〈ルソー、フジタ、写真家アジェのパリ ー 境界線への視線〉から垣間見える新しいパリ

前回の企画展「Modern Beauty展」も大盛況のうちに終了した箱根ポーラ美術館。2016年度後半の企画展は、19世紀後半〜20世紀のパリが舞台。「ルソー、フジタ、写真家アジェのパリ − 境界線への視線」と題した本展覧会では、ルソー、フジタ、アジェの3人の芸術家を中心に取り上げています。彼らを「パリ」と「境界線」という共通点を紐解いてみましょう。「時代の大きな変化」に芸術家として生きていた彼らの作品は、現代を生き抜くヒントになるかもしれません。

ポーラ美術館 ルソー、フジタ、写真家アジェのパリ ー 境界線への視線

◆見どころ1
芸術家が捉えつづけたパリ市周辺部の「境界線」


19世紀中期から20世紀初頭にかけ、パリ市は周囲を壁に取り囲まれていたそう。その間、パリ市の人口増加に伴い貧富の差も拡大。煌びやかな中心部とは異なり貧困層が住むパリ市周辺部で作品を作り続けた人物が、今回の3人です

日曜画家として活動していたアンリ・ルソー、渡仏し戦前すっかり画会を代表する日本人と名声を手に入れたレオナール・フジタこと藤田嗣治、そして写真家として大器晩成となったウジェーヌ・アジェ。同じパリ市周辺部の「境界線」を題材にしていたにも関わらず、彼らの作品は三者三様でした。殊に、日本から渡仏したフジタにとっては日本人であるという来訪者としての自意識と、貧困者という街にとっての異物とを、重ね合わせていたと言われています。

ポーラ美術館 ルソー、フジタ、写真家アジェのパリ ー 境界線への視線

 

◆見どころ2
紆余曲折の末にたどり着いた「写真」が絵画に与えた多大な影響


3人の中で、学芸員の方も「有名でなかったからどう取り上げればいいか戸惑った」と苦笑いするほど知名度の低い写真家アジェ。演劇人を目指すものの一向に目が出ず写真に手を出したのが30代半ば、という苦労人でした。1898年(このときすでに41歳!)以降、19世紀のパリの姿を撮影することを使命として写真に打ち込み地位を確立していったそう。20kgするカメラを抱え、パリ郊外の建造物、公園、道路、店先、看板、室内、路上で働く人々を撮影していきました。そのうち彼の作品は美術館や公的機関、画家や室内装飾家、建築家などに買われていったのだとか。いつでもどこでも気軽にスマホで撮れるわけではなかった時代、仕事資料として重宝される商売も需要があったというわけです。

ポーラ美術館 ルソー、フジタ、写真家アジェのパリ ー 境界線への視線

晩年は、マン・レイに見い出されたことを機に、ジョルジョ・デ・キリコらのシュルリアリストたちに影響を与えていたというから驚きです。また、アジェの残している顧客リストには名を連ねていないものの、フジタの手記にはアジェが記録写真販売の訪問営業に来たという記録が残っているんだとか。こういった系譜を知っていくのも体系的に作品を見ることのできる企画展ならではですね。

 

ポーラ美術館 フジタ

また、レオナール・フジタは、昨年の東京国際映画祭 (TIFF) でオダギリジョー主演映画「FOUJITA」が放送されたことも記憶に新しい方もいらっしゃるのではないでしょうか。「アッツ島玉砕」に代表される通り、2度の世界大戦に人生を翻弄された挙句、フランスへ帰化した1人です(日本を去る時の名言と、土門拳が撮影した空港写真が最高にかっこいいのでぜひ見ていただきたい)。そういった経緯を鑑みると、半世紀以上が経過した今こうして邦美術館で彼を目にする機会が増えたことは、喜ぶべきことかもしれません。

ちなみに、著作権が厳しいフジタの作品は今も数多くの作品が未だ「著作権有効」であるため。なのでこの記事に1枚もフジタの作品画像は掲載されていません。「小さな職人たち」シリーズをはじめ作品を見るためには現場で確かめるのみ!乳白色だけでないフジタの作品を、貴重な絵画・写真の数々をぜひご自身の目で確かめてみてはいかがでしょう?

ポーラ美術館 ルソー、フジタ、写真家アジェのパリ ー 境界線への視線

そのほかにも、企画展をモチーフに考案された限定のコース料理19世紀末に使われていたピンホールカメラを作るワークショップなど、多角的に展示会を楽しめる催しが用意されているので要チェック。

すぐには行けない!という方は、ポーラ美術館のInstagram(@polamuseumofart) のフォローもおすすめ。貴重な貯蔵品や企画展示の様子はもちろん、建造物としても有名な美術館の写真や「森の遊歩道」の季節の移り変わりもチェックすることができます。

 
「ルソー、フジタ、写真家アジェのパリ ー 境界線への視線」
会 期 : 2016年9月10日(土)~ 2017年3月3日(金)※会期中無休
主 催 : 公益財団法人ポーラ美術振興財団 ポーラ美術館
特別協力 : 川崎市市民ミュージアム、東京国立近代美術館、横浜美術館
後 援 : フランス大使館、アンスティチュ・フランセ
企画展HP

ポーラ美術館
Address 神奈川県 足柄下郡 箱根町 仙石原小塚山1285
Tel 0460-84-2111
Open 9:00-17:00(入館は16:30まで)
無休(展示替えのための臨時休館あり)
美術館HP

 

Text. Midori Tokioka



RECOMMEND Created with Sketch.

この記事を読んだ方におすすめ
  • Sub1 CULTURE 2017.11.22

    年末年始おすすめ映画『マノロ・ブラニク トカゲに靴を作った少年』

  • Img 4739 CULTURE 2017.09.16

    若手作家作品を扱う自由が丘のギャラリーKIANで開催。ソイキャンドルで忙しい毎日の癒しを

  • Dsc 0644 CULTURE 2017.08.17

    塔の上のラプンツェルの名シーンを体験できるデジタルアートが期間限定で登場!

  • Img 4365 CULTURE 2017.08.17

    ルイ・ヴィトンが “東京” のトラベルブックを出版。ピクセルアート第一人者 eBoy が表現す...

  • Dsc 0839 CULTURE 2017.08.14

    『舘鼻則孝 リ・シンク展』で描かれているのは、日本人としての再考。表参道ヒルズで8月20日ま...

  • Julie main e1498556894860 CULTURE 2017.08.02

    靴を武器に戦う女たち。フレンチミュージカル『ジュリーと恋と靴工場』は9月23日新宿ピカデリーほ...

記事ランキング

STYLER iOS

ショップスタッフがあなたにおすすめを教えてくれるアプリ

STYLER iOS