星に追いつけない願い事、七夕の話《水曜のケセラセラ》

こんにちは、ROBE編集長のAzuです。気まぐれ連載《水曜のケセラセラ》第14回目になりました。前回は伝説のストリートフォトグラファー、ビル・カニンガムのお話。今回はゆるーく、七夕に願いを。

明日は7月7日。織姫と彦星が一年に一度だけ会うことを許される日です。ベガとアルタイル。

七夕のお話って、なんだっけ。織物、農業、それぞれのお仕事ほっぽらかしてラブラブしてた二人を見てパパが激おこ、「仕事せーい!ばかちーん!」と二人を引き離す、二人わんわん泣いて仕事どころじゃない、仕方ないから一年に一度だけ二人が会うのを許す、みたいな、話だったっけ。どうしようもない二人の話だ!

☆☆

先日、友人と訪れた小さなバーに七夕用の笹が置いてありました。もうそんな季節なのねと話していたところ、気立ての良い女主人に誘われ願い事を書くことに。きっと中学生ぶりの短冊です。

しかし、筆が進まない。

いざ願い事を書こうと思っても、何も出てこないのです。神社で願い事をするとき頭の中でぼんやりと呟くのとは違って、決められたスペースに収まるよう文章で表現する。改めてその難しさを痛感しました。

「瞬時に消える流れ星に願い事を言えるのは、そのことを常に考えているくらい、願い事に対する想いが強いから」

隣の人が後でそんなことを言っていてなるほど、と感心。そして少し落胆。

流れ星への願い事ではなかったけれど、瞬時に出てこなかった私の願い事は、ふわふわと、どこか不誠実で後ろめたい気持ちを伴っているのだなぁ、と核心をつかれた気がしたんです。

織姫と彦星がどうしようもない二人だと笑った冒頭の私こそ、強く思える願いすらないつまらない人間なのではないかと。

_DSC1275

あれからなんとなく七夕のことが頭から離れない私は、ふと立ち寄った「とらや」さんで七夕限定の天の川を買ってしまいました。

琥珀羹でできた緑の空に流れるのは煉羊羹の天の川。散らばる星は白いゴマ。

モチモチの琥珀羹はじーんと口の中に溶けていく、程よい甘さ。控えめに散りばめられたゴマは、こんなにも弾けるものだったっけ?と驚くほどの存在感を放ちます。

星に追いつける願い事って何だろう?普段あまり食べない和菓子を口にしながら、ぼんやりと夏の空に思いを巡らせました。

七夕でハッピーな話題を考えようと思ったのに、すべての事柄を重く煮詰めて考えてしまう性格がこうも出るとは、、、、願い事は「適度な軽さを持って生きる」にしようかな。

Text : Azu Satoh



RECOMMEND Created with Sketch.

この記事を読んだ方におすすめ
  • 01 shavedice NEWS 2018.07.26

    「Roasted COFFEE LABORATORY 渋谷店」に2日間限定で「柑橘かき氷」が登場

  • 15 NEWS 2018.01.31

    可愛すぎるピンクのキットカット「サブリム ルビー」がホットチョコレートになって登場!

  • 12 NEWS 2018.01.20

    ヨックモックのバレンタインは大人顔の「ショコラ シガール」が限定登場

  • 7c6f6696f517404a91932dc2c6f12cd4 NEWS 2018.01.19

    大人ラグジュアリーな「唇ロリポップ」が『papabubble』より発売

  • 8 CULTURE 2018.01.18

    バレンタイン2018は「天然ピンクのチョコレート」が本命!世界初「ルビー チョコレート」を使用...

  • 04 chococanelefondant CULTURE 2018.01.05

    Bean to Bar チョコのメニューを楽しめるスタンド「HI-CACAO CHOCOLAT...

記事ランキング