塔の上のラプンツェルの名シーンを体験できるデジタルアートが期間限定で登場!

もしあの名シーンの中に入ることができたら?好きな映画がある人なら一度は考えたことがあるのではないでしょうか。実写映画ならロケ地巡りなどができますが、アニメとなるとそうは行きません。でも、その願いだって最新技術を駆使すれば叶うかもしれません。

ミッキーマウスの誕生作『蒸気船ウィリー』から最新作『モアナと伝説の海』まで、約90年にわたるウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオの歴史を紐解く原画やスケッチ、コンセプトアートなど約500点が日本に勢揃いし、アニメーションを生み出すにあたり取り入れられてきた当時の最新技術と共に紹介する企画展「ディズニー・アート展 いのちを吹き込む魔法」が日本科学未来館で開催中。



ファンならずとも楽しむことができる充実の企画展ですが、さらに体感型の展示としてあらたなデジタルアート作品が登場します。ディズニー長編アニメーション第50作記念作品である『塔の上のラプンツェル』からインスピレーションを得た「ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ 塔の上のラプンツェル エクスぺリエンス」powered by teamLab が9月24日まで期間限定で展示されています。

会場にひとたび入ると、そこはまさに『塔の上のラプンツェル』の名シーンそのもの。鏡張りの部屋は無数のランタンで埋め尽くされ、うっとりとしてしまう幻想的な空間になっています。



大切な人を想う気持ちを象徴的に表した『塔の上のラプンツェル』のランタンの前に来場者が立ち止まると、ランタンが強く輝き、周囲のランタンに暖かな光が伝播していきます。

ランタンの柄は実際に作中に出てくるものを忠実に再現しているのだそう。さらに、本国ディズニーとチームラボが徹底的に抜いたのはランタンの色。色にこだわるディズニーならではの繊細さが現れています。このじんわりと心が温まるようなオレンジに癒されに行くだけでも価値のある空間。



この夏は映画の世界に浸って、一度だけの特別な体験と瞬間をぜひ肌で感じて。

©Disney Enterprises, Inc.
「ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ 塔の上のラプンツェル エクスペリエンス」powered by teamLab会場:日本科学未来館 7F特設会場
〒135-0064 東京都江東区青海2-3-6
会期:2017年8月1日(火)〜9月24日(日)
時間:10:00〜17:00(金、土、祝前日に限り21時まで)
HP



RECOMMEND Created with Sketch.

この記事を読んだ方におすすめ
  • Img 74071 CULTURE 2018.04.12

    撮り/ 撮られる二人の夏。写真集『月刊モトーラ世理奈・夏 写真 二階堂ふみ』の写真展が開催

  • Mt334028 CULTURE 2018.04.09

    写真家の故・ケイト・バリーの追悼写真展がようやく日本へ。4/15まで原宿BOOKMARCにて開催中

  • A68dcfe01cd0b68ede05df5fa2a892b81 NEWS 2018.03.13

    イラストレーターSANDRA JOCKUSによる個展"Take me to your worl...

  • Img 4739 NEWS 2017.09.16

    若手作家作品を扱う自由が丘のギャラリーKIANで開催。ソイキャンドルで忙しい毎日の癒しを

  • Img 4365 NEWS 2017.08.17

    ルイ・ヴィトンが “東京” のトラベルブックを出版。ピクセルアート第一人者 eBoy が表現す...

  • Dsc 0839 CULTURE 2017.08.14

    『舘鼻則孝 リ・シンク展』で描かれているのは、日本人としての再考。表参道ヒルズで8月20日ま...

記事ランキング

ショップスタッフがあなたに
おすすめを教えてくれるアプリ

ショップスタッフがあなたに おすすめを教えてくれるアプリ

アプリを無料でインストール