ラビアンローズと、たらればユートピアと。〈エヴァー・アフター〉【洒脱なレディ論】

突然ですが、あなたはバラ色の人生?と聞かれ首を縦に振れる? "ラビアンローズ(=バラ色の人生)" なんておとぎ話と侮っていてはつかめる幸せも逃げてしまうかも。今年もまだ始まったばかりだし、たらればの御託を並べる前に "ラビアンローズ" への一歩を踏み出しませんか?



戦後のシャンソンから生まれた "ラビアンローズ"


すっかりカタカナで定着したこのフレーズが生まれたのは遡ること半世紀超、シャンソン歌手のエディット・ピアフが戦後直後の1946年に発表した〈 La vie en rose 〉からでした。

Quand il me prend dans ses bras
Il me parle tout bas
Je vois la vie en rose



〈 彼の腕の中にいて/彼が優しく囁くとき/わたしはバラ色の人生を見る〉——、桃色だと違和感だったことからバラ色になったんだとか。けれども仕事に勉強にと追われる毎日を過ごすわたしたちは、毎日があっという間。ましてや〈 東京タラレバ娘 〉に震撼している女性たちからしたら、毎日がふわふわとバラ色に過ぎていかないことなんて、既知事項ではないかしら。


魔法の代わりになるのは、鵜呑みにしない賢さ


この名曲〈 La vie en rose 〉が奇しくもグラミー賞名誉賞を受賞した1998年に制作されたのが、映画〈 エヴァー・アフター(原題:Ever After)〉でした。"happily ever after." が由来であることから察しがつくように、原案はおとぎ話(シンデレラ)です。主役ダニエルを好演するのは、〈 E.T. 〉で天才子役の名を世界に轟かし、着実にキャリアを積んでいたドリュー・バリモア、当時22-3歳!(最新作〈 マイ・ベスト・フレンズ 〉も記憶に新しいですね。)

この作品で注目すべきは、"シンデレラが実在した" という新しい切り口で描かれていること。それって、一見ものすごく可愛らしい響きだけれど、つまり、"ビビディ・バビディ・ブー!" を唱えてくれる魔法使いはいないからカボチャは馬車にならないし、歌いながらネズミはドレスを縫い上げてくれない。じゃあ、どうやって王子のハートを射止めたのかって?

キーになったのは『ユートピア』でした。16世紀に英国人思想家のトマス・モアが出版した、現代に至るまでの名著ですね。亡くなったダニエルの父が残した形見の書籍として、彼女が後生大事に持っていた宝物でした。読書家だったダニエルは、この本で架空国家として登場する "ユートピア" と父との思い出と重ね合わせ、心の拠り所としていたのです。読書家だった彼女は、ひょんなことから王子様にこの一節を諳んじるほか、機転の利いた行動の数々で、魔法がなくても、彼のハートをつかんでいくのです。

ever after,映画

ラビアンローズへの一歩はユートピアと入れ替わりに


かといっても、現実世界でバラ色の人生を歩もうたって、いま世界はトランプ大統領を起点にその一挙手一投足にあたふたするばかり。金色になったカーテンや傍若無人な大統領令の報道に、ビフ・タネンを彷彿とさせられるけれど、これは紛れもない現実のお話。

その一方、自由を奪われ(かけて)いる人々の多くは声を上げ、その輪は大きくなってきているというのも現実のお話であることを忘れてはいけません。先日のウィメンズ・マーチへのエマ・ワトソンの参加は心強かったし、@Trump_Regrets#Trumpretsからは後悔が先に立たないことをわたしたちは学んだはず。

ところで、〈 エヴァー・アフター 〉で義理の姉は物語の終盤、ダニエルの『ユートピア』を燃え盛る暖炉の中へ投げ捨てます。唯一の形見が灰になった姿を見てダニエルは怒り心頭、その後継母らへの猛攻へでるのです。つまり、強烈なマイナス体験が、結果的な "happily ever after" へと向かうトリガーとなったのです。現実はもっと複雑怪奇だとしても、今のあなたがダニエルだとしたら、この瞬間からバラ色に染められるかはあなた次第だと思いませんか?

そもそもバラ色とはマゼンダと赤の間にあるいくつかの色を指す言葉であり、カラーコードが指定された一色ではありません。ということで、ピアフの歌う「バラ色」に加えて、自戒も込めてこの言葉を。
人生はバラ色。/願わくば情熱的な真紅の薔薇より/100色の薔薇の花束を抱えていたい

(THE LADY / La vie en Rose)



ROBEがこれまでもこれからも提案したいのは、ヒールが側溝にハマって転んでも、至らなさに辟易して泣き明かしても、それでもしなやかな強さを失わないレディたち。

2017年のみなさんが、十人十色のラビアンローズを手にできますように!

 

エヴァー・アフター (1998)


監督:アンディ・テナント
キャスト: ドリュー・バリモア、アンジェリカ・ヒューストン、ダグレイ・スコット、ジャンヌ・モロー ほか
こんなときに観たい:自分の背中をちょびっと押したいとき


参考:
トマス・モア「ユートピア」(1957、岩波文庫 赤202-1)



洒脱なレディ論 〉では映画・音楽・本・舞台といった作品を通じて、様々なレディ像を紐解いていきます。目指すのは、混沌とした時代に軽妙洒脱なレディとして生きるための指南書です。

 

Text. Midori Tokioka
Illustration. Sandra Jockus


 



RECOMMEND Created with Sketch.

この記事を読んだ方におすすめ
  • 9faf0a5ce9f2d8ddb93df07e03bb5ef61 e1529392472742 NEWS 2018.06.20

    保紫萌香×モトーラ世理奈W主演映画「少女邂逅」の公開記念イベントが続々開催!

  • 75c140d3601436d9bf49d9f8aa3af58a CULTURE 2018.01.30

    実力派若手女優ルーニー・マーラ主演。“時代の犠牲” となったひとつの壮絶な愛を描く『ローズの秘...

  • Img 2987 FASHION 2017.12.18

    My Little Boxが贈るクリスマスギフト「Un Noël a Paris」でプチ・パリ...

  • 5083b8fb5643655c4e271cd82848f822 NEWS 2017.12.10

    新年はフランス流の祝い菓子「ガレット デ ロワ」で祝おう!南青山「UN GRAIN」から初登場...

  • Sub2 NEWS 2017.12.07

    「フランス流の可愛さ」を体験して。パリで人気の小物ブランドがインターネット販売を開始

  • 75c140d3601436d9bf49d9f8aa3af58a e1512054382334 CULTURE 2017.12.04

    2018年最初の映画には究極を“美”を。映画「ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男」

記事ランキング