「crepuscule」の素材にこだわったシンプルで飽きのこないニットキャップ

medium81-1


素材にこだわったシンプルで飽きのこないニットを展開する「crepuscule(クレプスキュール)」。“東京ニュージェネレーション”と称される数々のドメスティックブランドのニットを手掛けてきた酒井氏が2012SSに立ち上げたブランドだ。高い職人技が駆使された上質なクオリティとクリーンなデザインを特徴としている。

今回は秋の装いとして、ブランドの代表的なアイテムであるニットキャップをご紹介したい。どれも普段使いとして取り入れやすいカラーの4色だが、STYLERではライトグレーとオリーブをピックアップ。

素材には太めに縒ったウール100%の暖かな糸を使用し、ざっくりボリュームのあるローゲージ編みで仕上げたニットキャップ。他のブランドからは肉の薄い物やビーニータイプのリリースが多いが、敢えて肉厚なボディにすることでボリュームが出て、抜け感のある表情に仕上げている。

こちらのライトグレーは、見た目、色合いともに重くなりがちな秋冬に軽さを出してくれるカラーだ。流行りに流行った春夏のオールホワイトの流れで継続してホワイトのアイテムを着る人も多いかと思うが、そんな方に、ホワイトとグレーのグラデーションを楽しんでもらいたいとの理由でチョイスした。主役にはならないものの、アイテム一つで頭から全体の色合いをコントロールできるのは、色の分量が少ないニットキャップならではないだろうか。

お次は、オリーブ。所謂、“からし色”と言っても良さそうな色味は、寒い時期に“スパイス”となり心身ともに少しの温かみを与えてくれそうだ。というのは半分冗談で、秋冬流行のカーキに是非とも今年は合わせたいカラー。定番の安心色としてよく選びがちな白と黒は例年通り活躍すること間違い無いだろうが、そこにシンプルにカーキを持ってきただけではつまらない。カーキとの相性抜群なオリーブを取り入れて、“色で楽しんでいる感”を出してファッション性を高めるといった、カラーコーディネートを主軸にしてみてはいかがだろう。

抜け感を出しやすく、ハズしアイテムとしても使える、程よく肉厚なニットキャップは、今年の秋冬にはまず押さえておきたいところ。気になる方はぜひLINKSまでどうぞ。

Text.Shunsuke Mizoguchi


 


RECOMMEND Created with Sketch.

この記事を読んだ方におすすめ
  • Knitcap TREND 2018.09.01

    秋の準備の手始めに。セレクトショップに到着した「ニットキャップ」4点

  • Original bc0346411 TREND 2018.08.28

    中毒性のある肉厚な生地。今年も「crepusculeのニットキャップ」がやってきた

  • スクリーンショット 2018 08 21 15.33.28 TREND 2018.08.21

    そろそろ秋冬の被りものを。プロが選んだ「ニット帽」はこれだ

  • Knitcap TREND 2018.01.16

    今季は「深すぎない」がポイント。旬のニット帽でコーディネートにアクセントを。

  • Knitcap top3 TREND 2017.11.21

    冬コーデに欠かせないワンポイント。一味違うニットキャップをチェックしよう!

  • Medium f129211d 3 TREND 2017.10.07

    いよいよ秋本番。季節感を出すなら、やっぱり欠かせないのはニット帽です。

記事ランキング