男は香水で愛を告げた。『Les Parfums Japonais ―香りの意匠、100年の歩み―』が資生堂ギャラリーで開催中。

化粧品一式は定期的に買う一方、香水は馴染みが薄いというのが正直なところだったらまずは、鑑賞物として楽しむのはいかがでしょう。 現在、東京・銀座にある資生堂ギャラリーでは資生堂の香水を振り返る特別展がクリスマス当日の12月25日まで開催中。

LES PARFUMS JAPONAIS

テーマは「日本の香水」「商品の芸術化」


もともと科学技術の発展に伴い、20世紀初頭に資生堂創始者・福原信三の強い想いで製造をはじめられた香水事業。「耳で聞く音楽がある。目で見る絵画とか彫刻。だけど鼻に感じる芸術はない。香水は鼻で感じる芸術として」という言葉からも、自身のその思いの強さが伺えます。

今回は1910年代後半以降のアール・ヌーヴォーの影響を受けデザインされたものから、近年に至るまでの貴重な "日本の" 香水瓶約40点が特別展示されています。ちなみに記事最上部の3点の香水は、株主宛の贈り物として制作された香水だとか…!

LES PARFUMS JAPONAIS

LES PARFUMS JAPONAIS

ところで写真を見て気づかれたかもしれませんが、展示されているどの香水瓶にも販売年や商品名などのクレジットが一切書いてありません。

あえて子細を記載しないことで、現代の『かわいい!』や『綺麗!』という感性で、香水瓶やインスタレーションを鑑賞できそう。持ち合わせていることに越したことはなくても、アートは知識がなくたって十分に楽しめるはず。なぜって、実物はそこにあるんですもの!こういった細かい気配りもビギナーには嬉しい配慮ですね。(館内配布用紙で、それぞれのプロダクトの詳細情報は確認していただけます。)

 




ROBEさん(@robetokyo)が投稿した写真 -







また、館内は撮影が可能!さっそくSNSには日々着々と投稿が寄せられています。本展の人気ハッシュタグは〈#香りの意匠もしくは〈#資生堂ギャラリー。撮影禁止の美術展が多いなか、ハッシュタグで参加者と繋がれれば、楽しみも倍増です。

溢れるロマンチックムードは男性の感性だからこそ


真っ白の箱のような空間に整然と並べられた香水は、雫をイメージした透明な半球のショーケースにひとつずつ収められ、幻想的な統一感を放っています。計算されつくされながらもスッキリとした館内は男性的な印象を一見受けます。

しかしながら男性らしさが遺憾なく発揮されているのは、実はさらに深掘りした、その奥。ひとつずつ印象的な名前が付けられる香水ですが、梅をモチーフにしているこちらの名前はズバリ「WOO-MÈ」。梅か、と見過ごしてしまいそうなこの名前、実は「わたしを愛してください」の意味が込められているのだとか。

発売された当時の時代は、男性が女性に贈るプレゼント上位だった香水。花言葉のように思いを秘めた贈り物をするなんて、なんてロマンチック!

LES PARFUMS JAPONAIS

このほか「さよならは言わない」「いちずな想い」などラブレターのような淡い想いを背負った香水がつづきます。当時、誰の想いを運んでいたのでしょう。香水名と音の流れる演出が、余計に胸がキューっとさせる!



香水に馴染みのない人向けにワークショップ開催も


なかなか日常で香水を使うのはちょっとハードル高いな〜と思っているみなさんへ。来月12月に資生堂パフューマーによるワークショップが開催予定。ワンコインで楽しめるワークショップの概要は下記をチェック。

《ワークショップ「香りの世界を楽しもう」》


講師: 資生堂 グローバルイノベーションセンター パフューマー 城市 篤
開催日: 12月4日(日)
時間: 14時~16時
場所: 資生堂銀座ビル2階(東京都中央区銀座7-5-5)(Google Mapsへ飛ぶ
材料費: 500円
定員: 20名

※締切日:2016年11月18日(金)
参加問い合わせはこちら→資生堂ギャラリー (Tel. 03-3572-3901 / Fax. 03-3572-3951)


「Les Parfums Japonais ―香りの意匠、100年の歩み―」

会期:11月2日(水)~12月25日(日) ※開催中
展覧会HP


資生堂ギャラリー

Address 〒104-0061 東京都中央区銀座8-8-3 東京銀座資生堂ビル地下1階(Google Mapsへ飛ぶ
Tel 03-3572-3901 / Fax 03-3572-3951
Open 平日 11:00~19:00 日曜・祝日11:00~18:00
毎週月曜休(月曜日が祝日にあたる場合も休館)
入場無料
主催: 株式会社 資生堂
資生堂ギャラリー公式HP


Text. Midori Tokioka (@mdrtkk)



RECOMMEND Created with Sketch.

この記事を読んだ方におすすめ
  • Img 74071 CULTURE 2018.04.12

    撮り/ 撮られる二人の夏。写真集『月刊モトーラ世理奈・夏 写真 二階堂ふみ』の写真展が開催

  • Mt334028 CULTURE 2018.04.09

    写真家の故・ケイト・バリーの追悼写真展がようやく日本へ。4/15まで原宿BOOKMARCにて開催中

  • A68dcfe01cd0b68ede05df5fa2a892b81 NEWS 2018.03.13

    イラストレーターSANDRA JOCKUSによる個展"Take me to your worl...

  • 75c140d3601436d9bf49d9f8aa3af58a e1512054382334 CULTURE 2017.12.04

    2018年最初の映画には究極を“美”を。映画「ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男」

  • Furuetero2 e1511692545466 CULTURE 2017.11.30

    「勝手にふるえてろ」は生きとし生けるわたしたちレディの物語【洒脱なレディ論】

  • Sub1 NEWS 2017.11.22

    年末年始おすすめ映画『マノロ・ブラニク トカゲに靴を作った少年』

記事ランキング