記者会見には蒼井優さんも登壇。2016年の東京国際映画祭は10月25日から始まります!

芸術の秋!今年も東京国際映画祭2016(以下TIFF)の季節がやってきました。今年で29回目を迎えるこの映画祭は、六本木ヒルズを中心に約10日間行われるアジア最大規模の祭典です。早いもので、会期まで残り1ヶ月を切りました。そこでROBEでは、先日行われた記者発表会の様子と、注目プログラムのご紹介、と二部に渡ってみなさんに一足先にご情報をお届けします!



東京国際映画祭とは?


東京国際映画祭とは、1985年に始まった日本初の大規模な映画祭です。と同時に、「世界の映画産業、国際映画祭の諸問題を改善し、検討する国際機関」である国際映画製作者連盟に、唯一公認されているアジアの映画祭になります。その昔は渋谷の文化村あたりで開催されていたこともあったとか。世界中からやってくる数千の応募作品を第一線の映画人が選出し、良質な上映作品たちが幾つかの賞を目指すという熱い約10日が繰り広げられます。これらは文化振興に大きな役割を果たしており、東京国際映画祭はコンセプトとして下記の4点を挙げています。

・国内外へ向けた映画の情報発信基地
・クリエイターに陽を当て、世界へ羽ばたくステージを作る
・未来の映像作家・映画ファンの創出
・誰もが参加したくなる映画祭


また、 "陸の孤島" と揶揄されることもある六本木で行われることが少しネックとも言われている本映画祭ですが、近年では新宿の映画や歌舞伎座でも上映・イベント開催をしており、今年も六本木以外でも行われるイベントなどもあるので要チェックです。(情報は公式サイトニュースにて随時公開予定



記者会見には豪華ゲストが登壇


記者会見には『アズミ・ハルコは行方不明』から松居大悟監督と主演女優の蒼井優さん、『雪女』から主演俳優の青木崇高さん、そして特集として細田守監督が、それぞれゲスト登壇されました。


東京国際映画祭 TIFF 蒼井優 松居大悟 青木崇高(左より 松居大悟さん、蒼井優さん、青木崇高さん)


松居監督は3年前に『自分の事ばかりで情けなくなるよ』で日本スプラッシュ部門にノミネートされたことが、その後の作品制作におけるモチベーションにつながったとの事。今回も、コンペティション選手決定前に、他映画祭からの招待を蹴って東京国際映画祭一本に賭けたとの背景に、その意気込みと思い入れの強さをひしひしと感じました。初の東京国際映画祭参加となる蒼井優さんは、原作の面白さに惹かれ出演を決めたとのことを語っていらっしゃいました。


青木さんは『雪女』のオファーが昨年の釜山国際映画祭期間中に、杉野希妃監督一行と食事を囲んでいるときだったと告白。取材陣から映画界における女性進出について聞かれると、監督・主演という二足の草鞋で臨む杉野希妃監督の姿勢に刺激を受けたことを述べ、「杉野さんだからかもしれないが、強いては女性ならではの強さ、のようなものなのかもしれない」と言及していました。



注目プログラム〜2人の日本人監督特集〜


昨年度より始まったJapan Now特集では岩井俊二監督を、そして特別プログラムとして「映画監督 細田守の世界 / THE WORLD OF MAMORU HOSODA」と題しアニメーション映画監督である細田守監督をフューチャーすることを発表。


デビュー以来、その時々の若者の心情を、独特の美学で描き続けていることで名高い岩井俊二監督。監督の名を世間に轟かせたテレビドラマ('95年に再編集・映画化)打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか? 』から最新作『リップヴァンウィンクルの花嫁』の計5本が上映されます。


また、「映画監督 細田守の世界 / THE WORLD OF MAMORU HOSODA」では、10/26〜10/30には細田守監督と、各日豪華対談が行われることに。登壇ゲストは『海街Diary』の映画監督・是枝裕和監督をはじめ映画界・美術界の著名人ばかり。細田守監督ファンはもちろん、クリエイター気質の皆さんはまたとない機会になること間違えなしです。


東京国際映画祭 TIFF 蒼井優 松居大悟 青木崇高


この二つのプログラムに共通するのは、初期作品から最新作品までを一挙にスクリーンで上映されるという点。監督自身も「自分の作品を一挙に振り返る機会はそうそうない」と感慨深げに話されていましたが、更新されていく部分と変わらない “作風” を垣間見ることができること請け負いです



通過率1%を勝ち抜いた世界各国からの唯一無二の16作品


今回のコンペティション部門では世界各国からのべ1,502作品もの応募があり、映画祭ではそのうち16作品が上映されグランプリを競います。(東京国際映画祭の部門については記事下記の概要を参照)


それぞれのプログラムの発表が主に行われた今回の記者会見で垣間見えたのは、"変革" と "次世代へのバトンを受け渡そうという姿勢" のようなものでした。より開かれた環境下で、「場所」「著名人」を巻き込みながらより映画を知って深めていただきたい、という気概を感じました。だからこそ、ファッションの "越境" を謳うROBEでの記事執筆に意義があるように感じます。


そういえば、昨年TIFF観客賞を受賞した『神様の思し召し(原題:God Willing)』や、チェット・ベイカーの波乱に満ちた人生を描いた『ブルーに生まれついて(原題:BORN TO BE BLUE)』はいくつかのミニシアターで鑑賞することができます。映画祭上映をきっかけに、シアター配給につながる確率高いという意味において、映画祭での上映はきっと作品にとっても非常に大きなターニングポイントになるはずです。ぜひその瞬間をお見逃しなく。




第29回 東京国際映画祭 (Tokyo International Film Festival)


〈会期〉
2016年10月25日(火)〜11月3日(木・祝)


〈チケット販売開始時期〉
一次販売 10月15日(土)12:00~
二次販売 10月22日(土)12:00~


※ 上映スケジュールは現在未定
※ 詳細は東京国際映画祭公式サイトよりご確認ください


〈部門紹介〉
コンペティティブ
・コンペティション部門
※ 今年のコンペティション部門はのべ1,502作品の応募を勝ち抜いた16作品を上映
・アジアの未来 部門
・日本映画スプラッシュ部門


ショーケース
・特別招待作品 部門
・Japan Now 部門
・ワールド・フォーカス 部門


クローズアップ
・国際交流基金アジアセンター presents CROSSCUT ASIA 部門
・日本映画クラシックス 部門
・ユース 部門(TIFFチルドレン/TIFFティーンズ)




Text. Midori Tokioka


RECOMMEND Created with Sketch.

この記事を読んだ方におすすめ
  • Sub1 CULTURE 2017.11.22

    年末年始おすすめ映画『マノロ・ブラニク トカゲに靴を作った少年』

  • D87e82cf28fa63d7f24c0de6c7386380 CULTURE 2017.10.24

    資生堂PLAYLISTが一周年を記念したイベントを東京・大阪で開催。

  • Dsc 1951 CULTURE 2017.09.29

    9/29~10/1の3日間限定!資生堂新スキンケア「美しくなれる八百屋WASO」が代官山に出現

  • Top2 CULTURE 2017.09.14

    ケアベアからバーバパパまで!PLAZAの秋冬新作グッズをチェック【キャラクター編】

  • 75c140d3601436d9bf49d9f8aa3af58a e1504694663520 CULTURE 2017.09.07

    ふたりの “カトリーヌ” の共演で話題、『ルージュの手紙』は本邦12月公開決定

  • Marche blog CULTURE 2017.08.30

    la jeune Boutiqueがリニューアルを記念してパリをイメージしたマルシェを開催

記事ランキング

STYLER iOS

ショップスタッフがあなたにおすすめを教えてくれるアプリ

STYLER iOS