グルテン&シュガー&ギルトフリー!オーストラリア発の新スイーツ「ブリスボール」で罪悪感ゼロのおやつタイム

だって、女の子だもん、甘いものは食べたい!

夏を目前にそろそろボディも整えねば、というタイミングなのに、どうしても負けてしまう“甘い誘惑”。我慢したら我慢したで爆発して暴食してしまうし(しない?)、どうすればいいの!と悩んでいるレディに朗報。美味しく、綺麗に、可愛く、サクッと!を実現した魔法のようなおやつ“ブリスボール”をご紹介します。

ブリスボールとは


一口サイズのお団子のようなシルエットが可愛らしい、オーストラリア発のヘルシースイーツ Bliss Ball。その見た目のフォトジェニックな美しさからインスタグラムで話題になり、今では投稿数4万6千件を越えるほどの人気です。

注目すべきはそのヘルシーさ。

No Sugar 砂糖不使用
No Gluten グルテンフリー
No Additives 添加物無し


を掲げ、体に悪いものは一切含まれていない、まさに「罪悪感ゼロ」のスイーツなのです。カロリーは一粒約60キロカロリーほど。原材料はナッツ、ドライフルーツ、スーパーフード、グルテンフリーのオーツ麦などを使用し、小麦粉ではなくドライフルーツでモチモチの食感を出しています。

_DSC0909

日本初のブリスボール専門店が誕生


そんな「罪悪感ゼロ」のスーパースイーツ、ブリスボールの専門店 FOOD JEWELRY が今年4月に誕生しました。

代表の坪井玲奈さんは、たった一度の人生を最高に楽しみたい人たちのために、空腹を満たすだけではなく、“カラダの調子を整えるため” に食べるごはん=「メンテナンス・フード」を届けたいと思いFOOD JEWELRYを立ち上げたそう。

_DSC0907

元々ヨガスタジオの運営をしていた時にブリスボールに出会い、「メンテナンス・フード」としての可能性を強く感じたことから起業を決意。自ら本やネットで情報を集め、インスタグラムに溢れる美味しそうなブリスボールの写真から味を想像しレシピを考案したそう。ミシュラン星付レストランのシェフや医師などにアドバイスをもらい、現地での修行の末に理想のブリスボールが誕生しました。

_DSC0911

定番の味はカカオ×アーモンド with カカオニブ、イチジク×くるみ with ビーツ、抹茶×パンプキンシード with スピルリナなど。すべて素材本来の味を最大限に引き出しあうような組み合わせを考えて作られています。カカオ味を試食してみて驚いたのが、まるでトリュフチョコかと思うほどの自然な甘さと濃厚なカカオの香り。この甘さは砂糖由来ではなく、カカオの香りが引き立つように組み合わされたデーツの自然な甘さです。

 

現在、9月の店舗オープンに先駆けMakuakeにてクラウドファンディングを実施中。ブリスボールのお試しセットや手作りキットを購入することができます。ケータリングなども承っているそう。

体と食べ物、美味しさと健康をまるっと繋げたスーパースイーツ、ブリスボールに要注目!

 
FOOD JEWELRY

2016年9月、EJ JUICE&SOUP 麹町 本店内にて出店予定

 HP / Facebook / InstagramMakuake

Text. Azu Satoh



RECOMMEND Created with Sketch.

この記事を読んだ方におすすめ
  • 01 shavedice NEWS 2018.07.26

    「Roasted COFFEE LABORATORY 渋谷店」に2日間限定で「柑橘かき氷」が登場

  • 01 mainvisual NEWS 2018.02.07

    「いちご」の日にはいちご300%!「J.S. PANCAKE CAFE」が春のいちごフェアを開催

  • 15 NEWS 2018.01.31

    可愛すぎるピンクのキットカット「サブリム ルビー」がホットチョコレートになって登場!

  • 12 NEWS 2018.01.20

    ヨックモックのバレンタインは大人顔の「ショコラ シガール」が限定登場

  • 7c6f6696f517404a91932dc2c6f12cd4 NEWS 2018.01.19

    大人ラグジュアリーな「唇ロリポップ」が『papabubble』より発売

  • 8 CULTURE 2018.01.18

    バレンタイン2018は「天然ピンクのチョコレート」が本命!世界初「ルビー チョコレート」を使用...

記事ランキング