気になったのが、一貫した展示室の暗さ。一番暗い部屋ではなんと50ルクス(!)で展示をしているのだとか(ガリエラ宮パリ市立モード美術館指定の数値)。これは浮世絵の展示などと同じ暗さだそう。それはもちろん、偏に数十年経過している数々のオートクチュールの状態を保つために尽きます。

image

ファストファッションが世の中に浸透して久しい昨今。パターンに頼らず、ひと針ひと針を縫い繋げて一着を作る、という果てしないクリエイティブに目を向けてみてはいかがでしょう。

ちなみに本展覧会の図録は、最近増刷も決定したという人気ぶり。図録にはめずらしい "電子版図録 もあるので、手のひらでオートクチュールを味わうのも違った発見があるかもしれませんね。電子版ならでは、拡大機能でよりディテールを堪能できるかも!
展覧会「PARIS オートクチュール 世界で一つだけの服

会期: 2016年3月4日(金) 〜 5月22日(日)
場所:三菱一号館美術館
休館日:月曜日(但し、祝日と5月2日・16日は開館)


Text. Midori Tokioka



RECOMMEND Created with Sketch.

この記事を読んだ方におすすめ
  • Sub1 NEWS 2017.11.22

    年末年始おすすめ映画『マノロ・ブラニク トカゲに靴を作った少年』

  • Img 4739 NEWS 2017.09.16

    若手作家作品を扱う自由が丘のギャラリーKIANで開催。ソイキャンドルで忙しい毎日の癒しを

  • Dsc 0644 NEWS 2017.08.17

    塔の上のラプンツェルの名シーンを体験できるデジタルアートが期間限定で登場!

  • Img 4365 NEWS 2017.08.17

    ルイ・ヴィトンが “東京” のトラベルブックを出版。ピクセルアート第一人者 eBoy が表現す...

  • Dsc 0839 NEWS 2017.08.14

    『舘鼻則孝 リ・シンク展』で描かれているのは、日本人としての再考。表参道ヒルズで8月20日ま...

  • Julie main e1498556894860 NEWS 2017.08.02

    靴を武器に戦う女たち。フレンチミュージカル『ジュリーと恋と靴工場』は9月23日新宿ピカデリーほ...

記事ランキング

STYLER iOS

ショップスタッフがあなたにおすすめを教えてくれるアプリ

STYLER iOS